「NO」と言うことから、信頼が生まれる

「NO」と言うことから、信頼が生まれる

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

最近、お仕事や、やるべきことから逃げてしまう人が増えている気がします。

本当はやりたくないこと、
本当は無理なことなのに、
「NO」と言えずに引き受けて、
そのまま投げ出してしまったり、連絡がとれなくなってしまったり・・

これは私の我が強すぎるせいもあるかもしれないんですが(^_^;)
我の強すぎる私でも、「NO」と言えない状況は、結構あるんですよね。

分かってはいても、なかなか出来ないことの1つです。

というわけで、今回は自分を見つめなおすためにも
「NOと言うこと」について考えてみようと思います。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
「できます」「大丈夫です」

そう言った人が、やっぱり出来なかったことが何度かあります。

そこで普通なら謝ると思うのですが、
最近は逃げてしまう方が結構いるのです。

逃げられてしまったり、連絡がとれなくなるので
こちらは裏切られた気持ちになります。

ですが、「大丈夫」と言った当人は
相手の顔色を気遣ったり、見当違いの努力をしたあげくに
落ち込んで引きこもってしまう・・

どうして、このようなことが起こるのでしょうか?

まず考えられるのは、「察するのが不可能な時代」になってきたこと。

日本人は昔から、「空気を読む」のがとても得意でした。
わざわざ言葉に出さなくても、相手の気持ちや状況を察して、
なんとなく動いて、うまくいってしまう・・

だけどそれは、今では難しいことなのです。
それができないくらい、人々の価値観が多様化してしまったのです。

相手の気持ちを察するのは、とても難しいことになりました。
察するどころか、言葉に出して聞いても、まったく分からないということも
多くなりました。

時代の移り変わりも激しくて、10歳違えば、
育つ環境や、考え方もまったく違ってしまいます。

お互いに「当然」と思っていることは、「当たり前」ではないのです。
お互いに「ズレている」ことを前提に話をしないと、
通じ合うことは難しいかもしれません。

また、言葉で話をした後でも、お互いの頭の中では、
理解が食い違っているかもしれません。

それは家族や友人、恋人など、どんなに親しい人であっても、です。

私たちは、どうしても「自分」が世界の中心だと思っています。
「自分の考え」が常識であり、標準だと思い込んでいます。

皆が皆、それぞれの考えを信じているのですから
お互いに確かめ合わずに行動してしまうと、後で困ったことになるでしょう。

ですから「大丈夫です」の心の奥の「無理です!ダメです!」を
察してほしいと思っても、それは伝わらないでしょう。

誰かが助けてくれるのを待っていても、その人が助けられることは
ほとんどないでしょう。

これは甘えであり、依存です。
そして、弱い自分を見せることで、相手をコントロールしようとしているのです。

その人の学びでもあるので、絶対にしてはいけない、ということではないのですが、
そのことを、しっかり自覚しておくことが必要になりますね。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
そしてもう1つ、「NOと言えない」人も増えているようです。

「できません」「違います」と言えば済むことなのに、
断ったことで嫌われるかもしれない・・という恐怖を感じてしまう方が
本当に多いのです。

そしてこれは、裏返すと「相手によく思われたい」のです。

根っこは、ただ、それだけのことなのです。

「断ったら嫌われるかも・・」
「二度と、仕事がこないかも・・」
「えらそうな奴、失礼な奴だと思われるかも・・」
「ダメな奴だと思われるかも・・」
「自分にがっかりされるかも・・」

実はこれ、全部、その人の中の「妄想」です。
いくら考えて、いくら悩んでも、出口のない袋小路に迷い込んでしまっているのです。

なぜならそれは、「相手の答え」ではないからなのですね。

そして、その「妄想」に振り回されて「できる」というウソをつく・・
だから、後になって、困った状況になってくるのです。

相手からの電話をとらなくなったり、
仕事をやめたり、
落ち込んでうつになったり、
胃が痛くて寝込んでしまったり・・

ウソは混乱を呼びます。
周囲も、自分自身も、混乱に巻き込まれていくのです。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
あなたが本当に嫌われたくないなら、きちんと「NO」と言うべきです。

できないことは、きちんと「できない」と言った方がいいのです。

それができるようになると、あなたの人生は格段に楽になるでしょう。
物事がシンプルになり、自分の選ぶべき道に迷うことはなくなるでしょう。

人からも信頼されるようになりますし、
もっと好かれるようになるでしょう。

あなたの言葉と行動が一致していることが、
周囲の人たちに安心感を与えるのです。

「やると言ったことは、やる」
そうすれば、あなたは信頼されることでしょう。

「何も言わずにやる」
これは、気づいてくれた人は、あなたを尊敬してくれるかもしれません。
また、場合によっては、迷惑がられるかもしれません。
相手の意見を無視しているからです。

「やると言ったことをやらない」
あなたは、信頼を失うでしょう。
周囲からも、自分自身からも、です。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
「NO」と言うことから、信頼が生まれる
 
そしてもし、「できる」と言ったことが無理そうだと分かった時は・・

なるべく早い時期に、素直に「できません」と言うことです。

そうすれば、相手は早めに手を打つでしょうし、
他の人を探すこともできるのです。
相手にかける迷惑も、最低限で済むようになりますね。

常に心がけて、練習してみてくださいね。

次第にあなたは、信頼される人になっていくでしょう。