「自称ヒーラー」さんに確認してほしいこと

こんにちは。フェアリーブルーの福本いずみです。

スピリチュアルな世界がどんどん広がってきていますね。
とても素晴らしいことだと思います(^-^)

その反面、心配なこともたくさん表に出てきていますので、
今回は、ちょっと苦言を呈してみようと思います。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
アチューメントやヒーリングの遠隔伝授が増えてきて、
一昔前よりも簡単に、ヒーラーさんが誕生するようになりました。
誕生しすぎるようになりました(^_^;)

私が見ている限り、どうも「自称ヒーラーさん」が多すぎるのではないか?と
いうことが気になっています。

人の心や身体は、自分で思っている以上に複雑で繊細なものです。
そのエネルギーを扱うのですから、相手の人生にも深く関わっていくことに
なります。
そのためには、伝授だけでヒーラーになるのは、とても無理だろうと思っています。

他の世界でもそうですが、プロになるのはとても大変です。
インスタントやレトルトの食事のように、お湯を注げば、温めれば、すぐに
食べられるような「プロ」は存在しません。

特にヒーラーのように、
カウンセラー、チャネラー、占い師、霊媒師、霊能者、医師、看護師、
介護関係、教師、○○療法士、カイロ、整体、アロマ、相談員・・

など、人を援助するお仕事の方に尋ねてみたいです。

「あなたは、何故、人を援助する仕事をしている(したい)のですか?」
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
それでは、私が思いつく理由をあげてみますね。

(1)相手を癒すことで、自分を癒そうとしている。
(2)誰かに必要とされる人間でありたい。
(3)人よりも優位に立ちたい。
(4)上辺だけではない、濃密な人間関係が欲しい。
(5)自分が辛いから、他人の不幸を見たくない。
(6)自分が助けられてきたので、今度は他の人をサポートしていきたい。
(7)スピリチュアル、精神的な能力を持っている。あるいは、能力に憧れている。

どの項目にも光と影がありますから、それが良い、悪いということでは
ありません。
しかし、自分がどの項目に当てはまるか、しっかりと理解できている人に
サポートを行って欲しいのです。

たとえば、私の場合は(6)と(7)が強いです。

始めは自分がとても苦しかったので、さまざまな技術を必死で学んできました。
そのうちにどんどん資格や能力もついてきて、いつの間にか
サポートする側にまわっていました。

また、「(7)はないな・・」と思った方は、自分にあまりにも無自覚すぎます。
私たち人間には、必ず「エゴ」が存在します。
「エゴ」は特別意識を生み出します。
自分は特別であると思いたいし、それを他の人にも分かって欲しい。
悟りを開いた人でもない限りは、必ずそんな気持ちは持っているものです。

日本人は「他の人と同じでいたい」と思いながらも、
「人と違う人間でありたい」「自分はどこか、特別な存在だ」と
思っている人が多いのではないでしょうか。

あなたはどんな風に、人と違っていたいか。
どんな風に、特別な人間でありたいか。

それがしっかり分かれば、(3)と組み合わせることで
強力なパワーが生まれてきたりします。

正直言って、これらの項目は「聖人」からはほど遠いんですよね・・
これを認めた上で、誰かを援助するお仕事をするのは辛いかもしれませんね。

ですが、ヒーラーやチャネラーも人間ですから、
ほとんどの人は、いずれかの項目に当てはまるでしょう。

それに気がつかずに、「私は善意でやっているのだから」という、
自覚がない人は、到底プロになることはできないでしょう。

あなたのしていることは、相手にとっては余計なお世話かもしれません。
自分では親切にしているつもりでも、相手からするととても失礼な行為かもしれません。
自分の価値観を押し付けて、相手の価値観を無視しているかもしれません。
相手のためを思って、相手の足を引っ張っている場合もあるのです。
自分は「ヒーリング」のつもりでも、お互いの「依存」から出た、ただの「コントロール」である場合も多いのです。

誰かをサポートしたいという強い願いを持っている方--
それは、本当に素晴らしいことです。

ですからどうか、まずは自分の「動機」をしっかり見つめてください。
そうすれば自分のエゴ、欲に振り回されずに
相手が本当に必要な援助をしていくことができるようになるでしょう。
 
 
そして、もう一言。
「動機が見えたとき、次は何をしたらいいのか分からなくなってしまった・・」
という方。

あなたは、プロではありません。