カルマは解消される?

今日はちょっと重いかもしれないテーマです。

カルマについては
色々な事が言われていますね。

とある「S」さんだったと思うのですが、
何か嫌な事を言われたり体験したりした時には、
それで前世のカルマが解消しているのだから
感謝したらいい、
というような事を言われていたと思います。

カルマはよき事と悪い事と両方があるとも言いますよね。

よき事をすれば、それはよき事として返ってくる。
悪い事をすれば、それをされた相手と同じ体験をする。
そうやって両方の体験をする事で進化してゆくのだ
というような考え方です。

これって
「やられたらやり返せ」みたいな感じがするのですが、
魂は、肉体を持った状態で両方の立場を体験したい
という考え方もあるそうで
何かをやる立場と
それをやられる立場
その両方の体験が必要なのだとか。

という説もありますよね。

そして「カルマを解消する」というのは
仏教系の文化では大切な概念です。
どうしたらカルマって解消できるのでしょう?

自分が過去世でしてしまった事を
される立場を体験すれば、
それで解消されるのでしょうか?

あなたはどう感じ、考えていますか?

チャクラ

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆Tさんのこと
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

いずみメソッドに来てくださった T さんが、
面白い体験をされました。
その事をシェアしてくださったので、引用して
ご紹介します。

……………………………………………………

小学校六年の遠足で鎌倉に行きました。
その時鎌倉宮に行って、護良親王が閉じこめられていたという土牢
(これは復元したものだそうです)を見て、
とてもショックを受けました。

その夜はなかなか眠れず
作文にも護良親王のことを書いたのを覚えています。

そして、何十年もたった今年の七月に、行く予定はなかったのだけれど、
前から行きたかった鎌倉のお寺の近くに鎌倉宮があったので、恐る恐る行きました。

土牢はやっぱり怖かったです。
そして、今回わかったことは、
土牢に閉じこめられていた護良親王を殺したのが
淵辺(ふちのべ)何とかという武士だったということです。
F 氏は神奈川県の淵辺という所の領主で、
淵野辺(今はこう書きます)は私の父の実家がある所です。

私が幼い頃、父と母が一時期別居していて、
私は父と兄弟と一緒に淵野辺に住んでいました。
私はとても寂しくて、淵野辺という地名は私にとって辛いイメージがあります。
そして父方の祖母は私達には笑顔を見せたことがなく、
「淵野辺のおばあちゃん」も私にとって怖い人でした。

これらのことと
私が土牢を見て怖がったことに関連性があるのではないかと思いました。
そして、セミナーで解放していただいたのです。

その後、わかったこととしては、
F 氏の下の名前の文字に私の前夫の名前が入っていたこと。
(前夫も私にとっては怖い人でした。)
護良親王が
私が数年前から関心を持っていた中臣鎌足と同じ物部氏の側の人間だったということです。

……………続きです

祖母についてはセミナーで解放していただいて、
怖い人というイメージは消えていると思います。

元夫にたいしてもある時ふと、「かわいそうだったなあ」と思って以来、
怖いと思うこともなくなりました。
以前は電車の中で会ったらどうしようと、
元夫が住んでいる駅に電車が止まるたびにドキドキしていました。

そして、これは数年前からなのですが
淵野辺についても、職場のとても感じのいい人の実家があったり
教え子で、私を精神的に支えてくれた子が淵野辺にある大学に受かったりで
イメージは変わりつつあります。
解放の準備が始まっていたのですね。

それと、さっき書き忘れたのですが
F 氏は竜を退治したという伝説があるのです。
竜の頭が落ちた所に建てられたお寺が竜頭寺、胴体が竜胴寺、しっぽが竜尾寺です。
父の実家のお墓は竜胴寺にあります。
そして私は T です。

T という名は、父方の祖父からもらった名前です。
その祖父は42才の時、当時住んでいた鎌倉で亡くなっています。
なんかゾッとしますね。

F 氏については、護良親王を逃がしたという説もあるのですが、
私の恐怖感から考えると、やっぱり殺したんだと思います。

……………………………………………………

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆プログラムがある?
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

うーん
こんなお話をお聞きすると、前世とかカルマとかいうものは、
存在するのだな、と改めて感じますよね。

そして今回 T さんが鎌倉に行き
何十年ぶりかで土牢を見たという事には、
かなり深い意味がありそうです。
私ではなくても
その時代の過去世のカルマを解消する課題が
T さんにはあったと推理できるでしょう。

別居や離婚やという体験をされる方はとても多いと思います。
そして普通は、

・なぜ夫と別れる事になったのか、
・誰が何が悪かったのか、
・なぜおばあちゃんはあんなに怖かったのか、
・両親はなぜ別居したのか…

と考えたくなりますよね。
それでつい、悪者探しをしてしまう。

でも、こんな体験をすると
そういう次元ではなく、
全く違う次元から
起きた事を考え直さなければならなくなります。

T さんが前のご主人と出会って結婚した、という事は、
多分生まれる前からプログラムされていたのでしょう。

T さんが誰の子供として生まれるのか、
誰と結婚するのか、
どんなサポートがもたらされるのか、
壮大なプログラムがあったのでしょう。

そして、 T さんは今回
それをクリアにする事が出来たのだと思います。
これが「カルマを解消する」という事ですね。

ちなみに T さんは、この事をオープンにさせていただく許可をいただいた最後に
こんなメールをくださいました。

……………………………………………………

このいずみさんとのメールのやりとりの中で気づきましたよ。
私がいかに人に対して怖れを持っていたかということを。
その怖れの原因の一つが
F 氏であり、その怖れがたくさんのネガティブな出来事を引き寄せていたんだなあと思いました。

今職場にいるのですが
部屋の中に日頃、「苦手だなあ」と思っている人と二人きりなのです。
でも、さっき普通に話せました。
解放の効果は早い。
今回もいずみさんに感謝です。

……………………………………………………

素晴らしいですよね。
この不思議な体験を通して、
人に対する怖れに気付いた事、
そしてそれが手放せた事、
素晴らしいです。

こんな風にして人生が進化していくのですね。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆私のカルマ
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

今度は私の例です。

カルマという事について、私は二つ体験をしました。
一つは父とのカルマです。
父が亡くなった時に、父とのカルマは全てキレイに解消されました。
それまでにも少しづつタマネギの皮をむくように少しづつクリアになりながら、
最後の総仕上げは、死の瞬間でした。

もう一つは子供との関係です。

書いてしまいますが、
私と私の子供A子の間にも
何とも言えない複雑なカルマが存在していました。

A子がアスペルガー症候群という生まれつきの病気を持っている事に、
つい最近まで私は気付きませんでした。
それが事をさらに複雑にしてしまいました。

A子と一緒にいるのは、私にはものすごく難しい事でした。
普通の子供とは全く違う反応をするし、
とにかく難しい子供でした。
そういうやっかいさを横に置いたとしても、

A子は私には辛い存在でした。
A子の何でもない事が
私にはひどく強烈に耐えられない事として感じられるのです。

我が子ですから無条件に可愛いのですが、
同時に無条件に憎くて憎くてしかたがないという感情が湧いてきます。
その、湧き上がる感情に見合うような現実的な出来事など、
どこにも存在しないのに、嫌いだ憎い許せない…
という感情を手放す事は出来ませんでした。

この子とは本当に色々な事があったのですが(現世も過去世も)、
今回それは長くなるので省きます。

で、子供に対して根拠無くそのような事を感じる自分、
母親としての自分も許せなかったです。

そんな格闘の中で
少しづつA子に対するマイナス感情を手放して行きました。
いずみメソッドも勿論日常的に使いましたが、
手放しても手放して
つきることなく湧いてくるものがありました。
そして沢山のヒーラーさんの助けもあり
ホンの少しづつA子を受け入れられるようになっていきました。

そして1か月ほど前
ふと気付くとA子へのマイナス感情が無くなっていました。

もう私の中に、A子に対する憎しみも怒りも恨みも
何も存在しなくなりました。
私の中をどう探しても、かけらも無くなりました。
ただ、この子が私の子供として存在してくれているという
いとおしさだけが残りました。

A子との過去世は沢山あります
本当にステキな楽しいものと、おぞましいものと両方あるようなんですが、
そのおぞましい方が消えたのだと思います。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆解消されることだってある
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

そんな体験から、私はこんなふうに考えています。

父とのカルマは父が亡くなった時に、
A子とのカルマは、1か月前に、
キレイさっぱり消えて無くなりました。

これが多分、カルマを解消する、という体験だと思います。

私にとっては、
やってしまった事を今度は自分がされる、
その体験だけでは次に進めなかったです。
多分それは皆さんもそうなのではないでしょうか。

やってしまった事を今度は自分がされる。
それは鏡の法則でもあるし、因果応報でもあります。

そのレベルでは
痛みや苦しみ、憎しみや恨みが残っていきます。
下手をするとそれが更にカルマを
雪だるまのように膨らませてしまう可能性が大きいように思います。

カルマを解消するには、解消して次の次元に行くには、
また別の何かが必要です。

よく「乗り越える」とか言う言葉を使ったりしますよね。
そのカルマを乗り越える
課題を乗り越える
とか表現されたりしますが、
具体的に「乗り越える」って、どうすることなのでしょう?

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆乗り越え、を、どう考えるか
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

それは私の感覚で言うと、

・たった今の瞬間に居続ける事・やりきる事

という気がします。
その苦痛の中にいて、その苦痛の中に居続ける事。
もがいて苦しんで悩んで、それをやりつくすんです。
果てしなく続く地獄にいるような気がするのですが、
それでもその中に留まり続ける。

・そんな事はムダだから違う事を考えるとか、
・それを回避するために工夫するとか、
・諦めて居直るとか、
・感じないようにするとか、

ではないんです。

それらは解決策を探しているように見えるのですが、
実は「逃げる」事です。
その瞬間から逃げようとして、もがいている姿です。

そうではなく
「たった今に居続けてやりきる」事だと思います。

苦しんでいる最中の方にこういうお話をすると、
「だったら、いったいどうしたらいいんですか? 具体的に?」
という質問がよく返ってきます。

その方の苦しみは私も体験して来たことなのでよく分かるのですが、
どうもうまくお返事できない部分でした。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆苦痛と救い
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

今日、この文章を書いてみて思うのは、

こういう時には「何かをする」のではなくて「そのままでありつづける」んです。
苦しみのままに、そのまっただ中に居続けて、
たった今の苦しみを味わい尽くすんです。

やってみれば分かりますが、
本当に「たった今の苦の瞬間」にいる時には、苦痛は殆ど感じません。
痛みも怒りも恨みも、何もなくなります。

不思議ですが、「たった今」というのはそういう瞬間です。
地獄のまっただ中だと思っているその瞬間のその場に、
何もない穏やかなスペースが存在し始めます。

これは少し練習が必要だと思います。
私たちは苦痛から逃げる事になれてしまっているので、
苦痛の中には苦痛しかない、と信じ込んでいます。

実際には、苦痛のただ中にだけ、救いが存在します。

勿論、いずみメソッドも効果があるし、
ヒーリングセッションも沢山受けたらいいと思います。

でも、本当に味わい尽くして準備が出来ないと
終わりにはなりません。
いずみメソッドやヒーリングセッションは、とても助けになるけれど、
あなたに代わってあなたのカルマを解消する事は出来ません。

あなたに代わって
あなたの「たった今の苦痛」の瞬間にいる事は出来ません。

舞台設定が準備されていて、様々なあなたの道のりがあり、
悩み迷い、サポートも現れて、そして時期が来てカルマが解消される。
それは努力やコントロール、希望や絶望の彼方にある
命のエネルギーの流れのようなものです。

そしてそれをやりきると、明らかに次元が変わります。
私は、パラレルワールドの
今までとは違う次元に移動したのかな、
という感じがあります。

人生の舞台設定は変わらないように
見えるのに何かが大きく変わるのです。
日々起きる事はそんなに変わらないのに、
何かが明らかに違う、そんな感じです。

私の場合は、父が無くなってから母が全く別人になりました。
母は同じ母なのですが、どこか別人なのです。

そして少しづつ
新しいステージの新しい出会いやチャンスがやってきます。

その感じ方は人様々だと思うのですが、
私はそう感じます。

T さんもきっと
次のステージの新しい出会いやチャンスを体験している事と思います。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆神様に
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

以前にも同じ事を書きましたが、繰り返します。

もしあなたの子供に
先天的な病気があるとしたら…

それはあなたとのカルマを解消するために
その子がわざわざ持ってきたものです。
その子は、そうとうの覚悟をして、あなたの元にやってきたはずです。

先天的な病気でなくても、
あなたにとって困る傾向があるなら、同じです。

それは受けて立つしかない課題だと思います。

ちょっとぱくってみました。

神様。
逃げられる事からはさっさと逃げ出す行動力と、
逃げられない事は受けて立ち、その瞬間に居続ける勇気と、
その二つを区別する知恵を私にください。

私も祈ります