「期待」が地獄を作り出す・・

こんにちは。フェアリーブルーの福本いずみです。

「期待」が地獄を作り出す・・

そう言うと、ビックリされる方も多いですよね。

「期待」という言葉には、いいイメージをお持ちの方も多いと思います。

だけど、「期待」は地獄を作り出す。そういうものなのです。

それでは、詳しく見ていきましょう。
 
 
◆親からの「期待」
  
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

 こうすれば 親の機嫌が とれるはず
 顔色見ながら 演技しながら
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
幼い頃の私は、親が期待する「いい娘」を演じてきました。
無理して自分を曲げることも多かったですし、
嫌いなことも、努力して頑張り続けました。

典型的な、元型「売春婦」だったのです。

それも長くはつづかず、思春期になると「どうもおかしい」ということに
気がつき始めます。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

 吾押さえ 自慢の娘を 演じれば
 父の笑顔は 私の地獄
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
元型「売春婦」に「犠牲者」が加わり始めました。
親の期待が、自分には窮屈すぎ、重すぎることに気がついたのです。

そして、そこから逃れるための、自分探しが始まります。
 
 
◆自分への「期待」
  
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 呪縛から 逃れるための 試行錯誤
 いったい私は 何がしたいの?
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
さんざんもがいて、あがいて、いくら頑張っても自分に自信を持つことが
できなかった日々。

理想の自分に出した「期待」も、報われることはありませんでした。

そして、結婚した後も残ってしまった「期待」は、自分ではなく、家族に
向けられていくのです。
 
 
◆家族への「期待」
  
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 このくらい 出来て当然 当たり前
 我が子は皆と 違うのよ
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 今度こそ きっとそうして くれるはず
 お願い私を 裏切らないで
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 どうせまた 口先だけで 続かない
 期待むなしく またがっかりね
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
自分がされて嫌だったことを、家族にもしてしまう――・・

勝手に「期待」して、うまくいかないと、勝手に「がっかり」してしまうのです。

夫にはもっと頼りがいのある人になってほしかった。
頑張って家族を守って欲しかった。

子供たちは、私の理想の「いい子」になって欲しかった。
ピアノの練習も、もっと一生懸命やってほしかった。

私自身も、とっても素敵な、誰もが羨むような、理想的な母親になりたかった。

どれもこれも、叶うことのない「期待」でした。

そして、私が求めていたものは、私の両親にされていた「期待」と同じだった。
それに気がついたとき、愕然としたのです。

相手には、自分の理想通りの存在になって欲しい。
そのためには、相手の意思なんて関係ない――

「期待」が持っていたのは、支配欲であるコントロールのエネルギーでした。

今までの詩を見ていただくと分かるとおり、「期待」の答えは、「応える」か
「裏切る」か。

自分が「期待」する側に立ったとき、相手がそれに応えてくれないと
「裏切られた」と感じてしまうのです。

そして、この「期待」のエネルギーもまた、どこかで断ち切らないと、延々と
他の誰かに受け継がれていってしまいます。

やはり、地獄です。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
  
では、どうしたらこの状態から脱出することができるのでしょうか?

脱出する方法はいつもと同じ。1つしかないんです。

無理に「期待」することをやめたり、抑えたりすると、必ず失敗してしまいます。
人間はまだ、それほど心が強くできていないのです。

今回もやはり、ただ「影を見る」こと。

自分がだれに、どんな「期待」をしているのか。
思うとおりにいかなかった時に、どれだけがっかりしてしまうか。
相手にどんな感情を抱くか。
そんなあれこれを、注意深く観察してください。

反省はしなくていいんです。
ただ、ただ眺めてくださいね。

痛い自分、見たくない自分、逃げ出したくなる自分――
そんな、「期待」通りではない、自分の姿がたくさん見えてくることでしょう。

辛くても、どうかごご自身の影を見つめつづけてください。
そのうち、ふと、そんな自分が馬鹿馬鹿しく思えてくる時がきます。

自分にゆとりが出てくれば、「光の天使」も自然と現れてくるのです。

「光の天使」が出てくれば、もう大丈夫!
「影」や「闇」ですら、あなたの光を輝かせるサポーターになってくれることでしょう。

「期待」は必要ない。
相手は、コントロールしなくても、自分で最善の道を選んでいけるはず――

そう信じられる日が、きっと来るでしょう。