身体から聞こえてくる

みなさん、こんにちは

最近、気温も下がり
体調を崩していらっしゃる方が多いので
今日は身体の事を少し書きます。

体調を崩すには
そういう環境の影響も勿論あるのですが、

基本的に
身体症状は全てメッセージです。

自分にウソをついていたり、
自分をいじめていたり、
私たちは多かれ少なかれしてしまいます。

そんな時こそ
必ずメッセージは届いています。

最近では心療内科の数も増えて
心身症も認知されてきましたので。
こういう病気は心身症の可能性がある
と言われていたりします。

が、私は個人的には
すべての身体的不調は心身症ではないかとさえ、思っています。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆身体は何を伝えているか
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

周りで起きる事は全て、自分の鏡である。
自分がしている事を見せられているだけ。

という鏡の法則がありますよね。

最近やたらにこういう人がいて…
とか、
いつもこういう事になる…
という話も
突き詰めると
自分自身がそれをしているのだよ、というメッセージです。

同じように身体の法則もあります。
身体症状はすべて
人生のどこかの部分で自分自身にウソをついていたり
自分を許していなかったりしている時のサインです。

何か、魂から見て間違っている事をした時には
最初は直観が働いて
かすかな小さなサインをくれるものです。
それは違うよ、間違っているよ、と。

でも、それを無視していると、
周りの人が鏡として現れて教えてくれるかもしれません。

そして今度は
身体に溜まったマイナスのエネルギーが限界まで来ると
身体症状として表れるように思います。

直観の段階で
すぐに気付くのが理想ですが
いつもいつもしてしまっている事は
身体症状が出ている事が多いです。

でも、それを悪いと思う必要はないですよ。
あなたが悪い事をしているから
身体が壊れるのではありません。

あなたを愛しているから
なんとか聞いて欲しくて
あなたの心に届く方法を探している内に
身体症状になってしまう、という感じです。

その、聞いて欲しがっている言葉、受け取れたらいいですよね。

思い付き、それとも

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆自分に聞いてみる
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

という事で、考えるヒントです。

これはあくまでもヒントで
全ての答えがこの問いから得られるわけではないです。

でも、一度、考えてみるといいです。
きっと何か感じる事があるでしょう。

1、その病気があるお陰で、得ている事はありますか?
2、その病気があるお陰で、避ける事が出来ている事はありますか?
3、その不調が出ている場所はどこですか?
 それは何をする場所ですか?

それぞれ、ちょっと詳しく見てみましょう。

1、その病気があるお陰で、得ている事はありますか?

これは疾病利得と言います。
逆に、その病気のお陰で、

みんなに世話を焼いてもらえる
大切にしてもらえる
注目を集められる
周りの人が自分の体調に合わせてくれる

というような事です。

2、その病気があるお陰で、避ける事が出来ている事はありますか?

これは、自信のないテストの前に風邪を引こうとして頑張った
なんていう体験がある人はいませんか?
それに繋がるものです。
その病気のお陰で、

面倒な役割から外して貰える
嫌いな人と会わない口実になっている
働かないで済んでいる
何かの言い訳ができる

という事はありますか?

3、その不調が出ている場所はどこですか?
 それは何をする場所ですか?

例えば喉に出ているとしたら、
喉は、食べ物を飲み込む場所、
呼吸をして空気が出入りする場所、
言葉が出てくる元なので、表現の場所、

なので、これをそのまま心に当てはめてみます。
何か飲み込めないような事がないか、
呼吸がしにくいにうな、行き詰まるような事はないか、
言いたいのに言えない事はないか、

という風に考えます。

例えば足に出ているとしたら、
足は歩くためのもの、
自分の身体を支えるためのもの、
走ったり止まったり、スキップしたりするもの、
何かを蹴飛ばす事もできるもの、
ですね。

なのでこれをこのまま心に当てはめて見ます。
少し大きく捉えれば
自分の人生を歩く事に躊躇がないか、
自分自身を支えられないと思っていないか、
スピードのコントロールや動き方に不安はないか、
ノーと言えているか、

などなどです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆典型的なものも、いくつか
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

それからとても簡単なものもありますね。

頭痛がする時は
大抵頭痛の種を抱えているはずです。

肝臓は怒りに関係しているし、
腎臓は恐怖、
肺は悲しみに、
心臓は喜びに関係しています。

皮膚は他者との境界線や
人にどう見られるかに関係しています。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆これが絶対ではない
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

とは言えど
やはり繰り返しますが
こういう知識を断定的に使わないでください。

「こういう説があるらしいけれど、自分に当てはまるかしら?」と
自分に問いかけてみてください。

「もし仮に私もそうだとしたらどうだろう?」
というように。

今回ご紹介した問いで
随分たくさんの方の謎が解けると思います。
でも万能ではありませんから。

生まれる前に決めてきた事や、
霊的な必然性のある事は、この問いでは分かりません。

だからこそ「参考」に止めてくださいね。

ただ、霊的な必然性のある事でも、
それがどの部分に現れているのか、は、
謎解きをするのにかなり参考になると思います。

流れ

こういう分野に興味のある方にお勧めの本があります。

リズ・ブルボー「自分を愛して! 」です。

この本も万能ではないです。
ちょっと違うかも…
というような部分もありますし、
霊的な部分は、かなり軽い分野の事しか出てきません。

でも、一冊あると案外楽しめますよ。