「言霊」について

「言霊」について

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今回は「言霊」についてお話してみようと思います。

私は、よき言霊は「応急手当」や「治療」のようなものだと思っています。
そして、以前フェアリーブルーで作った「108回音読する元型」などは
「根本治療」になりますね。

この違いが分かるでしょうか?
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
「108回音読する元型」には、闇や影に含まれる言葉もたくさん収録されています。

ですから、「ネガティブな言葉を音読しても大丈夫?」というご質問も
たくさんいただきました。

私は斉藤一人さんの「天国言葉と地獄言葉」のお話が大好きですし、
講演会にも行きました。

「よき言葉を使い続けるだけで、よき事がたくさん起きてくる」というものです。

だけど、やはりこれは「常備薬」だと思うのです。

これだけでは、どうにも怒りが収まらないときがある。
辛くて、悲しくて、ポジティブな言葉なんて本当は言いたくない時もある。

とても陰湿ないじめを受けたり、
自分自身が嫌いでどうしようもなかったり、
執着がどうしても手放せなかったり・・

あまりにも負の感情が強すぎる場合、「常備薬では効かない」ことがあるんです。

こんなときは、闇の言葉を含んだ「根本治療」が必要になってきます。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
人は誰でも、「意識」と「無意識」の領域を持っています。
無意識の部分はとても大きく、氷山の隠された部分のように大きい・・とも
言われますね。
意識の何万倍ものパワーと影響力を持っているんです。

そして、意識は無意識をコントロールすることができません。
無意識が意識にあがってきた時だけ、コントロールできるようになります。

そして無意識は、私たちの身体や心にも、とても大きな影響をあたえています。
無意識のエネルギーの歪みが、原因不明の症状を作っていくことも多いです。

どうして学校に行けないのか、自分でもよく分からない。
どうして、こんな難病になってしまったか分からない。
どうして、眠れなくなってしまったのか分からない。

自律神経失調症、心身症、精神的な病気、神経症、恐怖症、
過食や拒食、ノイローゼ・・
身体の病気や怪我として現れる場合もあります。

私も、この「意識と無意識のズレ」にずいぶん苦しんできました。
そして、子供たちにも辛い思いをさせていたのです。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
子育ての期間、私は「素晴らしい母親」「完璧な母親」を目指していました。

子供のやりたくないピアノを、無理矢理、習わせました。
月に1回、近所の子供を集めてハイキングに行きました。
成績をあげるために、学校の宿題もきちんと見ました。
頑張って、がんばって、結局、子供は学校に行かなくなりました。

そして、自分の心の闇を見つめていくうちに、本当の自分の気持ちを
認めざるを得なくなりました。

私は、子育てが大嫌いだったのです。
向いていないし、やりたくなかったのです。
子供のせいで、自由を失ったと思っていました。
母親として、最低の自分に気づきました。

そして、カウンセリングの中で言葉にしていくうちに
子供たちは回復していきました。

「素晴らしい母親」としてよき言葉を使っているときは
何の効果もなかったと思います。

それは、意識と無意識の間にズレがあったからです。

「本当の私」の言葉ではなかったからなのですね。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
「言霊」について
 
自分の「影」の部分、「闇」の部分をひっぱりだして、言葉にする。

そうすると、そこに「気づき」や「受容」が起こります。

負の部分も自分の一部なのだと受け入れた時から、
すべてが好転していきました。

子供を心からいとおしい、大切な存在だと感じることができるようになりました。

意識と無意識が「統合」したのです。

そうすると、自分の中の「影」は意識的にコントロールできるようになり
無意識に振り回されることがなくなります。
 
 
「108回読む元型」は、こんな「影」の部分、「闇の部分」に気づき
受容することができるように作りました。

毒をもって、毒を制す。

「無意識」だけに気づきもしなかった自分の闇を浮き上がらせ、
気づき、受容していくことができるようになる、「根本治療」です。

ご自身の闇を受け入れた後でなら、
「よき言霊」も抜群のパワーを発揮してくれることでしょう。

「よき言霊」だけ使いつづけても、エゴ様の暴走を止めることはできません。

自分の闇に気づいて、受け入れること。

言霊の本当の効果は、自分の闇に気づいた後に現れます。