二転三転するチベット行き

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

チベットに行った時のお話を思い出しながら書いています。
そこまでにはいろいろないきさつがあったのですが
それについてご紹介しますね。

海外旅行

2013年から、なぜかチベットに行かなければ、という
理由の分からない想いが湧いていたのです。

仕事をしても集中できないし、
今後の方向性もイマイチ決まらず。

でも、1週間留守にするのはかなり難しい。

でも行かないと燃え尽きてしまいそう。

う~ん、1週間留守ってできるのか??

とりあえず、考えずに決めてしまおう。
私は行く、と。
そしたら道は目の前に出て来るはず。

そう決めて早々に準備を始めたんです。

その頃たまたま、河口え海さんの「チベット旅行記」を読んではまりこんでいたので
ラサを行き先に決めました。

でもその後、ラサは無理だということが分かりました。
自殺などがあると、外国人は入れなくなっちゃうのです。

ラサは、コーザルチャクラのすぐそばなんです。
そこに行けないと分かり、ショックでした。

地球のコーザルチャクラと私たちのコーザルチャクラのヒーリング。
それができたらいいな、なんて漠然と思っていたので。

それでも気持ちを切り替え、タンカを作る人がいっぱいいるという
チベット自治区のレゴンに行き先を決めました。
出発は準備を始めた2ヶ月後。

ところが、予定の1ヶ月前から変な違和感が出ていたんです。
何だろうな、と思いながらもやり過ごしていたのですよ。

そして出発前日、仕事を何とかしようとするのにうまく進まない。
頭もふわふわしている・・・。

あれ、これは・・・

そう、熱が出ていました。
これってもしかして…

発熱なんてかーなーり久しぶり。
何だか宇宙に浮いているような気分になって楽しいな、なんて思いつつ

大丈夫かな、ちゃんと行けるかな

そんな心配もしつつ。

あたまいた~い

で、偶然なんですけど、整体に行くことにしていたんです。
ムーライトペンダントの成隆さんの所に入って、
「明日元気になるようにして」
とお願いして整えてもらい、
「インフル以外なら大丈夫」
と言われました。

フラフラで家に帰り、布団に入っていると
旅行会社からの電話。
今度はレゴンも行けなくなったと。

行き先を変えますが、どうされますか、と聞かれ

「行きます!」

と、出ない声を振り絞って答えましたとも。

絶対熱を下げていくんだ、と決めていた私。

その時はすでにコーザルチャクラ付近で神様リンク、というお知らせを出してしまっていたんです。