惑わされるべからず

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

楽しくおしゃべり

先日、母と一緒におばさんの家に遊びに行きました。

いとこ夫婦も一緒になって談笑。
その時に突然母が

「私、何のための人生だったんだろうと思うの。
これをやりました、と人に言えるものがないから・・・。」

と言うと、いとこの奥さんも分かる分かる、という風に、

「そうなの、気付いたらもうこんな年になってて、それなのに何もなくて。」

と言いました。

それが何か引っかかっているので、
神様にお言葉をいただけたら、と思いコンタクト。

………………………………………………………………

そうしたら、不動明王さまが来てくださいました。

人が死ぬ時に持っていけるもの、それは経験と
それから得た学びのみです。
それを、あなたは自覚すべきです。
そのことにこそ、価値があるのです。

建てた家、
貯めたお金、
育て上げた子どもたち

どれも、死ぬ時には別れなくてはいけません。

仕事の業績、
得た地位、名誉
作った料理やお菓子
膨大なコレクション

どれもあの世では価値などないのです。

けれども、それを達成するまでにあなたが
深く学び、感じ、そして考えたことはすべて
魂に刻み込むことができます。
一緒にあの世に持っていくことができます。

必死にローンを払った家は持っていけない、
でも、その家を建てるまでに考えたこと
決めたこと、妥協したこと、
どんな気持ちで何をしたのか。
どんな願いを持ち、希望を持ったのか。

そういう無形のものは持っていくことができます。

人の世界では、有形にこそ価値があると思われているが
こちらは違います。
無形、そして形を保っているエネルギーこそに価値を見出しています。

無形の光

あなたは人生において何もしてこなかったかもしれない。
流されるままに、決めることもせず、その分責任も負わなかったのかもしれない。
そうすれば、あの世に持っていけるものはないでしょう。

しかし、あなたが何もしてないとしても。
家も建てなかった
大型車も購入しなかった
すごい指導者にもならなかったし
賞を得ることもないままに
ごく普通の暮らしをしていたとしても。

あなたがその時々で感じた感情、抱いた想いは形をなさなくとも
魂に深く刻まれています。
時が満ちれば、あなたはそれを天へと持って帰っていくのです。

本当に価値があるのは何なのか。
ものだけではなく、スピリチュアルな世界の価値についても
しっかりと評価してください。

あなたが何に価値を見出すか。
それがあなたの行動を決め、その人格、そして人生までも作ってしまうのです。
あなたの失敗、成功、どちらも大切な経験として刻まれるのです。
あなたの魂です、あなたのことはすべて記憶されています。

今、深く考える時です。
何に価値があり、何が大切で、何を求めているのかを。

あなたに大きく影響している他人が
あなたをどう評価するかなど関係のないこと。
魂の評価こそが重要なのです。

惑わされるべからず。
惑わされるな、そんな必要はないのだから。