繰り返される声

みなさん、こんにちは

最近、個人的にチャクラの勉強をやり直しているのですが、
これがもう面白くて面白くて。
いろんなことが、つながっていきます。

チャクラと身体と心の関係が整理されたとき
自分の課題がわかるばかりか
今どんな所にいるのか、人として進化すると次に何が待っているそうなのか
というような事まで、思いを馳せられるようになります。

が、チャクラの話は次回に取っておくことにして…
(すみません)
改めて思うのは「こころは魂の出先機関」と言うことです。
でも私たちは、普段の生活に追われ、エゴ様に振り回されているうちに
自分の主人が何なのか、わからなくなってしまったのです。

内側から
絶えず、様々なメッセージが届いているのに、それを受け取れる状態にありません。
受け取れないから、メッセージのボリュームを上げてくれているのに
それを今度は、違う受け取り方をしてしまい
変な所に行きついてしまうことも…。

そうしているうちに、メッセージのボリュームが上がりすぎると

ついていない…と感じることの連続
慢性病や身体的・精神的障害
不慮の事故

などに至ってしまうこともあります。

今回はこの「魂、もしくは内側にある源泉からのメッセージ」
について考えてみます。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆選択のワケ
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

「魂、あるいは内側にある源泉のようなもの」
は、「内なる神」なのですが、今回は話をわかりやすく「魂」と呼ぶことにします。

魂は、いつも私たちに何かメッセージをくれています。
私たちの意識が何かを決定するとき
その判断が間違っている時には必ず、魂が何かメッセージをくれています。

それはまぶたのピクピクなど
身体的なものかもしれませんし
なんとなくスッキリしない「感じ」かもしれないし
脱力感かもしれません。

そういう判断や決断が必要な時
あなたは何を、よりどころに、基準にしていますか?

相手がどう思うのか
この道を選んだら、結果はどうなりそうか
人に迷惑をかける事はないか
予測のつかないトラブルのリスクはないか
最終的に、それは自分に出来るのだろうか…

などなど、無数に判断の材料はありますが
これはほとんど外の基準です。

相手がどう思うかは、相手の基準なので、あなたの外側にあります。
結果がどうなるのかは、未来の事なので、今のあなたの外側にあります。
人に迷惑をかけるかどうかは、人の事なので、やはり、あなたの外側にあります。
予測のつかないトラブルやリスクも、外側にあります。

最後に、自分に出来るかどうか、だけが内側の問題になりえます。
これも、ひょっとすると外側の問題である事もありますが…。

これらは概ね、自分の外のことに意識の焦点があります。。
チャクラで言うと、第一、第二、第三チャクラまでしか生きていない状態。
という事です。
このように外に意識の焦点があるとき
私たちは内側の源泉・魂からのメッセージは、なかなか受け取れません。

何らかの異変に気づいても
まぶたのピクピクは、単なる疲れか寝不足のせいだと思うでしょうし
スッキリしない感じは、迷っているからしかたのない事だし
突然の外の物音は、単なる偶然だと思うでしょうし
脱力感は、栄養不足だと考えてしまうかもしれません。

このようなメッセージを媒介しない限り
あなたが外の基準に従って決断したことは
選んだ道がAであってもBであっても
なんとなく危ういもののように思います。

「なぜその選択をしたのか」という「動機・理由」に関わることと
「どういう選択をしたのか」という「内容」について考えることは
異なっています。

あの時が運命の分かれ道だった。
違う道だったら…
と思う事柄もあるかもしれませんが
それは「違う道を選んだら」という「選択の内容」のことなのか
「何故、どんな想いでこの道を選ぶのか」という「動機・理由」なのか…
という問題です。

そして選択の動機・理由が「あなたの外側」にあるものだとすれば…
あなたの魂はとても窮屈に感じるかもしれません。
逆に、それが「あなたの内側」にある理由だとしたら…
共時性や偶然が重なって、不思議な体験に結びつくほど
充実したものかもしれません。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆魂のメッセージ
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

魂からのメッセージを受け取る事が出来ずに、
焦点を内側ではなく外側にだけ置いていると
魂は、次のメッセージを届けるため、少しボリュームを上げて届けてくれます。

それは直接には

思わぬ所で転ぶ
大切な事を忘れる
何かを間違う
身体のどこかが痛い
咳やくしゃみ、しゃっくりなどが出る
何かが妙に気になる

というようなことかもしれません。

しかし、さらに
そんな出来事も全て「気のせい」「偶然」などで片付けていると

魂はすかさず、次のメッセージを
さらにボリュームを上げて届けてくれます。

風邪をひく
下痢や便秘をする
胃が痛い
肌荒れ
眠れない
起きられない
誰かに引っかかる事を言われる

メッセージがより身体的になってきます。
これは、私たち自身で
働き過ぎ、無養生、食べ過ぎ、などに原因を求めがちですが
それだけではありません。
働き過ぎだとして、そうなっているその背景には、どんな恐れが隠れているのでしょう?
無養生だとして、その背景には、自分へのどんな価値観が隠れているのか?
食べ過ぎてしまう場合、その背景には、どんなストレスが隠れているのか?
誰かに言われた事のどこにひっかかっているのか?
何かの根本があるはずです。

何が根本にあるのかと
問いかける事を止めなければ
あなたは魂からのメッセージを永久に受け取る事が出来るかもしれません。

とにかく毎日をやりすごそうと
働き過ぎはしかたがない、家族のためだし仕事は辞められないし…
無養生はしかたない、自分の事になどかまっている余裕もない…
食べ過ぎるストレスは分かっているけれど、それをどうする事も出来ない…

などと言い訳を作って
メッセージを深める事から逃げていると

魂はすかさず、さらにメッセージのボリュームを上げて届けてくれます。

健康診断でひっかかる
体重の急激な増加、減少
急性の病気
仕事やプライベートでのトラブル

ここまで来ると、少し真剣にならざるを得ません。
生活習慣を改めようと考える人もいらっしゃるでしょう。
違和感を感じますからね。
生活習慣という行動の部分を改める事で、
低い自己評価やマイナスの考え方のクセが浮上してくるかもしれません。
魂の声に耳を傾けて、本当の自分を発見していくための大きなチャンスですね。

身体や生活の不調に向き合うのが怖くて、
たいした事はないから、見て見ぬふりをして同じ生活を続けていると、

魂はすかさず、次のメッセージを少しボリュームを上げて届けてくれます。

大きな事故、
慢性病
大きなトラブル
何かの中毒

など、どんどんボリュームが上がっていきます。
魂は必死でメッセージを送り続け
私たちの方が、ついには無視できなくなるほど
大きな響きを与えます。

あなたの内側に吹く風 byハヌマーン神

そう考えると
全ての人生の不調・身体の不調には、何がしかの要因がある…
個人的には、そう確信しています。

最近では、それらの身体の症状が
どんなメッセージなのか解説する本が出ています。
確かに、著者の考え方感じ方によってメッセージに差がありますが
メッセージを受け取るための参考としては
良いものだと思います。

ただ単純に、個人的で多様なものですから
水虫は○○
胃潰瘍は△△

というような使い方はできないということです。
あなたの魂が発している個人的なメッセージを「こうだ」と
決めつけることは出来ません。

参考までに私が
いま持っているもので参考にしているのは

『病気が教えてくれる、病気の治し方―スピリチュアル対症療法』

『〈からだ〉の声を聞きなさい 2 – もっとスピリチュアルに生きるために』

『チャクラ 癒しへの道―新しい「健康」の発見』

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆カルマについての考え方
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

症状…という話をすると
では、生まれつきの病気や障害はどうなんですか?
と思う方もいらっしゃるでしょうし
偶然…と言っても
相手が全面的に悪い事故はどうなんですか?
という質問が聞こえてきます。

家の中で座っているだけで、車が突っ込んでくる事さえ、ありうるわけですから
自分の心に原因があるとは考えにくいかもしれません。

私の個人的な考えですが、それもまた
魂のテーマ・要求があって、何らかのアクシデントを引きつけている可能性はあると思います。
生まれつきの病気や、精神・身体的不自由も
魂のテーマ・要求として出てきている可能性はあると思います。
先天的なものはカルマが関係すると言われたり、
非常に進化した魂があえて選ぶのだと言う考え方もありますが
私もそんな気がします。

しかし「カルマは罰ではない」です。
第1~第3チャクラまででは、それは「罰」に感じられるかもしれないけれど、
第4~第8チャクラが活性化してくると
別なステージとして
それが「愛」であり「自由」なのだということが、理解できるのではないかと思います。

チャクラの事はまた改めて書かせていただきたいと思いますが
ただここでは、そういう考え方もあるとだけ受け取ってください。

どちらにしろ先天的な病気や障害は
本人だけに問題があるということはなく
関わる周りの人たちがそれをどう考え、どう向き合い、どう対応していくのか、
その過程で魂の成長に、大きく貢献できるのだと思います。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆内なるメッセージに応える
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

いずれにせよ、いかに初期の段階で
魂からのメッセージをきちんと受け取るか
これが大切になります。

上に書いたように、意識の焦点が外にあると
メッセージを聞き逃します。
聞こえているのに無視してしまう事もあります。

そのとき、意識の焦点を内側に向ける事と、
聞こえたサインを、それがどんなものであっても、細かに受け取って聞くこと。
それが出来るかどうかは、自分自身への信頼と勇気なのだと思います。

大地に手のひらを押し当てて byサナートクメラ

私自身も
サインを必ずしも受け取れてきたわけでなく
見て見ぬふりをしてしまったこともあります。
思い返すと何度も何度も、メッセージを受け取らずに
それが大変な事になった体験があります。
そんな経験は、なるべく、無くさなければなりません。
自戒を込めてお伝えします。

みなさんも、魂・源泉からのメッセージ、受け取ってください。
意識の焦点を、外ではなく、内側に向けて
自分の感覚を信頼して勇気を持って、受け取って行動してください。