○○は分かってくれない・・

こんにちは。フェアリーブルーの福本いずみです。

今回も「元型」が出てきます。
「元型」については、こちらをご覧くださいね。

◆【元型】についてのまとめ

 
 
このシリーズでは、いろいろな地獄の作り方を説明してきました。

今回は
「○○は、私を分かってくれない」地獄 です。
 
 
よく聞かれる言葉ですし、自分でもこういう気持ちになることは多いのでは
ないでしょうか?

日本って、「空気で察して」という文化もありますので
そこに甘えてしまうことも多いのでしょうね。

話を聞いていると、こう言われる方で、相手と徹底的に話し合って
理解しあおうと思っている方は、ほとんどいない気がします。

それでは、影の詩にして気持ちを詠んでみますね。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 正直に こうしてほしいが 言えなくて
 わざと怒らせ 関係こわれる
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 言わずとも私の事を 解ってよ
 愛しているなら 気がついて
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 気遣って 空気を察して 動いてよ
 もっと親身に もっと優しく
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 向き合って 私を見てよ しっかりと
 そうでなければ 動けない
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
もうこれは、典型的な「元型:子供」ですよね(;^_^A

自分が何を望んでいるか、言わなくても分かって欲しい。
否定せずに、私を気遣って、受け入れて欲しい。
心配して欲しい、自分を大切にして欲しい、
見返りを求めず、私を幸せにして欲しい。

つまりこれは、赤ちゃんと同じ状態です。
こんなに泣いてるんだから、言葉で言わなくても、欲しいもの、
必要なものを分かって!
そういうことなんです。

自分の望みが叶えられないとどうなるか・・
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 話しても どうせ誰にも 解らない
 孤独に固まり 黙り込む
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
あ、これは私の得意技ですね~~(T▽T;)

それでは、少し考えてみることにしましょう・・

無条件で、自分の望む通りに動いて欲しい。
そんな気持ちは、相手に「元型:売春婦」を望んでいることでもあるんです。
「子供」も「売春婦」も、地獄を作り出しているだけです。
これはお互いのためにも良くないことですよね。

それでは、この「子供地獄」から抜けるためには、どうしたらいいのでしょうか?

おなじみの、光の天使さんを召還してみますね。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 抱きしめて 優しくケアして 暖める
 私は私が 一番大好き
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
「子供」の「分かって欲しい」は、実は「愛が欲しい」ということです。

でしたら、相手に求める前に、まずは自分で、自分を愛してあげましょう。

自分を愛して、満たされたら気持ちも落ち着いてくると思います。

その後で、本当は相手に何を求めているのか?
じっくり考えて、話し合っていかれるのがいいと思います(^-^)