もしミツバチがいない世の中になったら

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

お天気、イマイチですね。
湿気たっぷり・・・なのに、私は手の乾燥がひどくって。

乾燥を感じたらすぐに保湿した方がいいですよね。
レスキューゴールド
https://www.fairy-blue.com/2shop/members/s_jouhousui.html
ハーブウォーター
https://www.fairy-blue.com/2shop/members/i_bihadasui.html

私は在宅の時は日に10回はスプレーしますね。

花々

はちみつが取れなくなって、価格がぐんと上がっているようです。
ミツバチが減っているのが原因とのこと。
そしてその原因は、農薬だとも言われています。

「もし、ミツバチがこの地球上から消え去ったならば、
人間社会は4年後には崩壊してしまうであろう」
かのアインシュタインが、そのような言葉を残しているって
知っていましたか?
これは植物の受粉率の低下が原因でそうなる、ということだそうです。

農薬をたっぷりと、と願っているのは
実は私たち消費者。
責任は私たちにあるのではないでしょうか。

また、
一部のスピリチュアルな世界のお話では
「小動物や植物のようにカルマがないところから先にアセンションが始まる」
そういう説があるそうです。

ミツバチだけではなく、メダカや雀、などなど。
今その数が減っている動物がいるというのは事実です。

ただ、それがアセンションかと言われるとねぇ・・・。

私は、優れた人が優れた星に移動、というようなものは
アセンションとしてはない、と思っています。

消えて行くのは、環境が悪くなっているからに他ならないと。

いなくなってくれてもいいのに、と思う動物や細菌
そしてウイルスは地球上に山のようにあります。
そしてなぜかこういうものの方が環境に適応する能力が高く
どんどんパワーアップするんですよね。

辛いな~

矛盾や不条理に満ちています。
そんな地球は、まだこのまま続くのでしょう。

ではまた。