捨ててパワーを取り戻そう

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

捨てまくり

最近の私はいろんなものを捨てまくりです。

実は、私は「捨てる」ということが本来苦手です。
引っ越しでも捨てずに段ボールに詰め込むタイプでした。

ところが、今は「やるぞ」という波が来ているのです。
そして気づいたことがありましたので
それをシェアしてみたいと思います。

そもそも「断捨離」がブームになっていますが、私は実は読んでいません。
ですから、同じにはならないのですが・・・。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆私なりのやり方・考え方
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

ある勉強会で出された課題が元です。
80対20の法則という話で。
持っているものの中で本当に大切で必要なものは20%しかない、だから80%は捨てるのです。

いきなり8割処分は難しすぎるので、
縦に長い長方形を描いてみて、
まずは、大好きな2割、どうでもいい2割、そして間の6割というふうな
図を描きます。

そして、下の2割から処分します。
全部。

例えばタンスの中。
2割は捨てても大丈夫なものです。
だから決意して、中身を全部引っ張り出します。

ここがポイントなのですが
中身を引っ張り出して見るということ。
上から見て2割を探すのではだめなんです。

絶対捨てられないものは戻し、
要らないものはごみ箱へ。
でも、間の6割が難しい・・・。

最初は、これは残したければそのままでOKです。

ただ、どうして捨てるか捨てないか悩んでしまうのかを
自分自身で観察します。

それぞれを一つずつ手に取って
好きで大切か、捨てても大丈夫なものなのか、どちらでもないのかで
場所を分けて置いていきます。

不要なものを捨てる時のその感覚と気持ちの動きも味わってください。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆実際にやってみたら
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

最近私のエネルギーが急な変化をしているので
きちんと処分をしていかないと体がもちません。
まるで発作でも起こったように捨てていますが
そうするとすごく体調が良くなります。

地球に届く光が相当増えているので
いらないものを抱えていると負担になるのでしょうね。

私は眠れないと夜中でも処分を始め
朝には5個も10個もごみ袋を抱えています。

その時に、あることに気づいたんです。

いらないはずの2割だから捨てるのか、それともこれは6割に入るのかで
すごく悩む時があるんです。
その時、自分は何が気に入ってこれを手元に置くことにしたのかと
自分に聞いてみます。

触り心地が気に入ったんだけど、どうも手持ちの服と合わなくて。
色が好きだったんだけど、どうもノートとしてはイマイチ。
でも思い入れがあるし、とか
まだ使えるけど、とか。

もったいない、と思う心、そして
もらったものだから、と思う心。
思い出お化けは
きっと誰もが体験するはず。

それ以外にも何かあるでしょう。
それをしっかり見てください。

これを家じゅうのものでやってみてください。

どのくらいごみが出るでしょうか。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆二回目
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

家の中のものを全部やったら、
2巡目にトライです。

最初が100、そしていらないはずの2割を捨てたから
今あるのは80なはずです。
今度はそれを100として、また同じようにします。

そして下の2割を処分するんです。

タンスの中身を全部出し、また下の2割を処分します。

最初にトライする時に、もう1回やるから、と思っていると
最初の下の2割を捨てながら、次捨てるならこれだな、
というものが不思議と分かるんです。

分かっているならなぜ、今それを捨てないのかと
自分に聞いてみてください。
何と答えるでしょうか。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆自分自身を信じているか
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

自分を信じて

2回目になると、捨てるかどうするかすごく悩むことがあります。

ここは好き。
でも、これはもったいないから捨てられないだけかも・・・

もし、もったいないという気持ちだけでものを捨てないとしたら
こんな風に考えているのでは?

これはいざという時になければ困る。
いつか役に立つかも。
今はいらなくても、いつか・・・。

ということは、必要となったその時に、
自分が必要なものを引き寄せたり、手に入れたりする力がないと思っている、ということです。

自分が信じられないんです。

資源は限りがある。
だからこそ、地球の資源は大切。

実はこれももったいないが先に立っているのです。
もっともらしいでしょ。
でも、違います。
要らないものが出しているエネルギーは、人生に深く絡んでいます。
だからこそ、人生は予定通りに進まないのです。
だからこそ、ネガティブになってしまっているのではないでしょうか。

再利用できるものはするし、
使ってくれる人がいればお願いしたらいいけれど

いらないものを持っていることがどれだけ不自由なのか
考えてみてくださいね。

それを100倍にするのです。

そのくらいあなたをがんじがらめに縛り付けているのです。

ご飯が食べられない人がいる。
資源も枯渇している。
地球に優しくしないと。

そういうことを、言い訳にしていませんか。
自分の人生を良くしようとしない言い訳にしていませんか。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆価値観というもの
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

では、トップの2割が捨てられない理由って何でしょう。

大好きな趣味のものだから
ライフワークだから
コレクションだから
自分に似合う色と素材だから
色や雰囲気が好きだから
愛着があるから
思い出を大事にしたいから
美しいと思うから

ここが重要なんですね。
下の20を切るのは結構簡単。
でも2回目になると下の20も捨てにくい。
自分なりの答えが得られないとどうにもならないことが出てきます。

「コレクションだもん」と残すとします。
でも、そこから価値観の考え直しをして
「その中でも大好きなものだけ周りに置きたい」
に変えたとしましょう。

そしたら、捨てるか残すかの判断が変わってきます。
「コレクションだから」と考えている場合には
関係するものは全部残していたでしょう。
でもその中でも、ものすごく好きなものだらけの中でこそ暮らしたい、というのであれば
もっと捨てるものがあるでしょう。

この価値観に沿って動けば全然違う家の状態になるでしょうし
人生が全然違うものになっていくはずです。

価値観が人生を作ります。
このようにしていらないものを処分し始めると、自分の価値観が良く分かります。

とっても興味深いものではないですか?