休むことも大切ですbyキリスト

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

今日はこんなお言葉が下りてきました。

ほっと一息

あなた方は大きな間違いをしています。
10の努力、10の力を出せば、結果も10になる。
100という結果が欲しければ、努力も100しなければ。
休みなど取っていたらいつまでも終わらない、100の努力なんて無理だと感じている。
だから、休息を取っても心が休まらない。
休みをきちんと取らないし、取っても休めていません。
いつも他のことばかり考え、休むことを罪だと感じ
仕事をしてしまったりする。
それは休みではありません。
休みを取らないと、心も体もダメになるのが人間です。
ウルトラヒーローは3分集中して、人間に戻ってしまいますよね。
あなたもメリハリをつける必要があるのです。
きちんと休みましょう。
旧約聖書を読むと分かりますが、神は世界を6日で作り、7日目は休みを取っていますよ。
神も休むのですから、あなたもそうしなければいけません。

「私は怠けて休んでばかりいる」と思い込んでいる人がいます。
しかし、本当に休んでいますか?
仕事をしていないことと休息は別物です。
休息を取るとは、こころも体も制限から解き放つということ。
そして、細胞がしっかりと代謝を行い、元気を取り戻す時間をよしとするのです。
神経の集中を説き、解放してやるのです。
休息をしている間にしか、無意識界の知恵は伸びていきません。
潜在能力も出て来ることができません。
魂の声も聞けないのです。
肉体があるから休まねばならない、その不自由さをしっかりと感じとりましょう。

穏やかであれ

魂からのメッセージを得るには、心身共にしっかり解放された時が必須となります。
緊張、ストレス、そのようなものがない穏やかな心身であれば
魂からのメッセージは増えていくでしょう。
そうなるために、自分をしっかりメンテナンスしていきなさい。
身体が心地よいと感じることを与え、
心が心地よいと感じることを与え、
頭の締め付けを解き、
固まった首周り、腰回りをほぐし、
普段感じる「ねばならない」をすべて手放してしまうのです。
「でも今やらなきゃ」という不安さえも捨て、
うまくいかなかったら・・・という心配も捨て、
一切のネガティブなものを神に預かってもらい
リラックスしてください。
ハートチャクラを開き、温め、手を乗せて
その奥の無限に広がる空間へと沈み、リラックスしましょう。
すると、心配、恐怖はただの妄想だと分かります。
あなたが抱え込んでいるそれらはすべて妄想。
その妄想を手放した時にやっとあなたは休息することができるのです。
赤ちゃんがお母さんに抱かれていた頃のように
ただ、無心になるのです。
本当に休むとはそういうことです。
すべてを開いて休息を取れる人は、
やるべき時には120の力を発揮できます。
休めない人は、頑張ってもその半分しか出せないのです。
満足感などとうてい得られません。
自分にある力を知っているからこそ、60しか出せないことに納得できず、
頑張りが足りないと必死になってさらに力が出せなくなるのです。
休まない人がすごいと思うのは今すぐやめなさい。
過労死が良いことでしょうか。
環境を改善したいのなら、休む能力を身に着けるのです。
小さな細胞もすべて解放し、宇宙のエネルギーを取り込むのです。
あなたがハートチャクラを開いてくつろいでいる時には、宇宙はエネルギーをどんどん注ぎ込んでくれるはずです。
それはあなたの未来をさらに良いものにしてくれます。

だから、あなたもくつろぐことができるようになりなさい。
幼子のように、ただ無心に遊べる人になってください。

……………………………………………………

どなたのお言葉なのか、最初は分からなかったのですが、実はキリストさまでした。
ちょっと意外でびっくり。
とても優しく、それでいて凛とした感じでしたよ。