苦労と努力の違い

苦労と努力の違い

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今日はちょっと考えた事をシェアします。

努力と苦労ってどこがどう違うのでしょう?

ちょっと似ている気もするけれど、
違いますよね。

起きている出来事が全く同じでも、
ある人は元気にそれに立ち向かい、
ある人は眉間にしわを寄せている、、、、
という違いかもしれませんね。

努力は自らするもの。
何か目標があって、その達成のために、
積極的に自分から向かっていく事ですよね。

苦労と言われるものは、
運命から与えられるもので、やりたくないけれどせざるを得ないもの。
出来れば変わってほしいし、逃げ出したいと思うもの。

したくないけれど、せざるを得ないので渋々やっている事って、
時々ありますよね。

誰かに押し付けられた仕事、
断れなくて仕方なくやっている事、
自分の考えや方針に反するけど、それが言えない事、
自分のキャパを超えている状況、

などが考えられますね。
なかなか辛いです。

昔の人は「苦労は買ってでもしろ」と言いました。
その「苦労」とは、困難な状況の事を言うのでしょう。

それから逃げ回るのではなく、
積極的に取り組んでいけば必ず、自分に力がつくからです。
自分に力がつけば、人としての器も大きくなり、
仕事も大きくなり、収入も大きくなる事を、
経験的に知っていたから出来た言葉だと思います。

つまり私の言い方をすると、「苦労を努力に変換しなさい」
という事でしょうか。

それが出来れば、苦しい事なんて殆どなくなるでしょうね。

そうありたいものです。

■ 編集後記 ■ >>>>>>>>>>>>>>>>>>

苦労と努力の違い

柿のデザートが上手にできました(^-^)V
作り方は以前ご紹介したでしょうか?

熱湯消毒した瓶に、皮をむいた柿を四つ割にして入れていきます。
4個とか5個くらいで作るのが手頃かもしれません。

瓶に蓋をして4日から1週間ほど放置すると、
もともとの柿の熟し具合にもよりますが、
溶け始めて発酵してきます。

そうしたらそこに生姜をすりおろして適量を入れて、
ユズも2~3個絞って入れて、
よくまぜます。

1日おくと味が馴染んできます。
ちょっと刺激のある、新鮮な味になりますよ。

とっても美味しいです。

生姜やユズを入れた後もどんどん発酵しますので、
早めに食べてくださいね。

出張前に味付けした私の柿は、
昨夜戻ってきたら、アルコールになる寸前でした。

危ない、危ない。