ヒーロー元型のこと

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆人は癒されて成長するものである
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

癒されて成長する

私が手掛けるものすべて、フェアリーブルーの商品やメルマガ
そしてカウンセリングやセミナーの根底にあるのは「癒しと成長」になっています。
というのも、私は人が癒されて成長していくということに強い関心があるからです。

どんな人の中にも命があります。
その命はすごいエネルギーをもって、生きよう、成長しようとします。
成長が邪魔され、傷を作ると、それが自分の病気や障害としてあらわれます。
当然、命は自分を癒すことにエネルギーを注ぐようになります。

小さな傷なら、何もせずに放置しておいても、体はきちんと
それを治してしまいます。
わざとばい菌が入るようにしたりとか、傷口を開いたりだとか
何かすればいつまでも治りませんが・・・・。

人間に備わっている治癒・癒しの力というのは、そういうものなのです。

そこに前世からのカルマや、現世においての課題が絡んで来たりするので
簡単にはいかない場合があるだけです。
治らない場合には、それにも意味と意義があるのでしょうから
それを受け取れたら、と思います。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆ヒーローの元型について
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

癒しと成長のような、ストップさせることができない動きは
元型が深くかかわってきます。
はて、では動かしている元型は何なのかと考えてみました。

ヒーローという元型があります。

ヒーローと聞けば、思い浮かべるものは何ですか?
私は「桃太郎」でした。

ですので、ここでは桃太郎で説明しますね。

桃太郎は子どもに恵まれないおじいさんとおばあさんに拾われ
桃から生まれてくる男の子なのですが、これはちょっと置いといて。

 1、身体もぐんぐんと大きく育ち、
 2、ある日鬼退治に向かいます。
 3、きび団子を作ってもらい、イヌサルキジの家来と出会い、それから旅に出ます。
 4、鬼ヶ島で鬼と闘います。
 5、無事に勝利を収め、宝物を手に入れて家に戻ります。

どうでしょう。あなたが思い浮かべたヒーローも
同じようなお話に関係していませんか。

実はこれ、思春期の自立のテーマなんです。
それに沿って言い換えるとこうなります。

 1、安全が保障されていた親の支配下から外に出て、
 2、社会で何かことを成そうとする時、
 3、きちんとあなたをサポートする人が登場します。
 4、そして、一緒に危機的状況を体験し、そして回避して、
 5、大きくなって戻ってくる。

もし、あなたが自立のテーマを持っているとしたら
あなたがこれまで生きてきた道、これから生きていく道も
これに当てはまるのではないでしょうか。

ここで気をつけたいのは、皆が自立のテーマを持っているわけではないということ。
自立以のテーマを深めることを選んでいる人もたくさんいるんです。

今は女性が経済的に自立するのがブームとなっていますが
自立がテーマでないために必要がない人もいます。
あなたはあなたの課題を全うするために生きているので、
人を見て羨んでもダメです。
私たちのテーマは「自分を生きること」なのですから。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆サポーターの元型を持つ人へ
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

もう1つ言うと、ヒーロー元型の活躍は、
以前随分とお話しした、「十牛図」の「4図越え」のような感じです。

それに沿って言うと、4番で与えられる試練や危険な状況は、
自分の影と向かい合うことなのかもしれません。

3番ではサポーターが現れるのですが、
サポーター系の元型は、

 ティーチャー
 メンター
 ガイド
 レスキュー
 ヒーラー

等です。
実のところ、これらの元型が光の方で活躍することができるのは、
その人が「ヒーロー元型」をじっくりと経験した後になります。

自分がヒーロー元型を光として経験した分だけ、
サポーター系の元型を光にチェンジし、3番で
ヒーロー元型を経験している最中の人たちのサポートをすることができるのです。

経験のない、いわゆる机上の空論では、人をサポートすることなんて
できないのです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆経験中の方へ
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

家族から離れて

1番。慣れ親しんだ家族や地元を離れ、自分自身を確立しようとする
その時に、家族から激しく反対される人もいます。

これにはかなりのエネルギーを必要とします。
もちろん文化的なものもあるのですが、
反抗、家出など、親の価値観とは相いれないようなことを選んでやります。
自立というテーマを与えられてない人は、ここでストップします。

2番。何かをやってみようとするときには、
いったい何をすべきか、何に向いているのか、
そしてどこに進めばいいのか悩みますね。
目標が見つかるまでは少し大変かもしれませんね。

逃げ出したくもなります。
自分には無理なのだ、と。
ここでつぶし屋が登場するわけです。

3番で、あなたにはどんなサポーターが来てくれましたか?

助けを求めた相手に裏切られる人もいるでしょう。SOSを出した相手に裏切られる、という体験をされる方もいるかもしれません。
逆に、助けを明確に求めるのが課題かもしれません。
そして、サポーターは人間とも限らないのです。

それでも、必ずサポーターはいます。
現れることを信じ、出会ったら心を開いてください。

4番。試練・危機的状況。
これはあなたやその周囲の人のテーマやカルマの蓄積と
天の考えの兼ね合いになり、とても変わったことが起こるかも。
ここでつぶし屋が再度活躍するかもしれません。
とにかく信じてやり抜く。
何が起きるかは分からない、一番怖い、難しいところです。

5番。ご褒美があります。
乗り越えた分だけ、きっといいことがあります。
たっぷり受け取りましょう。
心も体も豊かになってくださいね。
十牛図では4図を越えた所になります。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆最後に
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

ヒーロー元型は、成長・自立しようとする命の動きそのものです。
ヒーロー元型は、あなたに自立のテーマがあるならば、ヒーロー元型はきっとあなたの中にもあります。

ヒーロー元型が活躍し始めたのなら、変化と冒険の旅にいざ、ゆかん!