家系のテーマと魂のテーマは別です

家系のテーマと魂のテーマは別です

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今日は先祖供養の話題です。

時々、なんでも「霊障」が原因だ、という人がいて、
私的には、それはどうかな、、、、と思っています。

確かにある分野では、霊障が原因だったり、
ある疾患があると霊障になりやすかったり、
そういう体質だったり、

という事はあるのですが、

何かというとすぐに「水子」とか「先祖の霊が、、」
と言う人を、私は信用していません。

そういう切り口でしか世の中や世界を見られないのは、
そうとう偏っていると思うのです。

でも、自分の得意分野という色眼鏡を通して世界を見るのは、
誰でもしてしまう事ですね。

なので私はあまり霊障関係を扱いたくないのですが、
実は世の中には、霊障関係で悩んでいる方が多いのです。

ご本人が全く気づいていない事もあります。

という事も考えつつ、今日はご先祖さまと人生のテーマのお話をしますね。

私たちに与えられているテーマは、
二つに分類できます。

一つは魂のテーマです。
輪廻転生を繰り返しながら、魂が体験して学んで成長するために、
設定されてきた宿題です。

もう一つは家系のテーマです。
DNAの中に流れている、先祖代々のテーマというものがあるのです。

うちの父方の家系は、首から上の怪我が多いな、とか、
うちの母方のご先祖は、全員後家さんになっているな、とか、
夫婦仲の悪い親戚が妙に多いな、、とか、、、、

先祖代々の家系のテーマは、そんな風に現れます。

ちょっと考えてみてください。
父方の親戚と、母方の親戚って、雰囲気が違いませんか?
実は私の父方の親戚は、妙な人が多いんです。
悪い人ではないけれど、、、なんだか変だよね、、、という感じです。

それは多分、DNAの中にある何かだと思います。

家系のテーマと魂のテーマは別です