決断から導かれること

皆さん、こんにちは

今日は少し、自分自身の昔のことを話させていただければと思います。

私はフェアリーブルーを立ち上げる時
大阪市が主催していたネットショップ立ち上げのための6回くらいの講座に出て
そこで基本的な事を学びました。

その時の同期生が50名くらいおりました。
講座修了後に自主的に立ち上げた定期的な勉強会に参加したのが
そこから10名程度。

その中でネットショップで食べて行けている人は
私の予想では、私の他にもう一人です。

その一人の方は、実店舗があってそちらでしっかり稼いでいて
ネットでも…、という事で来られた方でした。

5年前に比べて、ネットショップの状況も変わってきて
今では誰でも、やろうと思えば、すぐに簡単に開業できるようになりました。
早ければ一日、少し時間をかけても1週間あれば
カート付きの立派なお店が作れるようになりました。
しかも安価です。

ですから、ショップの数自体はものすごく増えていると思います。
でも、ほとんどの人は食べていけないのが
実際のところで
残念ながらこれは事実です。

本業の仕事を持ちながらの週末起業が流行したりしたけれど、
これもかなり大変なことです。
趣味でしていて、売れなくてもいいのならそれでよいのですが、
これで食べていこうとすると、
売るための努力がかなり必要になります。
本業の片手間で出来るものではないです。

などという事を考えていたら、
なぜ私はうまくいったのだろう…
何がよかったのだろう…
と、振り返りたくなりました。

それはきっと、ネットショップだけではなく
何か自分の好きな事で起業しようとしている方には、
参考になる事があるのではないかと思い
書かせていただくことにしました。

最初に浮かんできたのは「運が良かった」ということであり
次に浮かんできたのは「決断力」です。

他にもあれこれ浮かんできているのですが、
今日は「決断力」について考えてみます。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆決断し続けること
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

いきなり結論めいた事を書きますが
どうも、ある状況で、決断し続けていると
能力値が上がるようなんです。

決断が正しかったかどうかに関係なく
状況の中で、決断し続けると
直感力もどんどん冴えてくるし
いい流れに乗れるようになります。

しかし、自分なりの決断をしないでいると
何かに流されるようになります。

流れに乗る事と(目的がハッキリしていて何かを決断している時)、
流される事は(明確な目的はなく、何も決められないでいる時)、
似ているけれど全く別世界ですね。

そして、そのような直感は魂からのメッセージですから
それを無視し続けていたらどうなるか…

それとは逆に、直感を信じて動く事をしないと
直感をキャッチする能力が退化していきがちです。

どうしても方向転換せざるを得ないような…
その人にとっては困った事が発生するかもしれませんね。

魂はあらゆる手を使って
あなたに気付かせようとするわけですから
事故や病気だけではなく
様々なアクシデントがメッセージとして送られてきているということだと思います。

1a

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆後悔はどういうイメージ?
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

私の母は、何かのたびにいつも
「後で後悔しないように決めなさいよ」
と言います。

後で後悔しても、後の祭りなんだから
最初によく考えて決めるように、ということです。

つまりあらゆる可能性を考えて
その先のリスクも考えて最良の選択をしなさい、
と言いたいのだと思います。

後悔する事は、とても悔しいし
イヤだし取り返しがつかない。
それをよく知っているからこその、母の言葉でしょう。

でも、実は私は、何かを決断する時に
「後で後悔しないように」と考えた事がありません。

私の判断基準は「後悔しないかどうか」ではなかったようです。
ですから、結局のところ、後で後悔した事は沢山あります。

あの時私がもう少し○○だったら…
あの時どうして私は○○出来なかったのだろう…

探せば限りなくあります。

でも、後悔している事を後悔していないんです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆チャクラを通じて考えると…
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

後悔したという事は
何かの決断(第5チャクラ)を
間違えたと思っていると言うことです。

何かを間違えた事のない人は
存在しないでしょう。

人は何度も何度も
様々な失敗や間違いを繰り返すものですね。

しかし、それに誰にとっても
絶対に正しい答えは存在しないのです。
そしてその人の価値基準によって、正解は変化していくわけですよね。

伝統や慣例を価値基準にするのと(第1チャクラ)
相手との力関係や損得を価値基準にするのと(第2チャクラ)
自分の好みや望みを価値基準にするのと(第3チャクラ)
ハートに問いかけた感覚、感情の快を価値基準にするのと(第4チャクラ)
インスピレーションを価値基準にするのと(第6チャクラ)

など
全く違う判断になりますよね。

例えば、この商品Aを仕入れるのか仕入れないのか
これはフェアリーブルーにふさわしいのかどうか
例えば、この人と結婚するのかしないのか
例えば、この本を買うのか買わないのか

どのレベルの価値基準で
それを決断するのかが、常に問われているわけです。

以前にも書いたことがありますが

AとBと選択を迫られた時
実は特に、こっちが正しい、という正解は存在しません。
あるとすれば
「どんな理由、どんな価値基準でそれを決めたのか」
という決めた動機・理由が一番大切なのだ、ということです。

それはもう少し詳しく書くと
どのチャクラのエネルギーを
価値基準にしているのか
そのチャクラのエネルギーを光りで使えているのかどうか、
という事なんです。

その時にどんな価値基準でそれを選んだのか
という事が、次の、その人の現実を
作って行くのだと思います。

家柄で選んだ結婚相手は
家柄中心の結婚生活が待っているでしょう。

収入や学歴で選んだ結婚相手は
そういう結婚生活が待っているでしょう。

好みや趣味が一致するから選んだ結婚相手は、
そういう結婚生活が待っているでしょう。

つまり、そういう事なんです。
それがあらゆる判断の結果としてついてきます。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆魂のレベルが重要な理由
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

そしてもう一つ。
何かを決断する時、どちらを選ぶのか決めなければならないとき、
多くの場合はどちらにもメリットとリスクがあることでしょう。

何かを選ぶことは、何かを捨てる事になってしまい
決断した事とその結果の責任は自分が引き受けなければなりません。

そのことが怖くて選べない方もいらっしゃいます。
そんな時って、よくありますよね。

そんな時「魂の望みは何だろう? それに従おう」という発想は
発想自体が間違っている事があります。

というのは
魂の声を聞く(第6チャクラ)ためには
まず、前段として

伝統や慣例を価値基準にする体験(第1チャクラ)、
相手との力関係や損得を価値基準にする体験(第2チャクラ)、
自分の好みや望みを価値基準にする体験(第3チャクラ)、
ハートに問いかけた感覚、感情の快を価値基準にする体験(第4チャクラ)、

を積み重ねて
失敗や後悔を積み重ねてきて始めて
魂の望みを聴く事が出来るようになるのだと思います。

決断とその結果を恐れて
何1つ自分で
決断(第5チャクラ)できない人が、魂の声を聴こうとするのは、
赤ちゃんに「F1に出ろ!」と言っているようなものです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆それでも間違えるときはある
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

決断を間違えた、失敗した…
と早々に自覚してしまったとき
あなたはどうしますか?

自分いじめが始まるのでしょうか?
私はいつもこうだ
私はダメな人間だ
これは元々、私に出来るような事ではなかったのだ
等々…

それとも、
あの人がああだったから…
あの時この人がそうしなければ…

と他人のせいにし始めるのでしょうか?

この状況になると「犠牲者元型」と「子ども元型」の大暴れですね。
それも妙に心地良いですから
それが好きな方はどうぞ続けてください。
ある程度やりきってしまわないと、
そこから抜け出せない…ということも、あると思います。

ものすごく当たり前の事を書いてしまいますが
もしあなたが、落ち込んでいる状態から抜け出したいなら、
「今、何が出来るのか」を考えましょう。

まずは、起きた事は全て自分の責任だ
と言い切ってしまいましょう。

その上で、たった今の最善は何でしょうか?
今、どんな可能性があるでしょうか?

創造力と想像力を駆使して、あらゆる方法を考え出しましょう。
その中から最善のものを選んで行動してください。

そして対策を講じた後は、今までの自分の価値判断の基準を、
見直すチャンスかもしれませんね。
1つの失敗のお陰で、あなたの判断基準はより精度が上がり、
あなたらしい物に作り込まれていくのでしょう。

・自分の価値観を育てる。
・それに従って何かを決断し、行動する。
・その結果を自分の人生として引き受ける。
・結果が気に入らなければ、価値基準を見直して新たな決断と行動をする。

書いてしまうと
これは、とてもシンプルな事ですね。
この積み重ねで、私たちは能力値がアップしたり
直感力がより鋭くなったりしていくのでしょう。
人生はより面白い活き活きとしたリアルなものに深化していくでしょう。

何も決断しないままに流される人生から
何かを決断して実行し
流れに乗る人生にシフトしてくださいね。

人生の不思議さや面白さを本当に感じるには、それが必要だと思います。

1b