無為の時間を過ごす人

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

前回、ネコ元型について書きました。

◆無為の存在~ネコ元型

「無為」ってどういうことか、よく分からない人・・
自分だけではなかなか「無為」には踏み切れないな、と感じている人・・

そんな人は、「無為の時間」を過ごしている人と過ごす時間を持ってみてください。

それでは、「無為の時間を過ごす人」とは、どんな人たちのことでしょうか?

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

◆無為の時間を過ごす人

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

無為の時間を過ごす人

猫ちゃんたちはもちろんなのですが、「人」ではないので置いておいて・・

まずは、赤ちゃんですね。

自分だけでは何をすることもできませんが、
そこにいるだけで、周囲が笑顔になってしまいます。

今は多くの人に余裕がなさすぎるので、ピリピリとしてしまうお母さんや
冷たい視線を投げかけてしまう人も多いと思います。

そんなときは、自分の余裕のなさに気がついてください。
そして、「ありのままの赤ちゃん」を眺めてみてください。

それから、別のタイプの人たち。
実は、私の実体験から気づいたことです。

以前も書きましたが、私の娘は統合失調症です。

子育てをする中では、辛いこと、苦しいこともたくさんありました。
ですが、ある時に気づいたんです。

「私がこの仕事をしているのは、娘のおかげではないか?」

娘もまた、猫みたいに気ままな存在です。

にゃんたんと同じで、何もしないし、寝て、食べて、好きなことをして
毎日をお気楽に過ごしています。

ですが、娘を見ていると、自分の影が現れてギクッとすることがあるんです。
私の中の恐怖や嘘に、否応もなく気づかせてくれるんです。

それはとても苦しいことですが、逃げずに見つめることで
私は成長していけます。

「無為の存在」は、「創造に貢献する」のかもしれない・・

それは、私が娘とつきあっていく中で気づいたことです。

私の影のエネルギーを揺さぶって、創造する力に変えてくれる--
娘は天使でもあり、とても厳しい教師でもあるようです。

私は彼女を「治す」つもりでいますが、私が「治った」と考える状態は、
おそらく彼女にとっては、ベストな状態ではないでしょう。

娘の一番居心地のいい形で、
無為のまま、お気楽なままで生きること--

それはまさに、「今」なんですよね。

ですから私は、日常生活に支障がないこと、娘らしく生きること、
妄想・幻聴と、現実の区別がつくこと--
それを目指しています。

普通の人たちのように、社会人として働いてくれるわけではないのですが
猫のように「無為」に生きることで、私にとって、かけがえのない
大きな体験を与えてくれています。

そしてそれこそが、娘が生まれるときに、自分で選んできた道なのかもしれません。

娘のほかにも、生まれながらに「無為を生きる」ことを選択してきた
ハンディキャップの方は多いことでしょう。

もちろん、精神障害やハンディキャップの方すべてがそうだとは言いません。
それぞれの事情があるのですから、簡単に言い切れるものではないのです。

ですが、もし身近にハンディキャップを持ったり、精神障害の方がいらっしゃる場合は・・

「無為の存在が、とても大きな気づきを与えてくれることがある」

それを一度、思い出してみてくださいね。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

◆無為を過ごす

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

無為の時間を過ごす人

「人生の意味って、何だろう?」
「生まれたきた意味って、何だろう?」
「何の役にも立てない私に、生きている意味はあるのだろうか?」


私たちはどうしても、いろいろなことに「理由」を探してしまいます。
自分の存在そのものに関しても、です。

考えれば考えるほど、答えの出ない問いに息苦しくなってきたとき
彼らの存在は、私たちに教えてくれるんです。

「ただ、存在しているだけでいい」
「どんな人間でも、天から愛されている」

そして逆に言えば、私たちは「やりすぎる」「頑張りすぎる」からこそ
彼らのような「無為の存在」が、とても大切なんです。

頑張りすぎて自殺してしまったり
過労で倒れてしまったり
他者をいじめることで解消しようとしてみたり
戦争や暴力に走ってしまったり

地球すら破壊してしまう原発すら止められず、
たくさんの動物を殺して、食べきれずに捨ててしまったり
子供を塾に通わせ、机に向かわせて、人間としての大切な何かを壊してしまったりする・・

明らかに、私たちはやりすぎています。

特に日本人は勤勉ですから、「無為であること」は
罪悪にすら見えてしまうんですね。

ですが、「やっぱりおかしいな・・」と感じたときはどうか、
ちょっと休んで「無為」を過ごしてみてください。

ニートの中にも、こんな「やりすぎ」のバランスを取ってくれている
方もいらっしゃるかもしれませんね。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

◆ネコ元型・実践編

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

頑張りすぎている自分に気づいて、「無為の時間」を過ごしてみようかな、と
思ったら・・

・呼吸法・瞑想をする
・散歩する
・好きな音楽を聴く
・出来事のすべてに「イエス」と言って、そのままにしておく
・リーダーシップをとるのをやめる
・八方美人をやめる
・猫や犬と遊ぶ
・赤ちゃんと遊ぶ
・無計画の旅に出る

少しずつ続けているうちに、インスピレーションもどんどん沸いて、
創造的になってくることでしょう。