「愛」と「情」のちがいって何ですか?

こんにちは。フェアリーブルーの福本いずみです。

特に意味もなく、無性に淋しくなることってありますよね。
今回は、そんな心情を詩にしてみました。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 空っぽの 心の穴を 埋めるため
 仕事中毒 恋愛依存
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
理由もなく淋しいときは、仕事に没頭してみたり、
あまり意味のない恋愛を繰り返してみたり、
あるいは闇雲に何かを食べ続けてみたりして・・

だけど、淋しさって自分の中にあるものなので、
どんなにごまかしても心の隙間は埋まらない。

だって、そこには「愛」がないんです。

私は、淋しがり屋で、孤独で、かわいそう。
心の中に、とても大きな穴があいているのを知っています。

ですが、自分の代わりに他の誰か、他の何かに穴を埋めてもらおうなんて、
絶対にできないことも分かってしまいました。

大いなるものとつながっている感覚、
祝福、生きているだけでいいんだと認められていること・・

それは分かっているのですが、この三次元で生きていく中での「愛」と
いうものが、実はまだよくつかめていないのです。

「情」と「愛」の違いが、まだよく分かっていないのですよね。

好きな人がいること
相手を想うこと
相手と気持ちがつながること
相手といい関係を築いていけること――

それは「愛」なのでしょうか。
それとも、ただの「情」でしかないのでしょうか?

あなたはどう思いますか?