直感を受け取れなければ迷路をさまようことになります・・・

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

大天使ミカエルとアシュタールさまよりお言葉をいただきました。

天からの

この空間には、情報が詰まっています。
まだあなた方人間が知らない新しい技術のような知的なものであったり
喜びや愛のような純粋な感情エネルギーであったり
個人個人にあてられた郵便物のようなものであったりします。

それをあなた方は直感、インスピレーションと呼びます。
きちんとコンタクトができれば、情報は常にその空間に満ちているのですから
いつでも起こる「奇跡」なのです。

直感が受け取れないと、一切明かりのない闇の中を歩くような状態になります。
どこに向かっているのかも分からない、
どこに向かいたいのかさえ分からない、
その足の下に何があるのかも分からない・・・

だから、結局立ち止まってしまうのです。
その一歩一歩が賭けになってしまうから。

直感が冴えないと、人は臆病になります。
一歩を踏み出すくらいなら、ここに留まろう。
例えどんなに苦しくても、となるのです。
だって、その足を踏み出した途端に底なし沼にはまるかもしれないし
断崖絶壁から落ちるかもしれない
地雷を踏んでしまうかもしれないのです。
大丈夫、と思える一歩が踏み出せるまでは
ここから動きたくない。
そう思うのではないでしょうか。

その結果、直感を受け取れない、それを否定し、気付けないのです。

その結果、自分が作り出した闇の中で恐怖に震えているのです。

直感が受け取れなければ、常に怖いと感じます。

しかし、受け取ったところでそれに従うのも怖いのです。

でも、それはただの思い込み、気のせいかもしれないのです。
でも、それは恐ろしい変化の渦に巻き込むものかもしれないのです。
でも、それは私の願いとは程遠いおかしな人生への一歩になるのかもしれないのです。

絶対安全、と言える未来が広がらない限り
確実なサインを受けられない限り
直感に従うのは馬鹿らしい、まるで自殺行為のようなものです。

そんな風に考えますか?
そしてやはり、暗闇の中で動けなくなるのでしょうか?

あなたは変化を恐れているのです。
ちょっとした変化は来てほしいけれど、
自分の想像を超えた大きなものは怖い。

あなたは自分の視野を狭め、可能性を見ないようにしています。
変化が怖いのですね。

目覚めよ

だからこそ、私はあなたを起こすために声をかけます。
もう目覚めなさい、と。

それを無視する自由も、あなたにはあります。
その声に応えるのも自由です。

私たちはあなたに強制することなどありません。
しかし、いつもあなたに声をかけ、情報を提供しようとしているのです。
あなたがそれを受け取っても、その後もずっとそうしていきます。
もしあなたがずっと無視しても、同じようにそうし続けます。

今日もあなたに声をかけ続けます。
目を覚ましてほしいから。

☆彡・:*:・★彡・:*:・☆彡・:*:・★彡・:*:・☆彡・:*:・★彡

とても力強く、身体の中に満ち満ちてくるようなチャネリングでした。
確かに、変化は怖いものです。
でも、それは当たり前で、直感に従うことこそが実は自然なことなのです。