大切なアイメッセージ

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今日はコミュニケーションについてのお話です。
実はリクエストが多いんですよ^^

人と人とのかかわり、意志疎通、コミュニケーションというものは
なくてはならないものだと思うのですが、これがとても難しい。

上手にできているように見える人でも、意外とお悩みを抱えているようです。
コミュニケーションというのは本当に、生活していく上での永遠のテーマに思えますね!

コミュニケーションは...

あなたはどうでしょうか。
言いたいのに言えない、こちらが意図している通りに伝わらない。
言葉って難しいと思いつつ、それに疲れて分かってもらえなくても我慢してしまう。
そんな経験をしていませんか?

コミュニケーションは大きく2つに分けると
「思いを伝える」「相手の言葉を受け取る」になると思うのですが
今日は「思いを伝える」について少し考えてみたいと思います。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆その時、何が起こるのか
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

言いたいことが言える、というのはとても大切なことです。
ずっとため込んでいるというのはストレスにもなりますし、自分の思いをきちんと表現していくのは生きていく上で欠かせないこと。

でも、言いたいことを伝えると、そのあとの結果はこれまた2つ。
ぎくしゃくすることもありますし、スムーズにいくこともあります。

何がどうなって結果の違いがでるのでしょうか。

イライラ、もやもやなどの負の感情が渦巻いている時は、それを表現してしまうと相手との関係が壊れてしまい、ぎくしゃくし始めることが多々あります。

それが分かっているからこそ、言えない。
だから我慢する。

そしてストレスをためてしまうことになるのです。

モヤモヤやイライラについて

・全く言うことができず、ため込みすぎて病んでしまう。
・我慢しすぎて大爆発する。
・言い過ぎて相手が自分を怖がり、逆にストレスをためている。
・言い過ぎて相手がこちらに対して攻撃を始める。

このどれかに当てはまる事が多いのではないでしょうか。

言う側、言われる側、どちらもこのパターンになるのです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆一つずつ整理してみる
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

感情は、イライラもやもやなど表面にある感情と
ぱっとは分からないほど奥にある感情の2つがあります。

イライラもやもやは、友人等に聞いてくれる人がいれば解消ができます。
いわゆぐガス抜きをすることで随分すっきりするでしょう。
特に女性の場合、口に出してしまうことで元気になれるはず。

でも深い方の感情はそうはいきません。
何か晴れないものを何とかしたい、と思うなら、自分自身に聞いてみてください。

あなたは何を感じ、何に悩んでいるの、と。

ここで響いてきた感情が、あなたの奥底に眠る本当の想いです。

怒り、悲しみ、恐怖・・・何かは分かりませんが、それに気づいたら目を背けず、しっかりと受け入れてみましょう。
負の感情を受け入れるのは大変なことと思いがちですが、しっかり受け止めれば思いのほか大丈夫なはず。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆相手に言葉を発する時にはアイメッセージで
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

自分の本当の想いに気付くと、それだけで満足してしまうこともあります。
相手に対するイライラ、モヤモヤの感情が落ち着いてしまうことも。

でも、やはりきちんと言葉にしたい、そんなふうに思うこともあるでしょう。

そんなときは、ここに注意して言葉を発しましょう。

最近よく聞く「アイメッセージ」。
これはとても便利なのです。

イライラもやもやを通常での表現と、アイメッセージでの表現をしてみます。

1.何であなたはいつもそうなの!どうして毎回片付けができないのよ。私が毎日ひたすら片づけて・・・いったいどんな育てられ方をしたらそうなるのかしらね!

1.毎日あなたの片づけをしてまわると、私はまるであなたの召使いみたいな気分になってとても嫌なのよ。

2.また忘れたってどういうこと?
この間だってもう忘れないって言ったのに・・・。
彼氏さえいれば、女友達はどうでもいいって思ってるんじゃない?

2.また忘れたの?
私、いつもあなたのことを応援しているつもりだけど、こんなことが続くと友人として大切にされていない気持ちになるわ。

3.この間注意をしたところをまた間違うなんて。君は私の話を何を考えて聞いているんだ!何度言えば理解するんだ!

3. また間違ったのかい?私は君はもっとできる人間だと思っている。もっとやれると思うとついつい言ってしまうんだ。
君が仕事でリーダーシップを発揮している姿が見たいんだよ。

どうでしょう、この違い、分かりますよね。

通常の表現だと、あかさまさに責められている感じがします。
当然その後の関係は険悪になりますよね。

でもアイメッセージは違います。
伝えたいことを自分の感情として表現するため、責めるとはまったく違う次元になります。

アイメッセージは「私は~と思う」というふうに、一人称で自分の奥底に眠る感情を表現していきます。
この練習をしてみましょう。
「あなたは~だ」ではなく「私は~だと思う」、ですよ!

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆相手に変わってほしい時
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

もし相手に変わってほしいと思うのなら、きちんと言葉にします。
それも具体的に、どうしてほしい、ということを。
やめてほしい部分だけでは伝わりません。

ですから、「これはやめてほしい、そしてこうしてほしい」という表現にしましょう。

何度伝えてもまったく変わらない、と腹を立てるよりは、表現の仕方を変え、具体的に噛み砕いて伝えるようにしてみましょう。
相手に理解を期待するより、あなたが相手に理解してもらうための工夫をする方がよいのです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆では、怒りを表現したいときは
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

これも同じ。

あなたのせいで、とか、いつもお前はこうだから、とかいう表現をすると
ダイレクトな攻撃になります。
当然ケンカになりますよね。
で、喧嘩になったりするわけですね。

それを防ぐために有効なのがアイメッセージなのです。

私はこう思う、というように、怒りの感情も自分がどう思っているかを
表現するようにしてください。

私は今腹が立っている、不愉快である、と表現したら、そのあとに続ける言葉も
すべてアイメッセージにしてくださいね。

そうすることで、不思議と攻撃的ではなくなるのです。
そして心が穏やかになり、意外に冷静になれるものです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆うれしい変化
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

うれしい変化

アイメッセージで表現することが日常的にできるようになると
ふと、環境ががらっと変わっていることに気付くはず。

ため込まなくてよくなるので、ストレスもたまりにくくなります。
当然、我慢しすぎて大爆発することもなくなります。

不満に思うことを口に出してしまいやすい人は
アイメッセージで表現することで人との関係が良くなるかもしれません。
そして人からの信頼を得ることもできるようになるでしょう。

相手があなたの言葉にキレてしまうこともなくなります。
あなたも相手もランクアップすることができたのです!

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆いいこと教えちゃいます!
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

ここで、いいこと教えちゃいますね。

あなたの周りにいるコミュニケーションの達人。
憧れの人かもしれないし、あまり好きではない人かもしれません。

でも、その人を勝手に師匠にしてしまって、その人の行動を徹底して観察します。
勝手にするので、言う必要がないので、苦手な人でも大丈夫です。

どんな感じで会話を作り出しているのか、声の感じや間の取り方から
全てチェックするのです。

昔の子弟関係は、教えるのではなく、弟子が見ながら盗み取っていたそうです。
今でも職人の世界や料理の世界などでは残っていますね!
それをあなたも実行してください。
その人について本が一冊書けるくらいにしてみましょう。

もし聞くことができるなら、直接話を聞いてみるのもいいですね♪
あなたのことをすごいと思う、というふうに切り出してみると
いい話が聞けるのではないでしょうか。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆仲良くなるツール・コミュニケーション
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

私たちは仲良くなるために、言葉を使いこなし、コミュニケーションをとります。
そして、人と人とのつながりを堪能したいんですね。

ただ楽しく会話をして時間を過ごしたいだけではなく
本当の友情や愛情に触れたいのです。

それがうまく伝えられないこともあります。
それならば、もっともっと練習したらいいのです。
誰かと、そして自分ともっと仲良くなるために・・・。