男って、、、、、その3・仕事か家庭か

男って、、、、、その3・仕事か家庭か

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

急に冷えてきたな、、と思ったら、北海道では初雪だとか。
冬に向けて着実に変化しているんですね。

さて「男って、、、」シリーズの3回目です。

まず前提を。
毎日しつこいのですが、すごく大事なのです。

大前提は、男女は

「分かり合えない」
「共感できない」
「理解は出来る」

です。

男性に「わかって欲しい」と思うのが間違いだ、
とお伝えしてきました。

男性とは、恋人、父親、男兄弟、息子、男性の上司、
男性の同僚、男性のクラスメート、

などなど、とにかく男性全員の事です。

今日のお題は「仕事か家庭か」です。

男性性が高くて、精神的健康度の高い男性は、
仕事が大好きな方が多いです。

男性性が高くて、精神的健康度が高い男性は、
普通は仕事人間になります。
そして何よりも仕事が楽しいし、成果をあげたいし、
給料をたくさん稼ぎたいのです。

仕事ばかりしている夫に向かってのおきまりの質問、
「仕事と家庭とどちらが大切なの?」
「家庭(子供や妻である私)の事を少しは考えてよ」

これらは、まともな返事が不可能な質問です。
男性に質問しないほうがいいです。

なぜなら、男性の脳みそは、家庭よりも仕事の方が価値観が高いのです。

男って、、、、、その3・仕事か家庭か

マイホームパパやイクメンの方達もいますが、
恋愛中にはとてもマメになる男性もいますが、
男性の脳みその基本は「世界で一番価値があるのは仕事」なのです。

これは、
あなたに対して愛がないから、ではないし、
家庭なんてどうでもいい、でもないし、
子供が可愛くない、わけでもないのです。

単に、男性の脳みそは「仕事が一番価値がある」という「構造」をしているのです。

だから、子供のPTAのゴチャゴチャした話なんて聞きたくないし、
近所の人たちがああしたこうした、なんてどうでもいいし、
妻が髪型を変えたとか、ネイルサロンに行ったとか、
もう、どーーーーーーでもいいんです。

だって自分の仕事に関係ないから。

だから、いつもあなたの話を生半可にしか聞いていないし、
新聞読みながら、テレビ見ながらしか話さないし、
何か質問しても、あなたが納得するような返事は来ません。

男性の脳みそはそう出来ています。

あなたの夫が特に冷たいとか、特にあなたに無関心とかではなく、
男性の脳みそは、そう出来ています。

でも一つだけ間違えないでください。

男性は、妻や子供のために働いているんです。
妻や子供がいるから、頑張れるのです。

男性が愛を表現する方法が、仕事や給料なんです。

「誰が食わせてやっていると思っているんだ」
と言われて屈辱的な思いをした、
という事があったとしたらそれは、

「俺の愛情表現は仕事で稼ぐことで、それ以外の表現を知らないんだよ。
だから一生懸命働いて給料を持ってくるんだよ。」

という意味なのです。

男性の基本的価値観の最上位は「仕事」
そして妻や子供への愛情表現で「仕事」を頑張って「給料」をもらってくる。

男性とはそういう生き物なのです。

それを分かってあげてくださいね。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>
家族のために働く父親との絆を深める、ファミリーエナジー
https://www.fairy-blue.com/product/853/
>>>>>>>>>>>>>>>>>>