「感情のジェットコースター」から降りましょう

「感情のジェットコースター」から降りましょう

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

感情のジェットコースター・・
あなたも乗っていませんか?

楽しいこと、うまくいっている時はウキウキ、ワクワクいっぱいで、
やる気も出るし、遊びまわるし、自信満々で過ごすことができる。
何もかもが、自分を中心に回っているみたい。

だけど、一度うまくいかなくなると、どんどんブルーになってきて
芋づる式に昔の嫌な出来事まで次々と思い出してしまったり、
自己嫌悪、孤独感、不安や僻み、ねたみ、恨みなどから
鬱々と落ち込んでいく・・

実は「感情のジェットコースター」って、ドラマチックでとっても楽しいです。

苦しい時期はものすごく辛いのですが、
楽しい時期にはすべて忘れてしまって、
楽しさをさらに倍増してくれるのです。

つまり、感情のジェットコースターは裏表。
上下を入れ替えても、ほら、まったく同じ起伏があるでしょう?

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

感情のジェットコースターに乗り続ける限り、
あなたの人生は永遠にドラマチックでしょう。
ドラマのような人生なので、自分の人生に酔うこともできるでしょう。

ですが、エネルギーの起伏の大きさに翻弄されて、
心が休まる時期がありません。
周囲も巻き込まれてしまうので、みんなが疲れ果ててしまうのです。

感情のジェットコースターに乗っている間は忘れているのですが、
実は、「ジェットコースター」=「あなた」ではありません。

波乱万丈なのはあなたではなく、
単に感情の起伏が大きいだけなのです。

そして、感情を揺さぶられてしまう分だけ、「周囲の評価」には
ものすごく敏感です。

仕事のリテイクをくらっただけで、上司のことに怒りを感じてとことん恨んだり
今日はデートだというだけで、仕事が手につかずに同僚にカバーしてもらったり
デートがキャンセルになったら、友人を呼び出して飲みながらくだをまく・・

あなたの感情はあなたのものではなく、
環境や周囲の人たちに「依存」しているんです。
それは、あなたの人生をコントロールされているようなものです。
前回書いたように、「出来事」と「感情」「思考」を分離できていない状態なのですね。

※前回の記事はこちら
◆「出来事」と「感情」「思考」を分離する

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

私も、以前は夢を見ていました。

私はこれだけ自分の影と戦っているのだし、
これだけたくさんの努力をしているのだから、
いつか自分の前に白馬の王子様がやってきてくれるはず。

そして「よく頑張ったね。本当に大変だったね」と
手をとって、私を守ってくれるでしょう。

そして、私の幸福な人生がそこから始まる・・

そんな都合のいい話が、起こるわけないですよね。
私にも、あなたにも、起こるわけがないです。

「感情のジェットコースター」は他者に依存している状態なので、
この段階では「いいことしか起きない人生」がやってくるはずはありません。
エネルギー的にも、不可能なんです。

「でも、ジェットコースターだったら楽しめればいいんじゃない?」
「慣れれば怖くないし」

そう考えるでしょうか?

おそらく、ジェットコースターに乗っている人は、その状態が好きなのだと思います。

生きている実感を得られますし、
ジェットコースターに夢中になっているうちは、
自分の影に向き合わなくてもいいからです。

「ジェットコースターに乗り続ける」のもまた一つの答えなのでしょう。

止めることはできませんが、やはり、私はそこから降りた方がいいと思うのです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

「感情のジェットコースター」から降りましょう

だけどもし、あなたが「感情のジェットコースター」に乗ることに疲れているのなら・・

「こころの平安」を得るためには、そこから降りてください。

気がついたら、また乗ってしまっていることもあるでしょう。

そうしたら、また降りればいいのです。

そして大切なのは、「楽しい時」「はしゃいでしまう時」にも降りることです。
感情に振り回されているな、と感じたときは、降りるのです。

繰り返しているうちに自然と、ジェットコースターに乗る回数が減ってきます。

だからといって感情がなくなるわけではないのですが、
振り回されずに上手につきあうことができるようになってきます。

スポーツを見に行ったり、ディズニーランドに行ったときは
「あえてジェットコースターに乗る」ことを選べるようにもなります。
そしてそれは、無意識に乗っている時と違う楽しさがあるはずです。

現実逃避ではなく、本当に世界が変わって見えるようになるのです。

そして、家に戻ればジェットコースターから降りて、
静かな平安を手に入れる--

本当のあなた自身、あなたの魂は、その平安の中にあります。
ですから、戻るのはいつもここです。

「感情」「思考」の中にはあなたはいないんです。
「ジェットコースター」も、あなたではありません。

もし、あまりに激しい感情をもてあまして、辛い思いをしているのなら--

ジェットコースターから降りてください。
それだけでいいんです。