実践できるセドナメソッド

みなさん、こんばんは

紹介させていただいた
『人生を変える一番シンプルな方法―世界のリーダーたちが実践するセドナメソッド』

のことで
少し補足をさせてください。

これはとても簡単で効果的なので、
今までも「豊かさとお金の器を大きくするセミナー」などでもご紹介して、
どんどん実践していただいています。

それで私も改めて本を見返したのですが
これをシェアしたらきっと役に立つかもしれない、という事を、
私のメモからご紹介しますね。

手紙を書こう

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆ワタシなりの抜粋
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆ 

・この方法は、シンプルな質問に「はい」か「いいえ」で答えてゆきます。

その時、考えずに直感的に答える、というのが1つのコツですが
「いいえ」でも全く問題ありません
かまわずに次の質問に行きます。
「いいえ」だったのに、ちゃんと解放が起きる事もあるそうです。

そして、少しでも出来そうな気がしたら「はい」でいいのです。

・「認める」は英語では「welcome」だそうです。
感情を感じる事の許可をする、というニュアンスだそうです。

・「手放す」というのは、握りしめている手の力を少しづつ緩めていくようなものだそうです。
だから、同じ質問のプロセスを何度も繰り返す…
ということでした。

・「いつ?」という質問は、
その感情を手放す事を試してみるのはいつですか?
という意味だそうです。

・「はい」なのか「いいえ」なのか分からない時は…
「はい」の気持ちと「いいえ」の気持ちの両方を感じていて、
「はい」と言う自信がない状態なのだそうです。

なので、そういう時には「はい」でいいそうです。
それで試してみて、また繰り返せばいいのですか

・過去の感情を再現する必要は全くない。
「たった今」出来る範囲の事をすればいい。
それが本当にかすかであってもいいということです。

・「手放したい」という気持ちが湧いてくるのは、「変えたい」と思っている事で、
それも手放した方がよいそうです。
「変えたい」と思う時、私たちはその感情を握りしめていて、
その裏には、自分には出来ないという不満があるそうです。

・ちゃんと解放出来ているのか自信がなくても、しばらく続けてください。
解放は大抵、劇的なものではなく、かすかな感覚でしかありません。
しかし、しばらく続けていると、人生の様々な場面が変化して来るのが分かるでしょう。

・身体の痛みや不調を直接扱う事は出来ない。
セドナメソッドは「感情の解放」なので。
ただ、その不調から来る様々な感情は、解放できる。

これ、私は体験があります。
痛みや不調のある時に、それにまつわる感情を解放したら
痛みや不調が十分の一くらいになる感覚を得ました。
不安や恐怖の感情が、症状を増幅させていたんです。

以上です。

私はこの技法に随分と助けられました。
そして今まで大金を払って学んできた技法は、いったい何だったんだ~~~っっっ
と思ったりするのです。
まあ、それなりのよさがあって、得た情報も貴重なものですが。

そして私は個人的には
このセドナメソッドで解放して、ホ・オポノポノをするのが好きです。
なんだかしっくりします。

あなたも余分な感情はガンガン解放してしまってくださいね。
穏やかで、暖かい気持ちに戻れます。
こころの自由が手に入るはずです。

自分磨き