スピリチュアルワールド

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

テーマは愛

今日はテーマがパッと浮かばなかったので、シバ神からお題をいただきました。
正直な話、私はこの手のメッセージはちょっと苦手。
あまりにキレイでクリーンで、恐れ多い感じなんです。

それでも、私に与えられるエネルギーはクリアで濃密でまぶしくて・・・、
自分で「これは本物である」と感じているところがあります。

よくよく考えたら、はるか高い所にいる神さまから
「今日はスーパーで売り出しだから、1週間分まとめ買いしなさい」とか
「この時間は半額がないからやめなさい」とか、
そんな庶民的なメッセージが欲しいわけではないので
受けたものをそのまま書きます。

……………………………………………………………

これを読んでいるあなたは、きっとスピリチュアルな世界を信じていて
興味を持っているのでしょう。
でも、エネルギーは見えないもの。
どこまで、何を信じたらいいのか。
それは本当にある世界なのか。
たばかられているのではないか、
気になることが多々あるでしょうね。

スピリチュアルワールドイコール愛を学ぶ世界となります。
私たちはもっとハートを開き、愛を表現するようにと言われているのです。
愛のテーマは、常にあなたの人生に形を変えてついて回っているはずです。

今日は愛が見当たらない、という現状に直面し、
明日は愛だと思い込んでいたものが全く違う物だったと気付き、
明後日は辛い仕打ちの陰に愛があると知ったり、
一昨日にはどんなに切望しても手に入らない愛に苦しんだ。
その前はぬくもりの中にある愛を見つけた。
このように、愛はいろんなタイミングで姿を変えて人生について回るのです。

あなたがつい忘れてしまう大事なこと。
その1つが、あなたは愛というエネルギーで作られているということです。
その人生も当然、愛に支えられているのです。
あなたが愛を実感し、気付く時が来るように、私たちは願っているのです。

あなたは親御さんから愛されている、と感じていますか?
親御さんは、今愛というテーマを学んでいる途中です。
ですから、パーフェクトな愛をあなたに与えるのは難しいでしょう。
愛を言葉や行動でうまく表現できる人ばかりではないのです。

とんでもない環境に育っている方もいれば
ごくごく平凡な家庭に育った人もいるでしょう。

人それぞれであるとは思いますが、
あなたは親御さんからの愛に疑いを持ったことがありますか?
幼いころに、両親から嫌われていると感じたことがある人もいるでしょう。
それなりに好かれていると感じる人もいるでしょう。
愛されていると感じたくて、何とかしてその証拠を手にしようと必死になる人もいるでしょう。
自分が好きならこうしてくれ、と思っている人もいるだろうし、
自分が好きなら証明してほしいと思っている人もいるでしょう。
自分以外の兄弟が可愛がられていて、すねている人もいるかもしれません。

あなたのテーマはカルマとの関係が深いのです。
あなたが一番イヤで苦手とする環境で、愛に関する学びとチャンスが与えられるでしょう。

魂は愛に満ち満ちていますから、魂として生きることができれば
この世には愛しかなくなります。
肉体の不自由さから解放されます。

あなた方はそうなるための進化の過程にあります。
魂自体が、愛として生きたがっているのです。

☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆
 
 ◆それから
 
☆。.:*.。…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─….*:゜。☆

親と自分

あなたとご両親の関係は、愛というテーマにおいて、あなたと神との関係に似ています。

神さまでも天でも、何と呼んでも良いのですが、
「神」と言わせていただきます。
宗教とも関連する部分のある「神」です。

あなたは神にこう問いかけたくなることがあるでしょう。
「今起こっていることはあなたの御業ですか、それともたまたまですか?」
「なぜこんなひどい目に遭わせるのですか」と怒りたくなることも、
「お供えをして願ったのだから、ちゃんと叶えてください」と見返りを求めているかもしれません。
あるいは、「もっと愛を与えてください」と感じているところがあるかもしれません。

それは人として当たり前です。
ある意味仕方のないこと。
でも、愛も神も、取引対象ではないし、説得できるものでも証明を求めるものでもないのです。

あなたが肉体をなくし、エネルギーとなった時に実感するはずです。
すべてのものに光や愛が満ち溢れ、
神がすべてを支えているということを。
そして、目の前のものはすべてあなたが作り出したものであることを。
それは因果応報のようなことではなくて、
あなたが自分の内に深くシンクロできるようになれば、その秘密が分かるようになるでしょう。

あなたが神や愛に疑いを持つのは仕方のないこと。
それでも、内なる自分とともに、愛というテーマを生きることを願います。