迷いに迷って決めきれないことが多いあなた!

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今日は「迷うばかりでなかなか決められない」場合にはどうすべきか、というお話です。
あなたならどうしますか?

占いをしにいく、とか、
先輩に相談するとか、
親に相談するとか、いろんな方法があると思います。

でも、相談するのも大事ですが、
「最後は自分で決める」ことが一番大事であると私は思います。

今日ご紹介するエクササイズは、
人の指示に従うわけではなく、
なかなか決められずに悩むわけでもなく、
他力本願のくじで決めるのではなく、
自分で決めるための方法です。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆失敗するのは怖い
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

失敗するのは怖い

決められない理由の中には、
失敗するのが怖くて先延ばしにしてしまう、ということがあります。
Aを選んで○○になっちゃったらどうしよう・・・
Bにしたら△△かも・・・。
何とかできるほどの実力はないかもだし、
周囲の協力を得られるかどうかも分からない。

そうなると、もう出口がないんです。
元型で言えば「つぶし屋」です。
可能性をすべてつぶしに走ってしまう。
できない理由をずっと探し続けているともいえるでしょう。

そんな感じがあるのなら
「失敗が怖い!責任なんかとりたくない!」と
大声で叫んでみましょう。
気分爽快になりますよ。

私も時々やります。
やらなきゃいけないし、やるけど、やりたくないって思う時、
「こんな仕事はやだ~!責任とりたくないっ!面倒だ!」
と、ギャーギャー言ってみます。
そして気が済んだら、仕方ない、やるか、と思うことができます。

どうにも追い詰められ、AかBか選ばざるを得なくなった時に、
思い切って選ぶと、大半失敗に終わります。
不思議と間違った方を選んじゃうんですよ。
どっちも取りたくても、「納得できないまま無理に選ぶ」こと、それが失敗の原因です。
無理なものは無理、絶対しわ寄せが行きます。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆失敗する練習
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

失敗を極端に怖がるのは、完璧主義っぽい人。
石橋を叩いて叩いて叩き割るタイプです。
将来が保障されないと行動できないことが多いです。

失敗に慣れていないあなたのエクササイズは、
「ちょこっとした失敗をいっぱいやる練習」です。

人に迷惑がかからない、笑えちゃうような
ちょっとした失敗の練習がいいですよ。

例えば、スリッパの左右を間違える。
パジャマを裏返しのまま着る。
コーヒーに入れる砂糖の量を間違えちゃう。
靴下が左右違う。
書類の一枚目と二枚目を入れ替えてしまう。
ブックカバーが逆についている。
名前を呼び間違える。

人が困らず、ちょっと笑えちゃう小さな失敗をいろいろ考えて
やってみてください。
このエクササイズで、「失敗」の感覚が変わると思います。

誰だって失敗することがよく分かるし、
ちょっとした失敗は大した問題にならないことも多いし、
逆に人に笑いを提供できるかもしれない。
想像力などが高まり、思考が柔軟になり、
毎日すごく楽しくなります。

そうすれば、正解以外の何かを選ぶというのも
苦痛ではなくなってきますよ。
少なくとも、今までの状態からは抜け出やすくなります。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆どっちも選びたくない時
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

いろんな人にお話を伺ってみて、いつも感じること。
選択肢はたいてい2つしかない、もっと言えば
Aをやるかやらないか、しかないんです。

どちらもイヤだから選びたくないんです。
Aにしてこうなるのはイヤだし、
Bでこうなるのもイヤ・・・。

そこで立ちすくんでしまうのです。

選ぶことができず、「どうしよう、どうしよう」と固まるのです。

そんな時に有効なエクササイズがこちら。

A4サイズの紙を準備。
その全体に、大きく「田」の形に線引きをします。
要は、4等分です。

左側の列は「A」、右側の列は「B」をそれぞれ選んだ場合。
上の段は「それを選んだ時のメリット」です。
下の段は「それを選んだ時のデメリット」です。

この四つの枠の中を、箇条書きで埋めてください。
左上の枠には「Aを選んだ時のメリット」を、
左下の枠には「Aを選んだ時のデメリット」を書き出します。
右上の枠には「Bを選んだ時のメリット」を、
右下の枠には「Bを選んだ時のデメリット」を書き出します。

くだらないことも含め、思いつくこと全部ひたすら書き尽くしてください。

例えば、
A・今の会社を辞める
B・今の会社に居続ける

この2つで迷っているとします。

Aの上は、「今の会社を辞める事のメリット」ですから、
嫌いな上司から離れられてすっきりする、
意味が分からない帳簿をつけなくて良くなる
苦痛な仕事から解放される
定時で帰宅する後ろめたさを感じなくていい
心と体を休められる
自分と合わない会社にいる違和感から抜け出せる
etc

A の下は「今の会社を辞める事のデメリット」ですから、
勤続年数に合わせた祝い金をもらえない
すぐに次の仕事があるか心配
心配されるのが分かっているから、家族に話すのがイヤだ
中途退職で世間の目が気になる
今から新しい仕事なんてできないかもしれない
起業する才能はないと思う
不安だらけ
逃げ出すと、成長できないと思う
仕事を決める時に反対していた父に何を言われるか・・・
etc

Bの上は「今の会社に居続ける事のメリット」ですから、
勤続年数に応じて祝い金がもらえる
社会保障がある会社にいるから安心
家族の生活が保障できる
転勤がくれば、嫌な上司と別れられる
我慢する力が高まる
社会的信頼を得られる
好きな人に会うことができる
遅刻にはあまりうるさくない
これを乗り越えることで、自分がレベルアップできる。
etc

Bの下は「今の会社に居続ける事のデメリット」ですから、
自律神経のトラブルがひどくなる
給料アップも望めないし、モチベーションが保てない
毎日上司の顔を見なければいけない
残業ばっかりで自分のための時間がない
もうこれ以上我慢できそうにない
etc

もう1つも出てこないというほど書いたら、客観的に眺めて見ましょう。
どうしてもひねり出せなかった部分は、
きっと盲点になっていますから、
自分に「ここに書ける何かを教えてください」と投げかけておきます。
そうすると、ふとした時に浮かぶはずです。
ドラマのセリフや電車の広告、友人の発した言葉・・・
必ず答えがありますから、しっかりアンテナを張りましょう!

そして、それぞれの枠の中の言葉を見つめ、
一番ポイントになりそうなのはどれなのかを考えて、○を付けておきましょう。
これで、全体像と一番のポイントが見えるはず。

どちらの選択肢にもメリットとデメリットの両方があるからこそ、決められないのでしょう。
でも、眺めて見れば新たな発見があるはず!

人のことはよく見えるのに、自分のことって案外見えないものです。
このエクササイズは、自分をしっかり見ることができるようにする
1つの方法です。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆選択肢を増やそう
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

カウンセリングをしていると、選択肢が2つ以上あることが
以外に多いように思えます。
ここで、「選択肢を増やす」エクササイズをご紹介します。

例えば、

A・今の会社を辞める
B・今の会社に居続ける

みんなこの2つで迷っています。
でも、実はほかにも選択肢があるかもしれないんですよね。
これは「創造力」と「想像力」を伸ばすエクササイズでもあります。
できないだろう、と思うことを意識して書きましょう。

もしお友達に、ブレーンストーミングをしたことのある人がいたら、
その人に一緒に考えてもらいましょう。
あることないこと、とにかく浮かんだ事をどんどん書き出します。

配置換えを願い出る制度を利用する。
正社員から嘱託になって、勤務体制を変え、空き時間を作って勉強をする。
上司にトラブルがあって、休職する。
会社帰りに上司に雷が落ち、性格が激変する。
自分と合う上司が近くの部署に来てくれる。
自分のストレスの原因を上司にうまく伝えることができる。
上司の性格が気にならなくなる。
在宅勤務にしてもらう。
育児休暇をもらう。
仮病を使って休息する。
半年ガマンしてから転職する。
嫌いな上司から学べることを探してみる。
嫌いな上司が自分にしている事をそのまま返す。
嫌いな上司の嫌いな部分を徹底的に書き出し、「鏡の法則」よろしく、自分の中にある同じものを探す。
本当に言いたかったことを上司に「アイメッセージ」で伝える。
ノイローゼのふりをして、上司の頭を叩いてみる。
上司の浮気の証拠を写真に撮り、脅す。

思いつく限りのことを全部書いてみてください。

これはやっぱり誰か信頼できる人に一緒にトライしてもらいましょう。
一人だと、自分の思考パターンから抜け出せないのです。
お相手が見つからない場合は、「メールdeカウンセリング」でもやりますよ~。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆ピンチをチャンスに
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

ピンチをチャンスに

これらのエクササイズは、見えていない第三の道を見つけるためのものです。

何かを決め兼ねる時、もしかしたらそれは、
今までのあなたの小さな枠を突破して、
新しい世界に羽ばたくためのレッスンかもしれないのです。

人生に何度か訪れる、ステップアップのためのチャンスかもしれません。
ですから是非、このエクササイズで、次のステップに上がるチャンスを
しっかりその手に掴んでください。

第三者の指示を待つのではなく、
あなた自身が決め、その人生を切り開いてください。
お伝えしてきたエクササイズはきっとそのサポートになります。

言い古された言葉かもしれませんが、まさに、ピンチはチャンスです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆最後に
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

実のところ、正解はないかもしれません。

もし正解があるとしたら、どれを選ぶかではなく、
どのような価値観で、そしてどんなエネルギーでそれを選ぶか、ではないか。
私は最近そう思うのです。

ご飯のメニュー1つ決めるのにも、

健康にいいもの
美容にいいもの
お財布に優しいもの
身体が欲しがるもの
心が欲しがるもの
習慣的にそれを選んでいるもの

いろんな基準が考えられます。
どの基準を選択するかで中身が変わります。

そこで次回は、「選択の基準」のお話をします。
楽しみにしていてくださいね♪