上弦の月と下弦の月の違いとは

上弦の月と下弦の月の違いとは

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今回は例年の「冬至の浄化」をバージョンアップさせて、
月のパワーをいただいています。

先日、新月のお話をしたので、
今日は上弦の月と下弦の月のお話しです。

今年は12/19が上弦の月で、
満月を過ぎて1/2が下弦の月になります。

上弦の月と下弦の月は、どちらも半月で、
お月様の見える側が違います。
上弦の月は満ちていく途中で、
下弦の月は欠けていく途中ですね。

上弦の月の時期には、満ちていく時期なので、
活動意欲や充実感などを感じやすいです。
今年成し遂げた事を振り返って、
よくやったよね、私(=^・^=)と自分を褒めてあげる時期です。
具体的な、はっきりと目に見える分野の事に向いています。

下弦の月の時期には新月に向かって精神性が高まる時期です。
しかもちょうど1/2なんです。
2016年の祈りを捧げるのにふさわしい時期ですね。

2016年のあなたの精神性がより高いものになるように、
こころを込めて浄化をさせていただきます。

先日の「来年の平均点」のお話を覚えていますか?

この1/2の状態が、来年の平均点にとても大きな影響を与えるでしょうね。
というわけで、カルマの深い浄化をして、
平均点を上げていきましょう(^-^)V

上弦の月と下弦の月の違いとは