知っていてほしい、茅の輪くぐりについて(用語説明)

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

夏だね

本日のスピリチュアル用語は、神社で行われる儀式です。
これは挑戦したことがある方も多いかもしれないですね。

<茅の輪くぐり(ちのわくぐり)>

神社にて行われる祭事の1種。
夏越の大祓い(おおはらい)の際の儀式のことです。

払い落とす

茅(かや)草で作られた直径3mほどの大きな輪っかの中をくぐれば、1月から6月までの年度前半の間に溜まった罪や穢れを祓い落とすことができ、後半を新たな気持ちで迎えることができる、という風に言われます。