魔法使いになりたい

魔法使いになりたい

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今日は最近私が考えている事を書きます。

特にどうという話ではないので、
読まなくていいですよ(=^・^=)

スピリチュアルな世界はとても広いし、
スピリチュアルなパワーを使って色々な事が出来ます。
無限のバラエティがあるんです。

その中でも私はやはり、
ヒーラーを増やして育てたいのです。
チャネリングも瞑想もしっかり学んでいただいて、
本当にいいヒーリングができる人をたくさん育てたい。

チャネリングも瞑想も、よりよいヒーリングのためにある、
と今の私は感じています。

今日はミーティングでうちのヒーラーの、
浦和と逢坂と話していたのですが、

子供の頃「魔法使いになりたい」って真剣に願った事、ありませんか?

今日は逢坂が、
「子供時代に、大人になったら何になりたいの?って聞かれたら、
魔法使いになるって言っていたんですよ」と話してくれたのです。

そうしたらご両親から、
「それじゃあそのためにしっかり勉強しなさい」
と言われたのだとか(=^・^=)

そんな風に言われるのはまだいい方で、

「そんなおとぎ話をいつまで信じているの?」
「世の中はそういうものじゃないのよ。
くだらない事言っていないでやる事やりなさい」

なんて言われて、夢のない大人になってしまう。

この世の現実を受け入れていくのは、
健全な大人に成長するための、
とても大切なステップだけれど、

それと引き換えに夢を失ってしまうのは悲しいです。

でも、逢坂はちゃんと夢を叶えました。

ヒーリングがしっかり出来るようになるって、
魔法が使えるようになる事なんです。

棒を振り回して呪文で、お掃除が出来てしまったりはないけれど、
古いこころの傷も、
痛みのある身体も、
ちゃんと癒せるのですから。

そういう魔法使いをたくさん増やしたい。

本当に、つくづくそう思いました。

来年にはまたプロ育成コースを再開するつもりですので、
どんな風に組み立てたら、
しっかりと実力をつけてもらえるのか、

考えています。

楽しいです(^-^)V

■ 編集後記 ■ >>>>>>>>>>>>>>>>>>

魔法使いになりたい

今日は、たくさんあるスダチを片付けました。

塩レモンの作り方で、
塩スダチが作れる、というのを見つけたので、
さっそく瓶を熱湯消毒して、
ヒマラヤの浄化用ソルトとピンクソルトを使って、
漬け込んでみました。

それから蜂蜜の残りもあったので、
瓶を熱湯消毒して、
スライスしたスダチをギッシリ詰め込んで、
蜂蜜をたっぷり入れました。

さっさと作ればよかったのを放置してしまったので、
皮は真っ黄色になっています。
でも、このくらいになると、
スダチは皮ごと食べられるんです。

柑橘類が大好きな私の、冬のご馳走です。