量の稽古で開けるステージ

面白い言葉に出会ったので
ご紹介します。

ライスワーク=食べるための仕事
ライクワーク=好きな仕事
ライフワーク=この人生でする仕事
ライトワーク=周りの人や地球のための仕事

という言い方があるそうです。
確かに!!
うまいな~この表現、と思いました。

で、それぞれ次の段階に行くためには
それなりの学びの経験があると思いますが
特に、ライスワークからライクワークに移行するのは
最初で最大の難関かもしれません。

そのあたりのサポートを
これまで「アバンダンディアプロジェクト」でしてきましたが
今日は、ライクワークに移行した時、する時に
どんな課題がありうるのかを具体的に考えます。

正直に言います

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆ライクワークを目指すには
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

ライクワークに移行する時のポイントは
嫌いな事、やりたくない事をリストアップすることです。
好きな事をするといっても、急には難しく
「今までしてきた嫌いな事で、自分のエネルギーを無駄遣いするのはもうやめる」という
イメージから捉えると良いと思います。

現実的に、ライスワークも続けながら
徐々にライクワークに移行しようとしている方にも
同じく重要な事です。
ライスワークは、とにかく与えられた仕事をすることに意味がありますが
ライクワークは、好きなことと言うより、まずストレスになっている嫌いな事をやらない
という決断がとても大切なんです。

自分の中で「嫌いな事、やりたくない事」を徹底的に明確にしておいて
「やらない」という決心をしておかないと
いざというときに身動きができません。

やっぱり私には無理…
こんなはずじゃなかった…

なんていう事で悩み続けます。

ポイントは
「嫌いなこと、やりたくない事はやらない」とハッキリと決断する事です。
徹底的にリストアップすると分かりますが
内容によっては、それはやらなくても大丈夫、という事もあるし
それが得意な人にお願いしたほうがいい、という事もあるでしょう。

そんな風に振り分けたとしても
好きな仕事だけはできなくて
気づけば「嫌いな事だけど自分でやるしかない」
という事もありえます。

そういう時には、諦めるしかない場合もあります。
ただ、こう自分に問いかけます。

「これは嫌いな事でやりたくないけれど、その感情は横に置いて、
とりあえず、この仕事の中で今の自分に出来る事はなんだろう」
と質問する事で、感情と能力を分離させます。

そしてその感情があまりにも激しく抑えきれない場合は
誰か信頼できる方のセラピーやカウンセリングを受けながら進めるといいと思います。
仕事を通して成長し、自分の能力を発揮したいと望むなら
どこかの段階で必ず、カウンセリングやヒーリングが必要になると思うからです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆嫌いなことの考え方
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

もう一つの問いは
この嫌いな仕事をいま、私は与えられている。ということを
どう考えるかです。
そこに天からの深い愛があるとしたら… 天がなんらかの意図を持って、この事を私にやらせようとしているなら…
と考えることも可能です。

この問いに答えようとすれば
あなたは自分の内側に、深くもぐらなければなりませんが
この「問い」から逃げずに、深く探求し続けると
ライフワーク、ライトワークへの道が開けてくるような気がします。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆量稽古の意味
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

それと、ある段階では
「量の稽古」が必要になります。
これは自分の内側に問いかける以前に
こういうものだ、というのを知っていく段階です

ライクワークで生きていく事を夢見て頑張っていても、
・自分の実力のなさ、
・経験の浅さ、
・技術も知識も足りない、
という壁に必ずぶつかります。

それは「量稽古が必要」ですよ、というサインです。
いつか、量稽古をせざるを得なくなる事がきっとあります。
それは天が場を与えてくれていると考えて、必死でやってください。
まず、がむしゃらにやってください。

やればやる程、自分の実力のなさに打ちのめされたり、
失敗を重ねたりする事にもなるでしょう。
しかし、立ち止まらずにガンガンやるんです。
泣き言を言いつつも、どんどんやってください。
(泣き言を上手に受け止めてくれる相手がいると、さらに良いですが)

そのうちに、フッと量の稽古が楽になっている自分に気づくでしょう。
ホンの少し余裕のある自分になっているかもしれません。
今まで気づかなかった何かに気づいたり
さらに技術を深めるための問いが浮かぶかもしれません。
それが階段を一つ上がったサインです。

この階段を経なければ、ライクワークで生きていく事は出来ません。

たとえば、100という数字を、まず基準にしては
どうでしょうか。
100人の身体を調整させてもらう。
100個の作品を作る。
100枚の絵を描く。
100日続ける。
というように、目安としては100回くらいやると、階段を一段上がる事が出来ると思います。

まだお金をいただく前の段階の方も、
意識的に100回、真剣に取り組んでください。

量稽古の最中は本当に苦しいですし、終わりがないと思えたりもしますが
階段を上がった時の喜びは確実にあります。

ここはもう、覚悟を決めてやる段階です。

適齢期を過ぎた子供達が結婚しないのですが

もうダメかも…、私には向いていない…、と思った時にこそ「108回音読する元型」を
やってみてください。
一人で煮詰まってしまったら「メールdeカウンセリング」も活用してくださいね。