人に楽にしてもらっていいのか?

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

仲良しTさんが、カスタマイズされたエナジーを申し込んでくださいました。
でも、あれこれ悩んだそうで、こんなご連絡をいただいたんです。
「人に楽にしてもらうっていいんでしょうか、
楽になろうと思う自分に罪悪感を持ってしまいました」
分かります。
そう感じる人っているんです。
ですので、今日はこのテーマを扱います。

楽

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆楽を選ぶのは、本能のなせる業
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

早く楽になりたい、Tさんはそう思っているけれど、
簡単に楽をしてはダメ、という気持ちも持っているんです。
落ち着いて考えると分かりますが、
苦から楽になることは本能的なもの、ごく当たり前なことなんです。
体は安全安心を欲し、心は繋がりを持ちたい。
魂は成長を望みます。
苦しんでいることなんて、喜びません。
でも、その「楽」にもいくつか段階があって、
どこにいても、楽を求めて続けていいのです。
それがあなた自身の望みなのです。
その中で苦をあえて選ぶのならば、
それは魂が強く望んでいるから。
きっとそうだと思います。
自分を鍛えるために負荷を与えることは
適度ならば心地よいとさえ感じるでしょう。
思う所があって、苦を乗り越えて努力するのは素敵です。
ストレスは、私たちを成長させることもあります。
そのストレスは、魂にとってはきっと快であり、楽なのです。
ただ自分に罰を与えるために、楽から逃げているのではないと信じたいです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆楽を簡単に手に入れたらダメ?
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

楽を簡単に手に入れるのはダメ、と思うのは
単純に習慣による思い込みです。
ダメな理由は何ですか?

苦労の後に楽が来るから
人生は苦である
もっと苦しい思いをしなければ
ずるはダメ
自分だけが楽をして先に行くことは許されない
苦労には意味がある、やりきらねば!
これでカルマを返しているのだから、楽をしたらカルマが増えてしまう。
人に楽にしてもらうのは逃げだと感じる。

人生って公平ではないのです。
楽な人生を送る人がいれば、
片方で人生数回分の苦を味わう人もいる。
苦は、人生についてまわります。
でも、チャンスは転がっているんです。
私はあなたに「知識」と「技術」というチャンスを与えることができます。
今日は「知識」を提供します。
「技術」はアチューメントやヒーリングのコーナーをチェックしてくださいね。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆人生は苦しいものか?
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

「苦労の後に楽が来るから。人生は苦である」
それは、自由がないころの価値観に過ぎません。
言葉だけで実態がなかった時代。
私たちの前の世代、そしてその前の世代では、それが常識だったんです。
だからこそ、祖父母や両親はそういうでしょう。
それに洗脳されてしまったのです。
現代の私たちは、自由に生き方も未来も選択できます。
楽な生き方をする自由があるのです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆もっと苦しい思いをしなければ?
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

「もっと苦しい思いをしなければ」と思っているのは、
自分を罰しているに他なりません。
罪悪感があって、それがあるから自分は苦しむべきと感じている。
犯罪者であればそうでしょう。
それならさっさと自主しましょう。
逃げてもいいことなどありません。
それ以外であれば、自分が家族のやっかいものになっていると感じた経験が
あるのではないでしょうか。
両親が未熟であれば、そういうことを言ってしまうこともあるんです。
「女の子(男の子)だったらよかったのに」
「産むつもりなんてなかったのに」
「子どもを持ってもいいことなんてない」
「あなたさえいなければ結婚なんてしなかった・もう離婚しているはずだ」
「あなたのせいで○○になった」
そんな言葉を常日頃言われると、自分の存在が空くだと感じてしまうのです。
それらは、八つ当たりのようなもの。
さっさと癒してしまい、次のステージに上がりましょう。
人に迷惑をかけたことを悔やんでいるとか、
自分が納得できないことをして悔やんでいたりして
苦しむべきと感じているのならば
ヒーリングセッションを受けてみましょう。
複雑な事情をほぐしながら、傷をいやしましょう。
そうすることで苦から解放され、次のステップへと進めます。
でも、これに当てはまる人は少ないと思います。
もっと健康的に悩むことの方が多いはずですから。
自分が苦しむべき、と思っている人は
大半がトラウマを持つような体験をしていて、自分いじめをする傾向があります。
自力では何ともならないことが多いので、専門家に助けを求めましょう。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆ずるはダメ
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

「ずるはダメ、自分だけが楽をして先に行くことは許されない」
と思うなら、アチューンメントなどをずるいと感じてしまうでしょう。
確かに数年前までは、これらの技術はクローズされていました。
一子相伝、一番弟子だけが受け継ぐ秘密の技術なども多かったようです。
20世紀終わりごろからopenにはなってきましたが・・・。
でも、隠されていた時代は一部の権力者だけが使っていたので
確かにずるかったのかも。
今はオープンにされていますから、必要な人は得ることができるようになりました
自分だけは・・・というのなら、人にも教えてあげたらいいんです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆苦労には意味がある、やりきらねば!
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

頑張らねば

「苦労には意味がある、やりきらねば!」
素晴らしい考えです。
今の課題がまだ何とかできるものであれば、自力で頑張ってもいいと思います。
でも、限度を超えているのなら、助けを求めるのがいいでしょう。
当然といえば当然ですが、
苦しすぎて助けを求められない人もいます。
私もそうでしたが、今でもなぜだったのか分かりません。
誰か近くの人が手を差し伸べてくれますように・・・。
ちなみにあなたは、今の苦しみに意味があると考えていますか?
納得できるものならば、それがテーマであり、卒業は間近です。
そうではないのなら、我慢する理由を探しているだけです。
そこに意味なんて、ありません。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆これでカルマを返しているのだから、楽をしたらカルマが増えてしまう。
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

「これでカルマを返しているのだから、楽をしたらカルマが増えてしまう。」
これは難しいお悩みです。
でも、この背景にはきっと、今の辛さを何とか自分で納得できるように
形をつけようとしている、ということがあると思うのです。
私たちは、理解できなと不愉快に感じるようになっています。
だから、原因、理由を知りたいと思うのです。
理由をつけたいという思いがこの言葉にたどり着かせるのだと思います。
そして、人に楽にしてもらったというのが理由でカルマが重くなることなんてありません。
少なくとも私はそう信じています。
でも、今はその理由がうまく言葉にできないので、また改めてご説明しますね。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆人に楽にしてもらうのは逃げだと感じる。
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

「人に楽にしてもらうのは逃げだと感じる。」
または、「今逃げるともっと大変になる、だから今ここで頑張ろう」
なんて思っているかもしれません。
そこに「逃げてはいけない」という思い込みがあります。
敵にかなわないと思えば、逃げは生きるための手段です。
逃げるが勝ちという言葉もあります。
自分自身を守るためには、逃げる能力は必要なのです。
逃げるのが苦手な人は「必要であれば逃げる」ということを学ぶというテーマがあるのかもしれません。
それならば、逃げることができるようになるまで、そういう場面にぶち当たるでしょう。
逃げることは間違いではありません。
そしてもう1点。
他力で楽になる事、ヒーリングを受けたりして楽になることについてですが、
決してその後に苦労がない訳ではありません。
成長の課題はちゃんと待っているのです。
楽になることで、別の課題や本質が見えることもあります。
課題から逃れることはできません。
でも、あなたに害をなす人から逃げて、別の方法でテーマをクリアすることは
可能だと思います。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆パーッといきましょう
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

つらつらと思いつくことを書きました。
他にもあれば是非教えてください。
一緒に考えます。
トラウマや嫌な記憶からは早く解放され、自由を得てもっと幸せになりましょう。
次のステージに行っても、また苦しみも悩みもあるんです。
レベルアップして、新たな悩みにトライする方が絶対いいですよね。

☆彡・:*:・★彡・:*:・☆彡・:*:・★彡・:*:・☆彡・:*:・★彡

今日は「知識」をご紹介しました。
技術は別にあります。
フェアリーブルーでご紹介しているので、ピンとくるものにトライしてみてくださいね。