進むべき道を示してくれる、ラファエル、そして金剛薩捶

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

迷い

今の世の中には、自分がどう進むべきなのか悩んでいる人が多いと感じました。
「進路相談」のようなものが必要である、と。
実は私自身も進路について悩んでいるのです。
今日は、私のように今後どうすべきか悩んでいる人に向けて
お言葉をいただきました。
まずはラファエルさま。

……………………………………………………

ラファエルさま

いろんな節目、区切りというのは、エネルギーが変わるタイミングでもあります。
どんな変化にも、区切りが必要です。
暦によって作られたり、人生の何らかの時期であったり、
ふとしたタイミングであったりする節目は
人生に必要だからこそ、訪れるものです。
今、その区切りの所で立ち止まっている人が多くいらっしゃいます。
大なり小なりの変化がありますが、どれもしっかりと受け入れ、
自分の中で噛み砕き、次に進むようにしましょう。
迷っているあなたも大丈夫。
天に願いなさい、あなたが必要とする区切りを与えてくれます。
すぐに叶えられますよ。
あなたに合った、必要な区切りが与えられ、先が示されます。
それでもまだ迷うならば、一度心を静めましょう。
心に波があれば、見えるものも見えなくなります。
波が穏やかならば、必要なことがちゃんと見えてきます。

……………………………………………………

ラファエル様、感謝します。
勇気がいただけますね。
そしてさらに深いお言葉が欲しいと思っている方もいるはずなので、
再度質問を投げかけました。

お教えください、私たち人はみな、人生の意味を感じ、また信じたいと思っています。
どういう道を歩くべきなのか、詳しく知れればと思っています。
どうか、お言葉をお与えください。

……………………………………………………

すると、金剛薩捶様からお言葉が下りてきました。

毎日を生きるということ、それはひたすらに決断、そしえて選択を
し続けるということです。
あなたがささいなこと、と考えていることは、大切なこと。
だって、こちら側にはささいな、というものがないからです。
エネルギーが絡み合い、存在し合うのです。
お礼が言えた時、言えなかった時、
そしてそれで流れが変わる時。
それはありがとうという単なる「5つの音」の組み合わせでありません。
言葉にはパワーが宿っていて、口から出したその瞬間から
周囲に影響を広げていくのです。
そして周り回って、あなたの所に戻ってくるのです。

よくない言葉や考えを繰り返せば、道を外れていくのは当然です。
何をすべきかが見えなくなります。
直感を感じることができなくなるのです。
背筋を伸ばして深呼吸し、内なる自分に道を問いましょう。
答えは、何らかの形でどこかから伝わります。

道は常にあります。
ただ、あなたの目に見えなくなるだけ。
人はすぐに道から外れてしまいます。
目移りし、人を気にしすぎ、うわべだけを飾り、
面倒だと感じていたり、
考えすぎ、損得ばかりを気にし、直感を無視し、
人の意見ばかりを正しいと思い込んだり、
未来を憂い、人との違いを恨み、コンプレックスに悩み、
いろいろなことによって、道が見えなくなるのです。
外れても、きちんと戻ってくればそれでいいのです。
私たちはいつでも何度でも、サポートします。
正しい道がある、ということを忘れずにいることです。
遅すぎるなどありません。
生きている間はいつでも戻って来れるのです。

道が見えなくなったのなら
内なる自分に問いかけなさい。
答えはどこからか、あなたに合った方法でもたらされるでしょう。

だから大丈夫!

道が見えなくなったのなら
あなたの守護神に尋ねなさい。
道に戻れるようにと祈りなさい。
正しい道に戻っても、迷い、矛盾を感じることに変わりはありません。
そこから抜け出すためには、魂を成長させることです。
魂の成長あってこそ、迷いや矛盾から解放されるのです。
それまでは、正しい道にいたとしても当然に迷い、悩み
心配し、困ってしまうことがあるでしょう。
そしてその度、あなたは道に戻れるのです。
そういう感情は、道を外れているというサインなのです。
同時にそれはチャンスでもあります。
内なる自分にしっかりと問うてください。
どうしたいのか、自分の特質は何なのか、
大切なものは何か、心から幸せになるには何が必要なのか。
道は、あなたの人生の中にきちんと隠されているのです。
もし道が見えなくなっても、正反対の道では歩みようがありません。
そのためのヒントもあなたの内にあります。
だからこそ、内なる自分に問うのです。
そして神に祈り願うのです。
強い心で、道を歩んでいけるようにと。

☆彡・:*:・★彡・:*:・☆彡・:*:・★彡・:*:・☆彡・:*:・★彡

生まれて来てよかった、意味があったな、と
実感できる日が訪れますように。