選ばなければいけないのに…

みなさん、こんにちは

先日、友人がステキなメールをくれました
その中で
「自分は何も諦めたくないんだ」と書いてくれました。

私もそういう傾向があるので
気持ちは分かります。
あれもこれもやりたい、欲張りなんです(^_^)v
だから、何も諦めたくはない

しかし、あるセミナーを受けたとき
その中でたまたま「選べない」という事がテーマになりました。

・そもそもAとBとを選べないんだ。
・だから迷って迷って、そこから動けなくなる。
・そう簡単には選べないですよね~

というような会話を聞いていて、
何かを選ぶとはどういう事なのか
ちょっとまとめてみたくなりました。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆選ぶ=諦める?
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

何かを選ぶ、という事は
基本的にそれ以外のもの全てを選ばない、
諦める、捨てる、手放す、ということになってしまいますね。

何か1つを選べば、その他の全ては選ぺない。

誰かと結婚すれば、他の人とは結婚できない
ブーツを選べば、サンダルは履けないし、
A高校を選べば、B高校には行けないし、

だから
何かを選ぶと他の全てを諦める必要があります。

私はダンスも英会話も行くわ。
みたいな場合は両方選べるんですが
でも、それに費やす時間とお金を
他の事に使う、という事は出来ないですよね。
同じ時間に
別の場所に存在する事は出来ないのですから。

そう考えると
やはり、どうしても
何かを選ぶと、それ以外の事は諦める必要がありますよね。

こんなはずじゃなかった

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆どうしても選べない
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

で、私たち、選べないわけです。

なぜ選べないのでしょう?

どちらが本当にいいのか
判断が付きにくいんではないでしょうか。

・Aを選んで、もしそれが失敗だったらイヤだし、
・Bを選んだ時の可能性も捨てがたい…
・Cを選んだ友人も、すごく輝いて見えるし、
・Dを選んだ友人は、また別の意味で本当にステキだし…

こういうことが日常で頭に浮かんでくると
選べませんよね~

なぜ選べないかというと、
1つは、失敗が怖い。
もう1つは、あなたの価値観がハッキリしていない。

これが原因のように思います。

「失敗が怖い」が大きなテーマになっている方は、
「いずみメソッド実践コース」に参加するか、
スカイプセッションをお勧めしますが

今日は、価値観がテーマになっている方のために書きます。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆自分に問いかける

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

ちょっと私事になりますが
私は仕事も家庭も
自分では「選んでいる」つもりです。
これはどちらも、どうしても捨てる訳にはいきません。

そして偶然ですが
家で出来る仕事を選んでいるので、
比較的、家にいる時間は長いです。

私は仕事と家庭と両方取ろうとすると
ものすごい工夫が必要になりました。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」
っていうことわざがありますよね。
まさにその通りでした。

でも、そこで、どうしてもどんな事があっても
二兎を追うことは諦められません。

なので、仕事のこの部分は諦める、手放す、
家庭のこの部分は諦める、手放す、

という作業を
何度もせざるを得ませんでした。

猛烈に仕事をしてもやりきれないと
スタッフに入ってもらっています。

何もかも全て自分でする、という選択を捨てて、
スタッフに入ってもらう、という事を選んだのです。

家庭の事でも
出来ない事が沢山出てきます。
それは無理してやるのではなくて、
やらない、という事を選んでいる部分もあるし、
あえて人に依頼する、という事を選んでいる部分もあります。

仕事と家庭を両方選ぶ
母親と父親を1人でこなす、
という選択はかなりハードなので、
その代わりに、手放さなければならない事が
とても沢山あったと思います。

そういう1つ1つの選択が
それがいいのか悪いのか
成功なのか失敗なのかは分からないけれど、
仕事も家庭も選ぶ、という選択をすると、
必然的にそうなりました。

そういう感じで
何を選んで
何を手放すのかを決めなければならない時
こんな風に自分に問いかるんです。

・今の私、今の家族にとっての最優先は何か。
・今、どうしても手放せないのは何か。
・今、どうしても大切にしたいものは何か。
・今、手放してもいいのは何か、お金で解決していいのは何か。

あなたはどうですか?
あなたにとって
今の最優先は何ですか?
ということを、問いかけるのです

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆選ぶ練習をして行く
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

とは言いましたけれども、

「自分の今の最優先は何か」に
即座に答えられる人など
非常に非常に少ないと思います。

そもそも
それに答えられるくらいなら、
何かを選ぶ時に苦労したりしないはずですから。

でも、これはとても大切な事なので
諦めないでください。
すぐに答えが出なくても
とにかく、考えてください。

そして仮にでもいいので
何か1つを選ぶ、という事をしてみましょう。
他の選択肢を捨てる、という事をしてみるということです。

どうしても、まず
選んでみないと、先に進めないんです。

自分の判断で選ぶ、自分の判断で何かを諦める
という作業の積み重ねこそが
他でもない「あなた」を作るのですし
「あなたの人生」そのものになって行きます。

だから、小さな物からでいいですから
「何かを選ぶ」という事を意識的にやってください。
練習のような感覚です。

例えば友人と入った食堂で、どんなメニューを選ぶのか、
選べなくて友人に会わせていないか、
というような小さな所から、自分チェックをして、

「たった今の自分は、何を食べたいのか」

と自分に質問して、
「意識的に選ぶ」練習をしてみてくださいね。

活用

追伸

自分サイズの小さな起業、小さな仕事を夢見ている方は、
もし本気で独立して仕事をしたいと思うなら、「選ぶ」能力がとっても必要です。
毎日が「選んで実行する」の連続ですから。

なので、特にそういう方は
上記の練習を重ねてくださいね。