痴漢にあった事のある女性へ

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

……………………………………………………
「子宮ヒーリング」、重要ですからお見逃しなく
https://www.fairy-blue.com
……………………………………………………

今日は子宮ヒーリングを私とともにしてくれる、
プロデビュー生の逢坂と浦和とミーティングしていました。

それで「痴漢」されたショックとかトラウマについて話していて、
私はまざまざと思春期の記憶がよみがえって来ました。

その時のビックリ感、
え?何??
ショック、
恐怖感、
屈辱感、
怒り、
気持ちの悪い身体の感覚……

比較的気の強い女性でも、
とっさに反撃したり出来ない事が多いですよね。

私は、とっさに反撃出来なかった事が悔しくて、
その悔しさと屈辱感が、未だに強く残っているのが分かりました。

今までこれらのヒーリングをしなかったので、
残っていて当たり前です。
いくら過去の事とはいえ、普段思い出す事がなくても、
その感情はいつまでも体内に残り、
そこから病気になる人もいるし、
異性と上手くつき合えなくなる人もいます。

癒されていない傷は、いずれ悪さをするのです。

私の場合は、痴漢のトラウマと関係があるのかどうかまで探求していませんが、
卵巣?腫が捻転して、手術で片方取りました。

あなたにも多分、痴漢にあったショックが体内に残っているでしょう。
それ、ヒーリングした方がいいですよ。
女性としての幸せのために。

……………………………………………………
「子宮ヒーリング」、重要ですからお見逃しなく
https://www.fairy-blue.com
……………………………………………………

さて、「ガネーシャと大黒天を探せ」もしています。

………………………………………………………………
ガネーシャと大黒天を探せ
https://www.fairy-blue.com/campaign/647/
………………………………………………………………

日ごとに正解者が増えています。
日曜日までしていますので、あちこちクリックして探してくださいね。

今日の話題のような、痴漢にあったショックやトラウマなどは、
ムーライトペンダントを付けていただくと、
そのような出来事に出会ってしまうのも減るでしょうし、
大きなトラウマになるのを防いでくれると思います。

おすすめですよ。

で、これはヒントですよ~~♪

■ 編集後記 ……………………………………………

足の両方の親指にばい菌が入って、炎症している、
という話しは書いたでしょうか?
こちらではまだでしたね。

実は2月ごろからずっと痛かったのを放置していたら、
耐えられない痛みになってしまい、
腫れ上がって靴も履けなくなり、
仕方なくお医者様に行って来ました。

この、足が腫れたために実は様々な気づきがあったのです。
それはブログの方に確かかいたので、
興味のある方はそちらを読んでくださいね。

色々ありまして、「これは切るしかありません」と言われたのが火曜日。
痛みの中に時おり激痛が混じるようになったので、
しかたがないと思いました。

でも翌日の水曜日はどうしても外せない用事で、
朝の9時から夜の11時まで外回りで、
そうとう歩かなくてはならないのです。

それを先生に伝えると、
「切らなくてはならないし、切れば歩きにくいし血みどろになりますよ」
とのこと。
さらに「切りますか? どうしますか?」と聞かれたので、

「切って、痛み止め下さい。それで明日はなんとか乗り切ります」
とお返事して、速攻切ってもらいました。
片方だけですんだのですが、親指の爪を縦にズバッと取られました。

その日は、切った部分がスリッパに当たったり、
何かに触れたりすると痛かったです。

でも用事のある翌日にはよくなっていて、
靴の甲部分を調整できる優れものの靴を持っていたので、
それを履いて3万歩歩きました。

痛み止めも不要でした。
出血もなかったです。

で、家族や友人たちから言われたのは、

「いずみさんは懲りない人よね。やると行ったら絶対やるよね」
「エジプト旅行も、あの危ない中を行ったし…」
と。

普通ならこういう時は、なんとかして外出を延期するとか、
なんとかして他の人に変わってもらうとかするのだそうです。
旅行も多くの人は中止にするのだとか。

私には、そんなに無理して延期するとか
人に変わってもらうとか考えるほどの事ではなかったのです。
だっていざとなれば痛み止めがあるのですから。
血みどろになるなら、替えの靴下とか持参すればいいだけです。
旅行だって、ちゃんと調べればさほどの危険はなかったのです。
あの時は。

今日はまたお医者様に行き、
「もうお風呂に入ってもいいし、来なくていいですよ」と言われました。
まだ多少の痛みはありますが、
とってもスッキリしました。
もう大丈夫です。