聖母マリアが、子どもたちの使命について語っています

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

聖母マリアと言えば、キリストを生んだ方。
クリスマスの夜の出来事として、私たちになじみ深いですね。
今日はマリア様からのお話です。

母と子
……………………………………………………

震災や災害が多い日本の人たちは、常に優しさや思いやり、人との連帯感などを深めるということをしてきました。
それを一次的なものではなく、この先も永遠に続く美徳としていただきたいと願っています。
回りを見てごらんなさい、それを必要としている人たちがいるでしょう。
特に子どもたちを見てあげてください。

特別な使命を与えられた子どもたちが今増えています。
周りを見ればきっといるはずです。
困ったように見える子の大半がそうです。
社会にうまく溶け込めなかったり、周囲とうまくやれなかったり、自己中と言われる部類であったりします。
しかし、決してその子どもたちはあなたを大変な目に遭わせようと思っている訳ではないのです。
この変化の時代をスムーズに流すため、私たちには分からない次元の作業をしているのです。
目に見えればいいのですが、まだそのタイミングではありません。

あなたを困らせるようなことをする人や子どもたちは、
実はあなたに助けてほしいのです。
あなたが優しさや思いやり、自己犠牲を学ぶため、
エゴとは関係ない思いから行動することを学ぶために
あなたの前に現れているのです。
あなたにとっては厳しい教師です。
従う必要もなければ、学ぶ必要もありません。

しかし、もし自分の成長を望むなら、世の中に貢献できるような人間になりたい、と思うのならば。
あなたの目の前に現れた厳しい教師に学びましょう。
魂は、それを望んでいるのです。

ではもし、その教師と思う子どもが、実は天使だったとしたら?
あなたはどう考えて行動するでしょうか。
そして、どう思うでしょうか。

天使はあなたに何を伝えに来たのでしょう。

分かりませんか?

もし分かるのなら・・・天使は何と言っているでしょうか。

あなたの魂は受信機となり、そのメッセージを受け取ることができるはずです。
受信すると決めれば、できるのです。
ですから、あなたの魂に、今受けているメッセージは何なのかと尋ねてみてください。

全ては必然です。
理由は分からないし、分かる必要もない。
でも、全ての出来事には原因と結果があるのです。
あなたの前で起こる出来事、あなたが関わっていく出来事は、あなたに課せられた課題であり、天からのメッセージでもあるのです。

もしもあなたが愛情深い人ならば、どんな対応をするでしょう。
今のあなたが無条件に人を愛せる状態じゃなくても気にしなくて大丈夫。
きっとそうなります。
ですから、仮定をしましょう。
あなたが愛情深い人なら、どうするでしょうか。

もう分かっていますね。
ハートも開くことでしょう。
愛溢れるハートは、きらきらと輝くはずです。

そのためには呼び水が必要です。
愛情深くないと自分を嘆かず、愛情深い人ならばどうするのかを考えるのです。
あなたの周りのいろんな方が、老若男女問わず、あなたが手を差し伸べるのを待っています。

あなたが人を助けることは、実は自分も助けることになるのです。
あなたは自分自身をもっと愛せるようになり
周囲の人たちには、あなたがいる、それだけで良い影響を及ぼすようになります。

あなたは自分だけで存在しているわけではありません。
あなたとつながるすべての人が、あなたの分身です。

幸せな自分に気づきましょう

特別な夜は、大切な人と幸せな時間を持ちましょう。
あなたが幸せなら、地球も幸せ。
子どもも、お年寄りも、あらゆることが「幸せ」と呼べるものになります。

どうか、今の自分がとても幸せだということに気づきましょう。
幸せになるために必要なものはそうありません。
足りなくても、悩みを抱えていても、
辛さに押しつぶされそうでも
深呼吸し「私は幸せ」と気づくことが大事です。

食事をおいしい、と思い、大切な人が微笑むのを見つつ、
または、一人でのんびり過ごしながら、
背負った重荷を下ろして、自分は幸せだと思い出してください。

あなたが不幸になることなどありません。
いくら神と言えど、あなたに苦労を背負わせることなど不可。
もしあなたが今が幸せでないと思うのなら、それはあなたがそうしたのです。
決定権はあなたにあるので、自分でそれを止めることもできます。

コツを教えましょう。

呼吸をハートで行うのです。
そうすれば、ハートがホカホカになり、続いて体もホカホカに。
そのまま続ければ、ハートの奥にある、あふれる愛が見つかることでしょう。
愛は、あなたの中に。

その方法を子どもたちに教えてください。
幼いころは誰でもできていたことですが、年が上がるとなぜか忘れてしまうのです。
子どもたちは、簡単にその記憶を取り戻せます。
あなたが幸せそうにしていれば、子どもたちもそれに感化され、思い出すことができるのです。

幸せな時間を始める前に、ハートで深呼吸し、愛を確認しましょう。
あなたの幸せを、あなた自身で思い出してくださいね。