桜と梅を見て

大倉山公園の桜

こんにちは、福本いずみです。

昨日まで関東にいたのですが、
実家のある北関東では梅が満開でした。
なんとも言えないいい香りがしていました。

その後は横浜の大倉山公園だったのですが、
こちらは梅はとっくに散って、桜が満開。
梅と違ってノビノビと枝を天に伸ばしていました。

そうなんですよね。

いつも思っていたのですが、
今回は梅→桜だったのでその違いを強く感じました。
桜の花と梅の花って、よく似ているのに、
枝の伸ばし方が全く違います。

ご存知かと思いますが、梅は地面から近い場所で幹が枝分かれして、
その枝も「なんでこんなに曲がったの??」と思うくらいに不思議な形で、
地を這うようにして曲がりながら育ちます。

大倉山公園の梅

「狭い箱に閉じ込められて、そこしか伸びて行く場所がなかったんです」
と言われたら納得できるような、複雑に屈折した枝が密集しています。
何一つ邪魔するものがないのに。

桜は幹をスーーーっと伸ばして、
枝も気持ちよくスーーーーーっと伸ばして、
真っ青な空に花びらが届いているようでした。

大倉山公園の桜

大倉山公園の桜

空をあおいで桜を見て、
それから視線を下に戻すと…

花が散ってまた幹ばかりが目立つようになった梅の枝が、
まるで「苦悩」を絵に描いたような、
痛みと苦しみで身悶えしているような、梅の枝……

それで梅に聞いてみました。
「なぜあなたはそんな形に枝を伸ばすのですか?」と。
特にチャネリングしようとした訳ではなく、
なんとなく心の中で訪ねたのです。

そうしたらお返事が来ました。

「実がなった時に、すぐに手が届くように」と。

私は心の中でですが、絶句してしまいました。
まさかそんなお返事が来るとは思ってもみなかったのです。

実がなった時に、すぐに手が届くように…だなんて…

私たちはものすごい贈り物を頂いているのですね。

その贈り物に気づかずに、実は頂いていたけれど、
梅の気持ちも知らずに、「苦悩」しているようだ、と
勝手に思っていたなんて…

聞いてみないと分からないものです。

これって私たち人間も同じですよね。
察する能力、空気を読む力は必要だけど、
本当のところは、聞いてみないと分からない。

質問して、話し合って、初めて繋がる何かがあります。
そんなコミニュケーションが苦手な方は、損していますよね。
もしあなたがそうなら、これが役立つかもしれません。

グッドコミニュケーションエナジー
https://www.fairy-blue.com/3energy/e_trans/good_communication.html

テンションフリーエナジー
https://www.fairy-blue.com/3energy/e_trans/tensionfree.html

一言正直に言えばすむことがなかなか言えなくて、
つまらない遠慮や我慢をしている事、ありませんか?
そんな方におすすめです。

大倉山公園