せっかくうつ状態が治ったのに・・・相談

うつ状態からは脱したけれど

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今日はAさんからのご相談です。

うつ状態がやっと治ったはずなのに、やる気がなくなってしまいました。

そして、恋人とうまくいかなくなってしまったのです。
会う回数が減り、どちらからともなく連絡しなくなりました。
仲良しだった友達も同じように自然と疎遠になってしまいました。

うつを患っていた時は、やりたいことがたくさんあるのにどうしても行動できないという状態が続いていました。
しかし、今は治ったはずなのに、今度はやる気が出ないのです。

しなければならいことはしますが、それ以外は何も考えずに過ごしていて
たまに、この状態に不安を抱きます。

病院でカウンセリングをしてもらい、体も気持ちも楽になってきたのですが
今度はやる気が出なくて・・・・。

恋人との関係であるとか、自分の変化などに不安を覚えたりしていました。
何かしなければと思うのですが、どうしても行動できません。
以前は向上心もあり、あんなふうになりたい、こんな風になりたいと思うことが多かったのに、今では目標もなくなってしまい辛いです。

体がダル重いということや、疲れやすい状態、何となく落ち込んでしまうというようなことはなくなりました。
でも、やる気もなくなってしまったので、自分が堕落した人間になってしまうように思えます。
やる気がわかないと何もしたくないから、とても困っているのです。

うつの時は大変だったけれど、充実もしていたような気がします。
今では友達もいない、恋人もいない。
一人ぼっちになってしまいました。

このままみんなが私から離れて行ってしまうようで不安です。

本当はうつが治ってうれしいはずなのですが、恋人と疎遠になったのがかなりショックで、あまり喜べません。
以前の自分と今の自分は別人のように感じ、どうしたらいいのか分からないのです。
できれば前のように戻って、恋人とまたお付き合いをしたいのです。

どうかアドバイスをください。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆私はこうお返事しました
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

こんにちは、Aさん、いずみです。
こんなにお返事が遅くなってしまったこと、本当に申し訳なく思っています。

うつが治ったことは喜ばしいことです!

Aさんのご相談から、私が感じたことをちょっとお伝えします。
人それぞれ感じ方も考え方も違うので、あくまでもご参考にということで。

Aさんの詳しい状態、お薬をいただくほどの状態だったのか
うつ病と診断されていたのか等は分かりませんので
ごく一般的な事を書きます。

うつを患う人は、とても真面目な人が多いです。
嫌と言えず、怒ることも苦手、ストレスをため込むタイプ。
そういうタイプの人が引っ越しや失恋など、人生における大きな変化が表れた時に
うつっぽくなりやすいようです。
おそらく、争いも苦手でしょう。

うつのきっかけ、というのはAさんの場合、何だったのでしょうか。
原因を追究するというよりも、自分がどういう状態になるとうつっぽくなりやすいのかは分かっていると安心です。

きっかけなんて分からない、という方が多いのですが、その頃にあった出来事を思い出して書き連ねてみると、原因が分かることが多いです。
これはぜひやってみてください。
自分がうつになるきっかけが分かれば、また同じような状態に陥りそうな時に
前もって対策が取れると思います。

そして、以前の自分と違うのは、喜ばしいことです。
うつ状態から脱出するという大きな体験を経て、成長しているのです。

成長したのに、自分自身のイメージが成長前の自分だと、進化した魂は居心地が悪くなります。
だから、元の自分に戻ろうという気持ちに反した状態になります。

前の自分になっていろんなことをやりたいと思うから、逆にやる気が起きないのではないでしょうか。
成長した証だと言われても、ピンときませんし、どう対応していいのかも正直分からないと思います。

対応方法のキーワードは「創造性・想像性」です。
あなたの中に眠る「創造性・想像性」を目覚めさせ、活躍させる時期にきたのです。

うつ状態になるのは、今の自分は自分らしくない、何とかしたいと言う自分からのメッセージであることが多いです。
今まで使っていなかった「創造性・想像性」を発揮し、今までの考え方や生き方を変えるチャンスです。
あなた自身が変わりたいとサインを出しているのです。

人とのかかわりは、生きていく上で欠かせないものです。
お友達とも恋人ともまた仲良くしたいとAさんが思うのは当たり前です。
でも、それが思うようにいかない。
もしかしたら、お友達もAさんに対する接し方が分からず困っているのかもしれませんね。

一度うつ状態になり、そこから回復すると、魂が成長しています。
そのため、人間関係ががらっと変わってしまうこともあります。
今までは興味も持たなかったような人と友達になることもありますし、逆に仲良しだった人と離れてしまうこともあるのです。

恋人とも自然と疎遠になってしまったということなのですが、可能ならば、思い切って連絡を取ってみてはいかがでしょうか。
どうなるかは分かりませんが、一度はっきり話をした方がいいのでは、と思います。

また、可能であれば、同じうつ状態を経験された、という方とお話をしてみましょう。
きっと今のAさんの思いに共感してくれる人がいるはずです。
昔の友人に会ってみるのもよいのではないでしょうか。
懐かしい人にコンタクトを試みてください。

そしてもう1つ。
「創造性・想像性」を活躍させるために、芸術的な何かにトライしてみてください。
絵を描く、物を作る。
楽器の演奏やダンスなどもオススメです。
Aさんの趣味であったり、新たな分野のものでも、楽しめるものを探してみてください。

前に進もう

ポイントのおさらいです。
Aさんは成長して、元の自分ではありません。
だから、もとに戻ろうとすると、成長した魂が拒否します。
昔の自分のイメージは早く忘れて、前を向きましょう。
これからは「創造性・想像性」を発揮して生きてゆけるようになります。
今はいろんなことが動く時期、大変ですし、辛いかもしれませんが
逆戻りではなく、とにかく前に進むために、芸術的な何かにトライしてくださいね。