「ワンネス」のススメ

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

「ワンネス」とか「全体性」って、聞いたことはありますか?
聞いたことはあるけれど、よく分からない・・という方も多いと思います。

今回は「ワンネスのススメ」について、お話ししてみますね。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
もう20年以上も前のことですが、ある霊能者さんに言われたことがありました。

「あなたは、本来のあなた自身とは、正反対の生き方をしてきましたね。
 それで、たくさんのチャンスを逃してしまいました」

エーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!????
Σ( ̄ロ ̄lll)

その時は、どういうことか分からなかったし、
それ以上詳しいことは教えてもらえませんでした。
ただ、ただ、ショックを受けました。

だけど今になってみると、よく分かるんですよね。
確かに私は、本来の自分とは正反対の生き方をしていたのです。
魂に光と影があるのなら、「影の生き方」をしていたんですね。

実は、誰にでも「光」と「影」はあります。
それはたとえ、悟りを開いた方であってもそうなんです。

そして「光」と「影」を統合すること・・
それが、「ワンネス」への入り口です。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
「ワンネス」のススメ
 
それでは、詳しいお話をする前に、エクササイズをしてみましょう。

まずは1冊、ノートを用意してください。

ノートの左側に、自分で思っている、あなた自身のイメージを書き出してみてください。
性格とか、雰囲気とか、考え方とか・・
思いつく限り、どんどん書いていきましょう。

できるだけたくさん書いたら、今度は右のページに
左のページに書いたこととは、逆のことを書くのです。

「私は人見知りだ」→「私は誰とでも仲良くなれる」
「私は八方美人だ」→「私は人には流されない」
「私はとても働き者だ」→「私はとても怠け者だ」

などです。

左側は、あなたのアイデンティティの一部です。
右側は、あなたの「影」です。
あなたがこの世界を生きていく上で、選ばなかったものになります。

正反対のものなのですが、実はどちらも、あなたの中にあるものです。
よく自分を観察してみると、ちょこちょこ表に出てきていると思いますよ。

ノートをよーーーく眺めて、どんな感じがするか考えてみましょう。
何か、感じたことや、気づいたことはありますか?

ひょっとしたら、あなたの考えている「自分自身」と
周囲の人が考えている「あなた自身」のイメージが、
正反対の場合もあるかもしれませんね。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 
さて、先ほどのエクササイズで、あなたの「影」があぶりだされてきました。

「ワンネス」に至るためには、あなたの「光」と「影」を統合する必要があります。
これは、魂が求めている道でもあります。

自分の中には両方ある、と認めること。
それは、自分の全体性、完全性を認めることです。

実際に、どちらを選んで行動するかは置いておいて、
あなたの中には「どちらもある」と気づくことです。

中には認めたくない「影」もあるかもしれませんが、
「影」をなくそうとすることは、ワンネスから遠ざかる道です。

「光」ばかりの世界は、一見とても素敵に見えますが、
それ以上成長することができない、実りのない道なのです。

たとえば、あなたの中には
「やさしい部分」と「いじわるな部分」がありませんか?

自分の「いじわる」は認めたくないものですが、
否定しないでじっと眺めることで、コントロールできるようになります。

「やっぱり、こんな自分は嫌だな」と冷静に考えることができれば
「いじわる」より「やさしさ」を選んで行動することができるようになるのです。

だけどこれ、実はとっても大変な作業なのですね。
クリアするためには、地道な努力、とても苦しい努力が必要になると思います。
一朝一夕にはいかないものでしょう。

何度も見たくない「影」をつきつけられますし、
気づかざるを得ない状況が、たびたび起こるようになるでしょう。

トラブルや、病気や、事故や、人間関係の悪化など、
それはありとあらゆる形で、あなたを襲ってくるでしょう。

だけど、気づいてください。
「理想の自分」と、「本当の自分」は違うものです。

「影」を見つめ、「本当の自分」や「魂が求めている道」を
見つけることができたなら--

あなたは、「ワンネス」の入り口に辿りつくことができるでしょう。

そこはすべてがあり、完全な、とても素晴らしい世界です。
 
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
「ワンネス」のススメ
 
私たちは、もともと一つの光から分かれた存在です。
創造主の分身、分け御霊なのです。

ですから、創造主=自分 です。
グレートスピリット=自分 です。

すべての人間が、内なる神を持っていることになります。

そして、これを頭ではなく、身体で理解できたとき
「ワンネス」を実感することができるでしょう。

そこは、愛に満ちあふれた世界です。
光も闇も、全てが受け入れられた世界です。
完璧な調和とバランスがあります。

ワンネスを実感するとき、
これがいつ、誰に起こるかはまったく分からないのですが、
とても強烈な感覚を味わうことでしょう。

状況は人によってさまざまですが、
満開の桜が散っているのを見ただけで、涙が止まらなくなってしまう、とか
庭に光が差しているのを見ただけで、魂が震えるような感覚を味わう、とか
言葉では言い表せない感謝が身体全体からあふれ出してくる、とか

通常の日常生活では味わうことのできない
歓びと愛を体感することができるでしょう。

喜びに理由がないのです。
そこでは、エゴが完全に消えてしまうのです。
とても不思議な世界です。

「影」や「闇」を見るのは、正直、とても苦しいです。
こんなに痛いし、辛くて苦しいのに、
どうして真正面から向き合うことを薦めているのか・・

それは、この「ワンネスのかけら」を体験してほしいからなんですね。

飛び級で「ワンネス」を体験することもあるのですが
「影」との統合が行われていないと、地に足がついていないので
「光」に振り回されてしまうでしょう。

自分の能力を過信したり、特別な人間だと勘違いしてしまったりするでしょう。

しっかり地に足をつけた状態で、「ワンネス」の世界に戻ること--

そう、「ワンネス」は「戻る」世界なのですね。
私たちの故郷です。

「ワンネスを思い出して、戻ること」

それが、魂のたびの終着駅なのかもしれませんね。