私たちは失敗する生き物である!

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

ここ最近皆さん浄化が進んできているのでしょうか、
小さい、大きいの差はあれど、変化があったというお話をよく聞きます。
そして、私たちは本当に変化を恐れる生き物だと
つくづく感じてしまいます。
例え良い方向に行く変化だとしても、やっぱり怖いんです。
未知の世界だから。
今まで見た世界なら、何がどうなるという予測が付きます。
それに安心している所があるんですね。
でも、これは変化の妨げになることが多いです。
是非浄化をお願いしたいので
そのための後押しになることを少し伝えたいと思います。

浄化のイメージ

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆変わる事への抵抗
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

例えば、やった方がいいと分かっていて、
変えた方がいいのも分かっているのに
なぜか思う通りに動けない時がありますよ。
どうして動けないのか、よく考えてみてください。

親に反対されてできないかも。
人がどう思うか・・・
友達がいなくなったらどうしよう
それって本当に正しいの?
貧乏になっちゃうかも
私がやってもいいの?
自信がないから・・・
もしできなかったら・・・
失敗しちゃうかも

このような感じでしょうか。
突き詰めて考えていけば結局行き着くのは
「自信が持てない」「失敗するのはいやだ」でしょうか。
反対によってやり遂げられなくなるのは、やっぱり自信がないから。
自信が持てない、失敗が怖いというその気持ちは
自分はこうした方がいいと思う、という気持ちも鈍らせてしまいます。

人生とは必ずどこかで失敗するものです。
それは、私たちがこの世で人として生きている以上仕方のないこと。
何度も何度も失敗します、当然なのです。
さっさと諦め、受け入れてしまってください。
抗っても何の得もありません。
そういう風に、できているんです。
失敗を乗り越えて生きるのが普通の生き方。
だからこそ、失敗しない人生を目標にしてもムダです。
小さな失敗で学び、それを生かして大きな失敗はうまく避ける。
それが理想形ではないかと思います。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆幽霊の・・ということわざ
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

けれど、失敗は、エゴの過剰反応により実際よりももっと大きく見えているはずです。
「幽霊の正体みたり枯尾花」ということわざそのままです。
エゴが生み出す恐怖心で、枯尾花が幽霊に見えるように、
エゴが生み出す恐怖心で、小さなミスが大きな失敗に見えるんです。

「失敗」という考えは、エゴが生み出したものです。
こんな有名な話があります。
エジソンは電球のフィラメントの素材を見つけるために、実験を5000回繰り返しました。
エジソンは、4999回、違うという結果を見てもいちいち失敗した、と凹むことなどなかったはず。
きっと、次から次に淡々と行ったのでしょう。
失敗という思いは全くなかったと、私は思っています。

私たちに起こる変化は、どんどん試せばいい実験とは違いますが
失敗することもある、と思っておくことは大事です。
何かをする前には、最悪の事態と、最高の結果を考えてみます。
その2つの間に、あなたの未来がきっと存在します。
そしてもし最悪・・になった時の対処法を考えておきましょう。
エゴが生み出す恐ろしい妄想ではなく、科学的な視点から最悪の自体について考えるのです。
もし避ける手段があるのなら、今できる分はやっておきましょう。
少しほっとしたでしょう?

「最悪の結果を考えるとそうなるし、やる気もなくなるから考えない」
そういうスタンスの方もいると思いますが、
あえて、考えておいてもいいと私は思います。
そんなこと起こらない、と強く思いつつも一応備えておけば
まさに「備えあれば憂いなし」となります。

以前、私のメンターである先生の勉強会に参加している時に
「日本人は失敗を怖がる、リスクを避けたがる民族ですよね」と発言したのですが
それを受けて先生が「リスクに背を向ける日本人」という本を出してくれました。
その中には、世界の国々のリスク耐性のようなものがあり、その中で一番弱い、つまり冒険を嫌がる国が日本だったのです。
「自信がない、失敗が怖い、だからやりません」という傾向が日本人には強いと思っていましたが、まさかそれが世界一とは!
クラクラしてしまいましたよ。
石橋をたたき割る民族なんですね。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆あなたの傾向は?
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

これを読んで、どう思いましたか?
「何だ、私だけじゃないんだ」と思いました?
やっぱりこれからもリスクを避けて生きて行こう、と思いました?

それとも、自分の直感や感覚を素直に受け入れ
リスクを考えつつ、もっと上の生き方をとやっていくのでしょうか。

浄化をどんどん進めれば、どんなハードルも簡単に超えられるのではないか、
私はそう思います。
というより、内なる声を無視できなくなっていく感じ。
あなたが今そうならば、前もって最悪のパターンを考えておき
それに向かわないように、良い未来をイメージしながら
前進していってください。
大丈夫、うまくいくんですから。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆もし失敗したら
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

たまに「これは失敗だな」と感じる時があると思います。
いわゆる直感。
その時はさっと回れ右です。
失敗なのに、先に進むと痛い目に遭います。

つい口がすべっちゃったし
回りに助けてもらってるのに
間違いなんて今更言えないよ

そんなことをウダウダ考えるより、さっと方向転換です。
潔くあれ、ですよ。

失敗は成長のためにある。
だからこそ、私たちは失敗する生き物なのです。

失敗を乗り越えて

☆彡・:*:・★彡・:*:・☆彡・:*:・★彡・:*:・☆彡・:*:・★彡

過去を振り返ると、私はどこでも突っ込み、玉砕するという日本人にあるまじきタイプだったようです。
当然そのたびボロボロ・・・。
でも、そのおかげで精神的にはかなり鍛えられました。
そして今更ながら考えてみると、もっと悪い結果になってもおかしくなかったのに、神の助けが入ったということもありました。
それがなかったらもしかして今頃この世にいなかったかも、と思うこともあります。