ホ・オポノポノ

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今日は、私のメモのような内容になっちゃいます。
書きたいだけなので、読まなくても大丈夫です♪

以前ご紹介したホ・オポノポノの講座に行ってきました。

とても有意義な2日間でした。

レン先生は、写真で見た通り、暖かい雰囲気をたたえた方でした。
いつも笑顔。
休憩の時には、ちょっと個人的なお話もしました。

実を言うとこの半年ほど、自分の中で何かが大きく動いていて
外的には動くことができなかったのです。
自分でも理解しがたいその動きが、この2日間で姿を現した気がしました。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆次のステップに行きたい
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

次のステップへ

実は私、これまでたくさんの心理学系の勉強をしたのですが
どれもちょっと違う、という気がしていました。
どれも素晴らしいのです。
でも、これでは次のステップには進めないと思いました。
進めなければ、意味がないのです。

そこで「エナジー心理学」としてあれこれ考察していたのですが、
ホ・オポノポノはすごくしっくりきたのです。
そう、その通り!と叫びたいほどに。

私が考えていた「エナジー心理学」を幼稚園だとすると、
ホ・オポノポノの基礎1は、例えると小学校のような感じがします。

そしてホ・オポノポノは「神聖なる知性」や「超意識」と繋がる方法でもあるのです。
私は「神聖なる知性」「超意識」は「光の次元」にあると思っています。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆復習、そして確認
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

以前も少し書きました。

 私の前に現れる人が持っている問題は、
 私が持っている問題。
 だから私は私を浄化し、癒す。
 するとその人の問題も消えている。

鏡の法則も、引き寄せの法則も、同じことなのです。
どれもこれも、私の問題だからこそ、目の前にやってくる。
それを教えてくれるために、です。

ある友人が失恋したのも、
別の人が借金で苦労しているのも、
あの人が引きこもりなのも、
この人がガンになったのも、
その人が生霊に苦しめられているのも、

全ては、他人のことではなく、自分自身のことなのです。
私の心の奥底の部分に、同じブロックがあるからこそ
これらの知人は私の目の前に登場したのです。

脳理論のお話の時にお伝えしましたが
私たちの脳には、毎秒1100万ビットの情報が入ってきていて、
そのうちの5ビット程度しか、意識は認識しません。
私たちを動かすのは、意識ではなくて無意識。
要は、潜在意識なのです。
友人の問題は、1100万ビットの方にあるのです。

だからこそ、自分の中の何かを癒し、そして浄化する必要があるわけです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆勘違いが2つ
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

他人のトラブルや悩みを自分のことのように背負ってしまう人がいますが
そういう人と話す中で、私は「人の問題を代わってやってあげることはできないのだ」ということをよく言いました。
他人ごとと自分のことには、しっかり境界線を引くのが大事であると思っていました。

でも、これは勘違いその1だったのです。
そうではなくて実は「自分の問題だ」という自覚が不足していただけだあったのです。
でも、これを解決する方法はまだありません。

勘違いその2についてですが。
私の元型は「ケアギヴァー」系で、人の世話をしたくて仕方ないのです。

私は、自分をケアし、癒し、浄化したのとおなじくらい、人をケアすることができるのだと思っていました。
ところが、違ったんです。
私たちがすべきことは自分のケア、浄化、そして癒しです。
目の前に現れた人の問題は、鏡の法則からも分かるように自分の問題ですから、自分をケアして浄化して癒すんです。
これで終了します。

別にその後に、その人に何かをしてあげる自分自身のことに取り組めば、「神聖なる知性」「光の次元」「大いなる何者か」などからひらめきがやってくるのです。
そしえ、悩んでいる友達の所にもこれが来て、問題が解決していくんですね。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆この先・・・
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

この先

私は考える、分析する、納得して説明をするのが好きで好きでたまりません。

でも、これでは決して自分を浄化し、癒すことなんてできないのです。

知的な部分はもうかなり探求したので、
もうはまり込まず、「大いなる何者か」、つまり光のステップにに繋がることをメインにします。

誰かにやってもらうのではなく、自分自身を自分で癒すのです。

私にとっては嬉しいことですが、瞑想は必要ないんです。
好きな方はやってもOKです。
だって、瞑想は非常に効果的なのですから。

もしかしたらこれから、瞑想が苦手な方のためにさまざまな事をご紹介するかもしれないし、しないかもしれません。

今の私は以来のことが分からないのです。
でも、もっと自分自身を浄化して、光からのひらめきをお伝えしていきますね。