お仲間にヘルプ要請

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

チベットに行った時のお話を思い出しながら書いています。

体調不良

ホテルに戻ったらとにかくず~っと眠りっぱなし。
起きたらすぐにヒーリング。

調子に乗ってミルクティは飲んじゃうし
空気も薄いし・・・
しかも空気が悪いんです。

そんなことが重なり、再度高熱に悩まされることに。
これはもうだめ、ギリギリどころじゃない。
明日こそはチベットの病院に行かなきゃかも・・・。

そんな恐れを抱きつつ。

ヒーリングをつかさどる神様にお伺いすると、
あなたは自ら引き受けているのですよ、と言われました。

ええ~!
私は好んで体調不良を抱えているってこと?

「すっごい辛いんで、助けてください」と神様にお願いしてしまいましたよ。
でも、あまり効果はなく・・・。
お言葉は何となく聞こえているんですが
体調が悪すぎてよく理解できないんです。

もう限界、自分一人では対処できません。
ヘルプ要請しなくては、と思ったのが
朝方、午前4時でした。

とりあえず携帯を使い、ヒーリングをしてくれる人を探して
メールでヘルプ要請をしました。
なぜか、お世話になっているムーライトペンダントの成隆さんではありませんでした。
何かが違う、と感じたんです。

友達を通し、ライトヒーリングとソウルヒーリングを受けてもらった仲間たちが集うMLに私のヘルプ要請を流してもらったんです。

翌朝。

本当に驚きました。

体調がすこぶる快調なのです。

あり得ないですよね。
ヘルプ要請を出した友人Mさんから返信があったのが朝の9時。
でも、朝7時、目覚めたらすごい快調だったんですよ。

本当に不思議なことで・・・。

繋がること

きっとね、仲間にヘルプ要請をし
それでいろんな人とつながる。

それが私にとって必要な事だったんだと思います。

この旅のおかげで、私は多くの人たちのエネルギーを受けていることがよく分かりました。
私は、こういう方たちともっとしっかりつながる必要がきっとあったんでしょう。