愛すべき坐骨

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

何を書こうかとオラクルカードをあれこれしていたら、メッセージが出たので、それに従って書きますね。
この頃私はリラクゼーションの大切さをひしひしと感じています。
私たちは緊張に慣れ過ぎ、リラックスすることが下手です。
教わらなかったら分からないのは当たり前ですね。
普段どれくらい緊張感を持っているか、分かっていますか。
腕、首、背中・・かなり力が入っているのを知っていますか?
それに気づいた時、どうやってリラックスするか、知っていますか?

リラックス

緊張は集中力を生むので、動きの効率アップも望めることがあります。
必要な時にそこにエネルギーを集める。
終わったら、分散させて心も体も解放してやる。
それが理想的なのですが、そううまくはいきませんね。
(私もまだまだなんです)
過剰な緊張を生むのは、恐怖です。
恐怖は集中の邪魔をします。
注意力が落ち、良い動きが出来なくなります。
緊張しなくても良い状態になっても、体と心を縛り付けます。
それが慢性化し、あちこちのこわばりが出るのです。

人が一番パワーを発揮できる時、それはリラックス時なんです。
安心感があるから。
その状態でエネルギーを集めるんです。
恐怖さえなければ、この上なく良い動きが出来るでしょう。
つまり、思うように能力が発揮できないのは、無駄な緊張と恐怖があるからなんですね。
それが消えれば、もっと楽しく幸せな状態を常に手にする事ができます。
人が何と思うだろうか・・・
どう動けば一番いい状態になるのか・・・
怒られたらどうしよう・・・
ああなったら・・・こうなったら・・・
そんな妄想があなたの動きを鈍くするのです。
ですから、リラックスするための方法を知ってください。
技法はたくさんあります、好きな分野の好きな方法にトライしてください。
心身ともにリラックスすると、エネルギーが活性化されます。
血の巡りが改善し、体がポカポカとしてきます。
呼吸も楽になり、気分が爽快に。
今まで気づかなかった自然の音が聞こえるようになるでしょう。
緊張はそれだけでいろんなエネルギーを私たちから奪います。
緊張が解ければエネルギーが戻ってきます。

プライベートな内容ですが、皆さんとシェアを。
実は、ウン十年ぶりにヨガにトライしています。
続くかどうかは謎ですが・・・。
先生がいくつかキーワードを発するのですが、その中に「座骨を床に押しつける」というのがあるんです。
最初は聞き流していらんです。
ここ最近、私はアレルギー反応が出ていて、座っているのが辛い状態でした。
でも、仕事はいっぱいなので必死に仕事をしようとするのですが
腰がだるくて疲れてしまって何もできない、これなら寝てしまおう、という感じで
昼寝が多くなっていました。
しかし先日、キーワードが思い出され、坐骨に意識を集めてみたのです。
坐骨に体重が落ちていく、という感じ。
そうやって坐骨を意識して座ったら、背骨も腰もすっと立つのです。
力も特にいりません。
あんなに必死になってもダメだったのに、背中が簡単に伸びるんです。
腰はまだだるかったですが、耐えられないほどではありません。
仕事をやったらどんどん進みます。
いくらでもできちゃう感じ。
今までなら間違いなく力尽きていた状態でも、休みなくぐんぐん朝方まで仕事をすることができました。
その時に気づいたんです。
あちこちをかなり緊張させて座っていた、ということに。
坐骨を意識しただけでこんなにも変わるのかということに驚きました。
それ以来、坐骨を愛している私です。
リラックスできたら、全然違うんです。
無駄な緊張がいかに痛みやだるさを引き起こしていたのか。
今まで使うことが出来なかった底力さえも出て来ます。
それは使っても尽きることなく、逆に体の、心のどこかに蓄積されていきます。
あなたも是非リラックス法を身に付けてください。
これは絶対必要です。
どうか浄化を進めて重たいエネルギーを解放し、よいエネルギーの循環を助けてください。
良いエネルギーはあなたを若々しい状態へと導きます。
イキイキした日々が送れるようになり、アイデアもポンポン出ます。
新し楽しいことにエネルギーを注ぐと、不思議と減らないんです。
どんどん溢れてくるような状態になります。
そういう良いエネルギーをためておいて、あなたがこの先進むべき道のために
準備をしておきましょう。

緊張を解く大切さ

良い状態になれば、道はおのずと開けます。
いろんなことがスムーズに流れはじめ、天からの助けもやってくるでしょう。
でも緊張して大変な状態では、道も開けないし、天の助けもありません。
どうもうまくいかないな、という時には、自分をリラックスさせる方法を考えましょう。
そんな暇なんてない!と思わず。
急がば回れです。
忙しい時ほど深呼吸をし、体が緊張していることを知る時間を作ってください。
リラックスするためにはどうしたらいいのかを考え、探ってください。
坐骨に体重を下ろす、これ大事です。
トライしてみてくださいね。