「呼吸を見つめる」ことは、どうして大切か?

こんにちは。フェアリーブルーの福本いずみです。

ここ何回かの記事で、「呼吸を見つめる」レッスンが続きました。

どうしてかというと、呼吸を見つめることは「受容する」練習になるからなのですね。

呼吸を変えようとせず、評価も判断もしないで、ただ、ありのままを観察する。
吸って、吐く息を感じていく。

この世界で起きることは、ただ、出来事が起きるだけ。
それがいいか悪いかを判断するのは、あなたの頭であり、エゴです。
本当は、出来事には、いいも悪いもないのですよね。

呼吸を見つめることは、そんな価値観を手放す、とてもパワフルなレッスンなのです。

起きていることを、ありのままに受け入れる。
人間はどうしても、出来事や他の人にいろいろな判断や価値観を
くっつけてしまいます。

いい、悪い、善、悪、正しい、間違っている、楽しい、つまらない、
いい人、嫌な人、出来る人、出来ない人、分かっている、分かってない、
美人、ブス、頭がいい、バカ、好き、嫌い・・

そして自分にも、そんな評価をしてしまっているんですよね。

評価や判断、価値観は「地獄」を生み出します。
だから、自分の影を見ることは、とても痛く、辛く、苦しいのです。

自分の影をしっかり見つめていく時、
呼吸のレッスンをしておくと、かなりスムーズに乗り切ることができるでしょう。

それは、ありのままの自分を「受容する」ことができるようになっているから
なんですね。

是非、トレーニングしてみてください。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
そして、もうひとつ・・
呼吸は、「今、ここ」を見つめるレッスンでもあります。

呼吸を見つめていると、自分がどれだけ、「今、ここ」にいないかが分かると思います。

お昼は何にしようかな・・
そういえば、あの書類を出してなかったな・・
昨日、あれ買ったっけ?
来週の旅行には、何を持っていこうか・・

こんな風に、いろいろな雑念が次々と湧いてきますよね?
そしてその雑念のほとんどは、「過去」と「未来」からきています。

普段の生活でも、もちろん同じです。
勉強をしながら、食べたいおやつのことを考えていたり
ご飯を食べながら、午後からの仕事のことを考えていたり
お風呂に入りながら、昼間してしまったミスに落ち込み続けていたり

私たちは現在を生きていながら、「今、ここ」にいることがほとんどありません。

呼吸のトレーニングをするとき、雑念に気づいたら、すぐに手放しましょう。
手放してすぐ、呼吸に戻りましょう。

そうするといつの間にか、「今、ここ」を生きられる自分になっていくと思います。

雑念が湧くのは仕方がないことです。
湧いてきた雑念を、いかに早く手放していけるか。

雑念を手放すことができれば、影は自然と消えていきます。
光の天使さんも、現れやすくなってきますよね(^-^)
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 【今日のエクササイズ】
  歩きながら、仕事をしながら、テレビを見ながら
  ただ、呼吸を観察する。
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
「過去」や「未来」にとらわれず、
「今」「現在」をしっかりと生きていけますように。