エンパスが増えている訳

エンパスが増えている訳

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

最近、エンパスに関するご相談が増えています。
それでネガティブディフェンスも人気なのだと思います。

あ、ところで「エンパス」という言葉は分かりますか?

知らない方のために解説すると、
エンパスとは外界の人や場所のエネルギーを敏感に察知して、
それに影響を受けやすい方のことを言います。

日本語では「共感能力」です。

種類もいろいろあります。

・身体的エンパシー
相手の不具合などがわかる能力。
ヒーラーさんに比較的多いです。
単にそれに直感的に気づく方と、
自分の体で感じる方がいます。

・感情的エンパシー
相手の感情がわかる能力。
カウンセラーさんに多いかもしれません。
単にそれに直感的に気づく方と、
自分の感情として感じる方がいます。

多くはこの二つ、あるいは四つです。
直感的にわかる方はまだいいのですが、
自分の事として感じてしまう傾向の方は、、、、

ネガティブな人がそばにいると相当辛いです。
体調不良を自分の体で感じたり、
気持ちの落ち込みを自分の感情のように感じたり、、、、

人の多い場所などに行くと、ヘロヘロになってしまうでしょう。

なぜそのような能力の人が増えているのかというと、
多分、、、、、、

地球の波動が上がってきたために、
私たちの能力も上がってきたこと。

元々の私たちは言葉を必要とせずに、
ワンネスの世界で生きていたようです。
その時代の能力を取り戻していく、その過程にいると思われるので、

共感能力にそれが現れるのではないかと思います。

全員の波動が上がってしまえば、ネガティブ満載の人はほぼいなくなるでしょう。
そして愛や優しさで繋がる存在になれるでしょう。

そこを目指して成長進化する過程で、
他者の感情や身体感覚に共感する能力がアップするのは、
自然な事なのではないか、と私は感じています。

とはいえ、辛いものは辛い。
降りかかる火の粉は払わなくてはなりません。

だから、

日本人の4人に1人はエンパスだそうですよ。
自分の身を守るために、ネガティブディフェンスを受けてくださいね。

■ 編集後記 ■ >>>>>>>>>>>>>>>>>>

バラ園に行ってきました

近くのバラ園に子供と行ってきました。
バラはピークを過ぎた感じでしたが、
まだまだ美しい、写真になるバラもたくさんありました。

そして驚いたのは、車椅子や介護を受けている人が多い事。

ヘルパーさんに連れられて来られているお年寄りや、
車椅子を押してもらっている方たちの集団でいっぱいでした。
それはもうすごい人数で。

そのバラ園はスロープが完備していて、
足の悪い方や車椅子でも楽に回れるように作ってあります。
それで人気なのでしょうね。

バラは高波動なので、
バラの波動を感じているだけでも癒されるでしょう。

そして濃いパラの香りに包まれて、
あの方たちの今日という日もバラ色に染まるのかな、
と空想していました。