世間体ばかりの親を持つ方へ

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

GWに入りましたね~
今日のような日に私のメルマガを読んでくれる方がいるのかしら?
とも思いつつ、気づいた事をシェアしたくて書いています。

今日はヒーリングをしていたら、突然わかった事があるので、
高次元メッセージではなく、そのわかった事をお伝えします。
こういう「突然わかった」は実は高次元からのメッセージがほとんどなのですが。

世間体ばかりの親を持つ方へ

ヒーリングセッションをさせていただく時に、
ご両親の事をうかがうようにしています。

様々な悩みがありますが、
それらを深く探っていくと、
ご両親との間で傷ついているのがもともとの原因になっている事が、
非常に多いからです。

そんな中でうちの親(祖父母)は「世間体ばかり気にする人です」という言葉がよく出てきます。

世間体が大事で、
近所に、親戚に、知り合いにどう思われるかが最優先になり、
子供であるその方の気持ちや立場などは、全く無視されてしまう。
その事に非常に傷ついて来た。

これは本当によくある事です。

子供よりも世間体が大事だから、世間体の事ばかり優先するのですから、
傷つかないわけがありません。

どうしてそうなるのか、今日わかったのです。

「マズローの欲求五段階説」というのをご存知でしょうか。
とても簡単なわかりやすい解説を見つけました。

http://homepage1.nifty.com/usshie/desire5step.htm

この三角形の下のものほど欲求が強くなります。
一番下の「生理欲求」眠いとか空腹だ、は本能です。
二番目の「安全欲求」身を安全に守りたいのも本能です。
ちゃんと寝て空腹が満たされると、自分の身の安全が必要になります。
野獣とか厳しい自然環境などから身を守ることです。

安全な隠れ場所などが確保できると、
三番目の「社会欲求」仲間が欲しいと思うようになります。

人は一人では生きていけないので、仲間を求めます。
この三番目までは「サバイバル」だと私は思います。
この世をサバイバルして「世の中」でなんとか生きていくためには、
「世の中」がどんな場所で、どんなルールに従っているのかを知らなければなりません。
そうしないと、村八分とか仲間はずれにされて、生きていけなくなります。

だからそうならないために「世間体」が必要なのです。

世間体とは、世間で自分がどう思われているのか、
世間という社会の中での自分の立ち位置、ポジションを保つことです。
それを失うと生きていけません。

私たちの親やその親の世代は、
サバイバルの時代でした。

いかにサバイバルして生き延びるか、がテーマでした。

私たちの親や祖父母たちは、
衣食住がやっと事足りてきた時代を生き延びてきたのですから、
世間でどう生き延びるか、というサバイバルは非常に非常に大切だったのです。

それが強くインプットされて、
時代が変わった、人々の生き方も変わったのだ、
という新しい情報が入る余地がなくなってしまったのでしょう。

世間でどう生き延びるか、サバイバルするか、
という事とに関するトラウマに、強く捕らえられているのかもしれません。
だから、それ以上の事が考えられないのです。

世間体ばかりの親を持つ方へ

今の私たちは違います。
ある程度の生活水準があるので、多くの方のテーマは4番目の、
「尊敬欲求」にあります。
これは尊敬されたい、愛されたい、という欲求です。

ハートチャクラのテーマですね。

世間で生き延びるためにはなんでもする、
という思考回路しかない親や祖父母には、
常に「世間体」が最優先する。
そうしなければ生き延びられない、と未だに思っているからです。

でも私たちは違う。
愛や尊敬、ハートで繋がる感覚がなければ、
私たちは生き延びる事が出来ません。
生きている意味を感じられません。

世間体だけで生きている人と触れ合うと、
私たちは傷ついてしまうのです。

こういうすれ違いが、こころの傷を生んできたのだな、
という事に気付きました。

私たちが親や祖父母よりも進化して、
ハートチャクラのテーマに取り組むことができるようになったのは、
本当に素晴らしいことなのですが、

進化したために親や祖父母のレベルとはズレが生まれてしまい、
そのズレが私たちを苦しめてきたのです。

それに気づいたら、世間体ぱかりだったあの人この人を、
生き延びるために必死だったのだなぁ、、、、と、
ちょっと許せる気持ちになった私です。