自由を考えたい

ちょっと漠然としますが…

最近、自由についての本を何冊か読んでいます。
それはかなり理論的というか、政治の話しとかが出てきて、
私にはちょっと難しいです。

で、私の専門分野は「こころ・魂」ですので、
外界の事は他の方にお任せして、
内界の「自由」についてちょっと考えてみます。

「お気楽生活入門」という文章を、
メルマガの冒頭に常に掲げていた時期があります。

ちょっと飽きてきたので今は出していないのですが、
その文章のサブタイトルが、
「お金と時間とこころの自由」というものです。

大好きなので、久しぶりですし
ここにちょっとご紹介しますね。

———-

 お気楽生活入門~お金と時間とこころの自由

 愛する人といつも仲よしで
 行きたい所に行きたい時にサッと行ける、
 時間とお金の自由があって、
 もちろん健康で美しい身体をキープして、
 ストレスがあっても、そこから成長していける、

 自分のしている仕事が大好きで、
 それはグレイトスピリットからの贈り物だと思える、
 イヌのフレンドシップとネコの気ままさを持ち、
 いつも好奇心いっぱいで、
 世の中のステキな事や不思議な事に出会える、

 そしてもちろん、日常の生活を大切にしている。
 こんな生活をありがとうヾ(^∇^)♪

————

フェアリーブルーを立ち上げた当時の言葉ですが、
私は今でもこれが大好きです。
こういう自分でありたいと願っています。

で、簡単なようで案外これは難しいです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆こころの自由
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

ところで「自由」って具体的にどういう事でしょうか?

政治や外界の事はちょっとパスさせてください。
今回は「こころの自由」に限定します。

こころの自由とは…

・他者あるいは内面にある自分の分身によって、
・無理矢理自分の思いを曲げられたりしない事。
・どんな思考や感情も、今そこにあることを認められている事。
・自分に関する事を自分で選択して決断できる事。
・選択肢が複数ある事。
・イヤな事に対して「ノー」と言える事。

こんな感じでしょうか?

仮にこれが
「こころの自由」だとしたら、
あなたにはどのくらいの「こころの自由」がありますか?

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆第1フェーズは自由ではない
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

今回は「自由」について、随分以前にご紹介した理論、
チャクラと3フェーズ理論を絡めて考えてみます。

私たちのチャクラは、
繰り返して書いてきましたが
下の第1チャクラから上の第七チャクラに向かって
成長進化してゆきます。

第1~第3チャクラは、第1フェーズです。
第4~第6チャクラは、第2フェーズです。
第7チャクラが第3フェーズです。
人はこの順番で成長進化してゆきます。

第1チャクラが優勢な時には
「自由」はほとんど存在しません。
なぜなら、第1チャクラというのは、集団のエネルギーだからです。

この集団、例えば○○家のために○○会社のためには、こうするのがいいという決断です。
1人1人がどうか、ではなくて、会社や家系やといった集団にとって、
何が一番いい選択か、がテーマになります。

個人的にどう思うとか好きとか嫌いとかは問題外です。
だからここに自由はありませんね。

第2チャクラが優勢になると、1対1の関係が始めて生まれます。
他者との個人的な関係で、どうやって自分が優位に立つか、
どうやって自分のニーズを満たすか、がテーマになります。

なので、相手の顔色を伺ったり、きょろきょろ動向を観察したりして、
有利な方に動こうとします。

他者との関係の中でのパワーバランスが全てですから、
ここでも「自由」は存在しないと考えてよいでしょう。

第3チャクラになると
始めて「自分」という存在が芽生えてきます。
自我を構築する場所ですから。

なので、第3チャクラの後半になると、
第1チャクラ、第2チャクラの不自由さから逃れて、
自分の好み、自分の趣味、自分が好きな何か、というように、
個人としての自分を考えるようになります。

両親の強い禁止に従わなければならないなら
不自由ですよね。
過去の自分の失敗体験に縛られて
思考や行動を制限されているとしたら、
それもまた、不自由ですよね。

未来の不安に動かされて
何かを避けるために行動するとしたら、
それも不自由ですよね。
あなたの行動や思考の中心にあるのは
あなた自信ではないのですから。
不自由です。

これらは全て第1フェーズの呪縛です。

ここまでの第1フェーズには、
ざっくり言ってしまうと「自由」はありません。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆第二フェースで育む自我
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

第4から第6チャクラまでは
第2フェーズです。
第3チャクラで芽生えた「自我」を育てていく時期になります。

なので、自分の好み、自分の趣味、自分が好きな何か、というような事を、
自分らしいやり方で確立してゆく時期です。

でも今、自分が好きだと思っている事が、
本当に自分のオリジナルなのかどうかは分かりません。

やりたいと思っている仕事が、

・親からの影響ではなく本当に自分がやりたい事でしょうか?
・大好きな色は、本当にオリジナルであなたが好きなのでしょうか?
・小さい頃に誰かに言われた事が影響しているかもしれませんよね。
・あなたの価値観は、誰かに影響を受けていませんか?
・影響を受けて知るとしたら、それは自由に自分で選択したものでしょうか?

もし怒りや悲しみ、憎しみや恨みなどの感情が
常にあなたを動かしているとしたら、
不自由ですよね。

こうあるべきだ、こうしなければ
などという思考が常にあなたを動かしているとしたら、
やはり不自由ですよね。

あなたを動かしている何かは、あなた自信ではないのですから。

それでも第2フェーズの不自由さを解放して手放してこられた方なら、
ここには「自由」を求める姿、多少の自由を手に入れた姿があります。

身軽に

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆それ以降は?
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

第7チャクラに行くと、実は又、自由はなくなります。
第6チャクラにもそういう意味がありますが、
生まれる前の契約にそって生きる事とか、
天からの呼びかけに従った生き方をする事とか、

「我」を越えた何者か
自分をはるかに超越した何者かに帰依するエネルギーですから、
天や魂が望む生き方をしてゆく段階になります。
ここにもいわゆる自由はありません。

自由というものの質が
全くことなったものに変容するのかもしれません。

なぜならこの段階の方は、自由が欲しいとは言いませんから。
なのに非常に自由な生き方をしているように感じられます。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆自由は意外と…
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

こう考えると
実は、自由ってあんまりないんです。
多分自由というのは
第3チャクラを中心としたテーマなのでしょうね。

と客観的に書いてみても全然面白くないので、

せめて私たちは、過去のトラウマからの自由や、
親の意向からの自由や、
自分を突き動かす強い感情からの自由や、
ねばべき思考からの自由や、
アルコール、煙草、依存、他者の目からの自由を…!

もっとしっかりと手に入れたいものです。

自由