最高記録、15段を達成できた訳

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

大阪は今日、とても暖かかったです。
天気予報を見ると、しばらくは20度以上の日々が続くようです。

なんだか一気に春、ですね~♪

ところで今日は、ちょっと面白いことがあったのでシェアしますね。

私は毎日瞑想する時に、お香を焚いています。
そのお香は、以前フェアリーブルーでご紹介していたことがある、
惑星のブレンドのものです。
お香を乗せる丸い炭があって、
炭に火をつけて、その上にお香を乗せます。

燃え尽きると、丸い白い灰が残ります。

それでふと、次の日にその灰を片ずけずに、
黒い丸い炭を上に乗せました。
二段重ねです。

翌日もなんとなく、そのまた上に炭を乗せました。
三段重ねになりました。

というのを毎日続けていくうちに、
「どうしたら途中で倒れずにたくさん積み上がるかな」
という妙な目標・欲が出たのです。

お香のタワー

炭を乗せる時の乗せ方を工夫しました。
一度乗せると修正が効かないので、
どんな感じに手の力を抜いて乗せるのがいいのか、
毎日研究しました(^-^)V

それで12段まで成功しましたが、
どうしてもそこで灰の塔が倒れるのです。
様々な工夫と努力も、12段の壁は越えられませんでした。

それが今年の1月ごろまでのお話です。
2月から3月にかけて、私の中で様々な気づきと変化がありました。
何かが大きく変わった実感がありました。

そして今日、ふと気づいたら15段目の炭を積んだのです(^-^)V
限界だと思われていた12段目を軽く突破して、
15段、積み重なりました。

お香のタワー

何が違うのかと言うと、

何も考えずになんとなく炭を乗せていたのです。

12段が限界だった時には、
努力してまっすぐに積み上がるように炭を乗せていくのは、
とても難しい作業でした。
燃え尽きて灰になると縮むので、
縮んで小さくなった灰に、まだ大きい炭を乗せることになり、
どのあたりに着地させるのかが難しいのです。

一生懸命まっすぐになるように頑張るのに、
ちっともまっすぐにならなくて、
かなり危ないバランスで積み重なっていっていました。

ところが、今日15段に達した灰の塔は、
そんな努力を全くしていないのに、
すんなりとまっすぐに伸び上がるように積み重なっています。

 小細工をしない。
 欲を出さない。
 何も考えずに無心でやる。

それがうまく行くコツでした。

これって、様々な分野に共通することではないか、と思います。
実は私、この体験は2度目なのです。
前回は「ろうそく」で似たような体験をしていたのです。

2度目にして、ハッキリと分かりました。

 欲を出さずに無心で行動する

これが今回の私の大きな学びでした。

これは多分「瞑想」を根気よく続けてきたことが、
欲が減ってきた一つの理由だと思います。

瞑想はやはりやり続けるべきものだなぁ、、、と改めて思いました。