大神神社(奈良)

こんにちは、フェアリーブルーの福本いずみです。

三輪山にある大神神社は、古事記にも出てくる古い古いお寺。
そしてそこには大物主神がいらっしゃいます。

巨大な大鳥居からかなり離れたところにあり
本殿はなく、三輪山自身がご神体になっています。

そして三輪山は、関西に走る縦と横のレイラインが交わる場所に位置しています。
当然ながら、ここもすごいパワースポットなのです。

隣にある狭井神社に行く途中に何があるのかをお伝えしますね。

御神木

まず、ご神木です。
この裏側にはうろがあり、その中に安置されているものがあったと記憶しています。

本殿にも、もちろんご神木にしっかりとご挨拶をしてから
お隣にある狭井神社へとテクテク。
大神神社はとても大事な場所なのですが、あまり広さはありません。
さらっと回って終わり。
でも、絶対押さえていきたい場所なんです。

小道

とてもいい感じの道を通って…狭井神社に行けたんだっけ?
忘れちゃいました。
でも、ここを歩かないってもったいない。
歓迎されているのだから、行かないとね。