OSの話

最近「仕事」「自分サイズ起業」の事を考え続けていて、
分かってきた事があります。

分かってみるとあまりに当たり前なので
「今ごろこんな事が分かったんだ…」と
自分で驚いたりしますが…

よく、異性は異星人だ、とお話しています。
女性にとって男性は、異星人です。
男性にとって女性も、異星人でしょう。

全く違う構造をしているので、
自分の基準で考えると、相手が分かりません。

なまじ言葉が通じるし、なまじ同じ文化なので
「言えば分かるはず、こうなはず」という空気のように当たり前だと思っている事が、
そもそも違うからこそ、驚いてしまいます。

私たち、酸素を吸って二酸化炭素を吐き出しているでしょう。
異性は、実は水素を吸って窒素を吐き出しているかもしれない、
だとしたら身体の構造も何もかも、全く人間とは違いますよね。

というくらいに異星人なんです。

それで
起業コンサルをしていて
「なんでだなんでだなんでだ~~~なんでそうなるの?」
と思う事が時々あるんですが(=^・^=)
その原因がちょっと分かってきました。

OSが違うんです。
OSという言葉を使うと、マックとウィンの違いで例えたくなるんですが、
異星人だと思った方がいいです。

でも、言葉として
「サラリーマン星人」とか「商売星人」とか言うよりも、
「サラリーマンOS」とか「商売人OS」とか言う方が
なんだか格好いいので
そうします。

というわけでこんな風に考えてみると、
サラリーマンOSとか、商売人OSとか、公務員OSとか、
職人OSとか、学者OSとか、色々ありうることになります。
もっと細かく考えていくと、セレブOSとか、修行OSとか、病気OSとか、
無限に考えられるんですが、

自分サイズ起業をしようとする時に一番問題になるのは、
「商売人OS」を持っているかどうか、でしょうね。

という事に気付いてみると、
いままでの
「なんでだなんでだなんでだ~~~なんでそうなるの?」
という疑問が、腑に落ちる感じがします。

OSが違うんです。
空気のように「当たり前」だと
それぞれが思うことが
意識もしていない事が、全く違うんです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆OSを身につける
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

私自身は、サラリーマンのOSしか知らずに生きてきたと思っています。
途中からしかたなしに「商売」の世界に入り、
「商売」という事に抵抗しながらも、「商売人OS」を身につけて、
案外楽しくやってきました。

生まれながらに「商売人OS」の英才教育を受けてきた方達とは、
きっとベースが違うし、
とても太刀打ち出来ません。

でもだからこそ、後天的に「商売人OS」を身につけるにはどうしたらいいのか、
が分かるつもりです。
つまり、後天的に学ぶ事が出来るんです。

という事で、それを学んでいただくコースを作りたくて、
うずうずしています(^_^)v

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆サラリーマンOSの特徴的なこと
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

まだまだ荒削りなので
いまの時点で思いつく事を書きます。
ちょっと違うものもあるかもしれませんが、こんな感じです。

・毎月決まった日に、決まったお金が入ってくるのが当たり前。
・与えられた中でやりくりして、余れば貯金する。
・給料は会社がくれる。
・仕事に見合ったお金をもらっているか、気になる。
・未来は安定している。
・休んでもある程度の給料がもらえる。
・すでに所得税が引かれているので、好きに使えるお金。
・与えられた事をこなして、余計なことはしない。
・会社の都合で転勤や移動になったりする→働く部署や場所は選べない
・誰かが責任を取ってくれる。
・専門分野の事が出来たらいい。
・会社のお金がどのように回っているのかに興味がない。
・一日8時間拘束されている。
・どの上司と仲良くなっていると得なのか考える。
・周りの空気を読んで動く。
・多少の不正など、細かい事は目をつぶる。
・この仕事をいつまでもするつもりはない。
・私に向いている仕事は、他にあるはず。
・雇われて働く。
・ヒマな時間は休憩する。

ざざっと考えると
ここら辺が思い浮かびます。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆商売人OSの特徴的なこと
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

こちらもまたまだ未完成ですが、
今、思う事を書いておきます。

・目に付いた商売の、一日あたりのお客様の数、一人当たりの単価、一日の売り上げ金額などを常に想像している。
・目の前のお客様をいかに喜ばせるか、常に考えている。
・言われた事から推理して、それ以上の事をして始めて仕事と言える。
・時間はお金だ。
・今の時期、人は何を求めているのか、常に考えている。
・今、売る。自分が売らなければ収入はない。
・売り上げは利益ではない。利益の計算を常にしている。
・本当に必要なものなら高くても買う。必要のないものなら安くても無駄遣い。
・お金に見合った仕事をしているか
・お金や節約や稼ぎ方について常に考える
・ヒマな時間は、普段できない事をする。
・仕事は自分で創り出す。

ずいぶん商売についての構えが違ってきますね。

錬金術師になりましょう

実はこれ、友人のSさんに協力していただいた部分が沢山あります。
Sさん、ありがとうございます(^_^)v

もしあなたが「こんな事もあるのでは?」と思う事があれば、
ぜひ教えてください。
もっと洗練させたいです。

そしてもう一つ思うのは、
芸術家・職人傾向の方のOSというのも重要なはずです。

いい仕事をしていれば認められるはず

というのがあるように思います。
芸術家・職人OSについても、気付くことがあればぜひ教えてくださいね。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆どういう方向に力が発揮されるか
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

ちょっとおまけです。
例えば頑張る時に、どの方向にエネルギーを集中させるのか、
OSによって違うと思います。

・サラリーマンOSの人が頑張るのは、
 上司に言われた事をちゃんとやること。

・商売人OSの人が頑張るのは、
 売り上げを上げること。

・職人OSの人が頑張るのは、
 よりよい作品を作る事。

などという風に
自動的に、プログラムされたように動きます。
現状から抜け出して目標を達成するために
「今、何が必要なのか」冷静に考える前に、盲目的に動いてしまいます。
だから頑張っても効果が出ないのです。

好きな仕事で食べていけるようになるためには、
どうしても「商売人OS」を身につける必要があります。
しかも高いバージョンで。

商売人の家に生まれたからと言って、
ちゃんと教育を受けているとは限りません。
じっさいには両親の商売人OSのバージョンがどうだったか、とか、
見ていた背中に何が書かれていたか、という違いもありますね。

必要なOSを学んで手に入れれば、
夢や目標にむかって歩む道が、より楽になるはずです。

多層