否定的な言葉は破壊的エネルギーを持ちます

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

気温が急に変わると本当に疲れます。
何だか一日ぐったりとしていました。

疲れた~

実家で母と過ごしていたのですが
その口から驚くほど否定的な言葉が発せられて
それに驚いてしまいました。

私は17歳までし母とおらず
後はたまに会いに行くだけになっていたので
母の超ネガティブなところを半分忘れていたんです。

これは私にとって衝撃的だったので

否定的な言葉とその破壊的エネルギーについて
神様に問いかけてみたのです。

そうしたら、戦の女神ドゥルーガーが来てくださいました。

……………………………………………………

否定をする言葉というのは、武器になることもあります。
相手のエネルギー体に深い傷を負わせることができます。
もしあなたが戦士ならば、言葉に気を付けること。
やっつけたい、と思う相手の急所を突きなさい。

もし戦いの望まないのであれば、言葉という武器は使わないように。
相手をただただ傷つけ、打ちのめし、辛い思いをさせるだけになるのです。

よいお付き合いの中に否定の言葉という武器を隠し
相手を支配しようとする人がいます。
その人は、意識せずそのようなことをしてしまうのです。

戦士とは、愛のために戦うのです。

その戦いが愛のためではない場合。
例えばプライドを守るため、生きるための戦いは
その戦いレベルをかなり下げます。

生きるために戦う必要があった人は
パワーはあるけれど、愛を知りません。
そして、戦わなくてよくなっても
その戦い方から抜け出すことができず
皆をなぎ倒してしまうのです。

プライドを守るための戦いは、エゴからきたものです。
そんなプライド、捨ててしまいなさい。
所詮妄想の域を脱しないのです。

時にプライドというものは、驚くようなパワーを引き出します。
プライドを守ることが、生きるための戦いと同等になります。
その人にとってプライドが傷つくこと=命が傷つくことになるからです。

プライドを守るために、多くの血が流れ
多くの命が消えていきました。
何とも無駄なことです。

プライドを守るためのエネルギーは、確かにパワフルですが
そのパワーはクリアではないのです。
どんなことをしても人を幸せにできないダークなパワー。
愛を蹴散らしてしまうものです。

そして、中には否定の言葉を自分を傷つけるために使う人もいます。
これはとても多いです。
雑念に耳を傾けすぎて、傷ついています。
古いハートの傷をどんどん大きくし、
チャクラやオーラさえもダメにしてしまう。
自殺のようなものと考えてください。

戦いは常に愛のため。
愛だけが戦う意義なのです。

人を傷つけるためではなく、人に愛を教えるために戦いなさい。
あなたの内にある愛のために。

愛のための戦いは、人をより高い場所へと引き上げ、洞察を深め
対戦相手も自分ももとは1つであったことを思い起こさせてくれます。

傷つけてもいい相手などいません。
自分も他人も、あなたを害する人も
悪意のもとにあなたに何かしらしてくる人でも、
誰も傷つけてはいけないのです。

悪意を向ける人は、本当は「助けて」と叫んでいるのです。
あなたに助けてほしいのです。
それを念頭に置いて、相手を見てごらんなさい。
きっと何かが見えてくるでしょう。

すでに人を傷つけ、激しく悔やんでいるのなら
その人に心の中で謝罪し、その傷に癒しを与えましょう。
指先からそのエネルギーを相手の傷にしっかりと刷り込み
そこから光が発せられるまで続けるのです。

愛のために

あなた方が住む世界は、傷つけ、傷つけられ、ということが繰り返されます。
それが減るように
戦う理由が怒りではなく、愛になるように頑張ってください。

否定の言葉を武器として使うのをやめてしまいなさい。
自分が感じていることを素直に言葉にできれば
否定の言葉を武器とせずにすむはず。
その危険な武器に支配されてはいけません。
好きにさせないようにしましょう。